家電おすすめ「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」対決!

「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」対決! イメージ

「広告なしのガチ検証」を掲げて日々さまざまな家電をテストして紹介している『家電批評』。ありがたいことに、その検証を信頼して「うちの製品をぜひ検証してください!」という持ち込み企画をいただくこともあります。

昨年はディスカウントストアの代名詞的存在の「ドン・キホーテ」から、「ドンキPB家電、まるっと検証してみませんか?」という挑戦状が届き、ドン・キホーテ対『家電批評』の全面対決が実現。

結果は、ドン・キホーテの2勝3敗と惜しくも負け越しに終わりました。

そんなドン・キホーテから、「負けたままでは終われない!」と、今年も挑戦状が届きました!

ドン・キホーテはここ最近、かなりPB製品の開発に力を入れ、2023年もPB製品の売上高は好調。家電分野でも、大手メーカーと共同開発した製品を続々と販売するなど本気度がうかがえます。

今回の検証製品の候補たちを確認したところ、「今年はどうやら一筋縄ではいかなさそうだ……」と『家電批評』編集部もザワつくラインナップ。そこで、『家電批評』が厳しい検証を行ってベストバイと評価した、選りすぐりの製品たちで迎え撃つことにしました。

もちろん、価格帯が高すぎる製品と比べるのはフェアではないので、「コスパベストバイ」に選ばれた製品もピックアップしました。

「ドンキPB」とは?

そもそも「ドンキPB」とは何かというと、一般的に「PB」は、小売店が独自に企画・販売することでコストを抑え、価格を安く販売する「プライベートブランド」の略です。ですが、ドン・キホーテは「コストは抑えるけど顧客の目線も入れて、顧客と一緒に製品を創り上げていく」という意味を込めて「ピープルブランド」と呼んでいるのだとか。そんな「ドンキPB」は、ユーザーからのダメ出しを反映しつつ、改良と開発を続けています。取り扱いする製品ジャンルは200近く。家電や食品、日用雑貨の他にも美容製品まで幅広い取り扱いも魅力のひとつとなっています。

「ドンキPB」とは? イメージ

「ドンキPB」の種類は?

▼情熱価格

「情熱価格」は食品から日用雑貨をはじめ、多種多様な製品を取り扱うドンキのPBブランド。価格の安さを前提にしつつも、驚きを付加したドン・キホーテらしい商品開発を目標としています。

▼ACTIVEGEAR

スポーツシーンの悩みを解決し、快適にするビギナー向けのスポーツ用品ブランド。フィットネス機器やリラクゼーション家電商品も展開。

▼greenstage

アウトドア初心者向けのブランド。各種ギアを中心に、ボタン一つで温冷切り替え可能な夏冬兼用のネックバンドなど家電もラインナップしています。

「情熱価格」は保証もしっかり!

「情熱価格」は保証もしっかり! イメージ

「情熱価格」の家電製品は、電子マネー「majica」に入会すると、通常1年保証が2年保証になるという特典があります。購入後の会員加入であっても2年保証が適用されるので、保証も手厚いです。

家電おすすめ「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」のハンディクリーナー、おすすめはどっち?

「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」のハンディクリーナー、おすすめはどっち? イメージ

今回検証するのは「ハンディクリーナー」。ドンキPBの情熱価格「専用スタンド付きコードレスハンディクリーナー」と、家電批評の軽量コードレス掃除機コスパ部門でベストと評価された、シロカ「2way コードレススティッククリーナー」の対決です。

情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」

情熱価格 専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー イメージ1
  • 情熱価格専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー
  • 検証時価格: ¥7,980

情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」は、約500gまで持ち上げるパワフルな吸引力を備えているそうですが、その実力は!?

66.8mm
奥行
60.16mm
高さ
409.5mm
重量
610g
最大集じん容量
80mL(約)
連続使用時間
強11分(約)、標準32分(約)
充電時間
充電ホルダー6.5時間(約)、直挿し5.5時間(約)
情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」 イメージ

専用スタンドにスマートに収納可能。本体とアタッチメントをスッキリと収納でき、立てかけて充電も可能です。

シロカ「2way コードレススティッククリーナー」

  • シロカ2way コードレススティッククリーナー SV-S271
  • 実勢価格: ¥13,980

シロカ「2way コードレススティッククリーナー」は、スティック使用時の評価が高かったシロカ。ハンディとしての使い勝手はどうなのでしょうか。

22cm(組み立て時)
奥行
17cm(組み立て時)
高さ
106cm(組み立て時)
重量
0.9kg
集じん方式
ダストカップ式
ヘッド
床用ブラシ
充電スタンド
最大集じん容量
140mL
連続使用時間
強10分、標準25分
充電時間
3時間
型番
SV-S271
シロカ「2way コードレススティッククリーナー」 イメージ

シロカ「2way コードレススティッククリーナー」は、スティック&ハンディの2Way仕様です!

シロカ「2way コードレススティッククリーナー」 イメージ2

ハンディでも使用できるアタッチメントは2種類付属しています。メンテ用のブラシも付属。

家電おすすめハンディクリーナーの比較検証の方法

ベストバイの条件は?

ベストバイの条件となる検証項目は以下の3点です。

テスト1:吸引力

短時間で掃除を完了させるには、少ないストロークでもゴミをしっかり吸ってくれる機種が望ましいです。

テスト2:掃除のしやすさ

手軽に使えるのが魅力のハンディは、握りやすくて軽いものや、小回りの利くものがベスト!

テスト3:メンテナンス

集じん容量の少ないハンディはゴミ捨ての頻度が高いからこそ、お手入れが簡単なものを選びましょう。

石井和美 氏
家電レビュー歴10年以上のプロレビュアー
石井和美 氏 のコメント

アタッチメントのつくりも掃除のしやすさを左右します。

対決のポイントは?

1:場所によって吸引力に差が出るか

1:場所によって吸引力に差が出るか イメージ

フローリングは普通のノズル、カーペットとじゅうたんはブラシ付きノズルを使用して検証を実施。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

吸引力のテストは、1往復で吸えたゴミの量で勝負です。

2:ノズルのつくりは掃除のしやすさに影響するのか

2:ノズルのつくりは掃除のしやすさに影響するのか イメージ

ノズルの素材やサイズに注目。ドンキPBの情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」はスリムで小回りが利き、シロカ「2way コードレススティッククリーナー」はフチがゴム製で床にフィット。掃除しやすいのはどちらでしょうか。

3:「ワンタッチでゴミ捨て」は本当に便利なのか

3:「ワンタッチでゴミ捨て」は本当に便利なのか イメージ

両者の大きな違いは、ドンキPBの情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」はワンタッチでゴミ捨て可能なこと。ボタンを押すとフタが開きますが、本当にサッと捨てられるのでしょうか。

家電おすすめ「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」を比較検証


吸引力テスト:フローリングやじゅうたんのゴミをぐんぐん
吸い取ったのはドンキPB!

▼フローリング+砂(画像上:情熱価格(ドンキPB)/画像下:シロカ)

▼フローリング+砂(画像上:情熱価格(ドンキPB)/画像下:シロカ) イメージ

どちらの製品も床の目地に入り込んだ砂まで、ほぼ残さずに吸い取ることができました。

▼角・壁際+コーヒー粉(画像上:情熱価格(ドンキPB)/画像下:シロカ)

▼角・壁際+コーヒー粉(画像上:情熱価格(ドンキPB)/画像下:シロカ) イメージ

角の吸引力は、ドンキPBの情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」もシロカ「2way コードレススティッククリーナー」も優秀! 両者ともに壁際のコーヒー粉を逃しませんでした。

▼カーペット+コーヒー粉(画像上:情熱価格(ドンキPB)/画像下:シロカ)

▼カーペット+コーヒー粉(画像上:情熱価格(ドンキPB)/画像下:シロカ) イメージ

毛足の短いカーペットでは、ドンキPBの情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」がコーヒー粉をスムーズかつ、毛足の間から残さず吸い取りました。

▼じゅうたん+紙片/毛髪(画像上:情熱価格(ドンキPB)/画像下:シロカ)

▼じゅうたん+紙片/毛髪(画像上:情熱価格(ドンキPB)/画像下:シロカ) イメージ

ブラシ付きヘッドで一往復。ドンキPBの情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」は、ヘッドのブラシがゴミを巻き込んで一掃しました。

掃除のしやすさテスト:持ち手はシロカ、吸引口は両者合格!

▼ドンキPB:情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」

▼ドンキPB:情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」 イメージ

まずは持ちやすさをテスト。表面に引っかかりがないため持ちづらく、重さを感じて手が疲れます。

▼ドンキPB:情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」 イメージ2

次に吸引口をチェック。ノズルが細いため、棚の上など細かな場所も掃除しやすいです。

▼シロカ「2way コードレススティッククリーナー」

▼シロカ「2way コードレススティッククリーナー」 イメージ

シロカ「2way コードレススティッククリーナー」の持ちやすさをテスト。人差し指を引っ掛けられて滑りにくいため、とても持ちやすいです。

▼シロカ「2way コードレススティッククリーナー」 イメージ2

吸水口は合格点ではありますが、ゴムが面にフィットする半面、引っかかって滑りが悪いという問題も。

メンテナンステスト:ゴミ捨てと手入れのしやすさは一長一短!

▼ドンキPB:情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」

▼ドンキPB:情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」 イメージ

フタが簡単に開くものの、目詰まりはしやすいです。

▼シロカ「2way コードレススティッククリーナー」

▼シロカ「2way コードレススティッククリーナー」 イメージ

シロカ「2way コードレススティッククリーナー」は目詰まりしにくいですが、水洗いには非対応です。

家電おすすめドンキPBの勝ち:情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」がおすすめ

家電批評: ベストバイ[リボンなし]情熱価格 専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー イメージ1
  • 情熱価格専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー
  • 検証時価格: ¥7,980

総合評価: 3.94

総合評価
 3.94
66.8mm
奥行
60.16mm
高さ
409.5mm
重量
610g
最大集じん容量
80mL(約)
連続使用時間
強11分(約)、標準32分(約)
充電時間
充電ホルダー6.5時間(約)、直挿し5.5時間(約)

ドンキPBと『家電批評』ベストバイのハンディクリーナー対決の結果、より高評価となったのは、ドンキPBの情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」です。

決め手となったのは、直線も角の汚れも一網打尽にする吸引力。持ちにくい、集じん容量が少ないといった弱点はあるものの、気づいたときにサッと掃除するのに使い勝手がよく、アタッチメント類も専用スタンドに立ててスッキリと収納。

個室用として割り切るなら、かなりのお買い得製品といえます。

ドンキPBの勝ち:情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」がおすすめ イメージ

今回比較したシロカ「2way コードレススティッククリーナー」は、『家電批評』でコスパベストに輝いた製品で、スティック掃除機としては大手メーカーに拮抗する実力の持ち主です。

しかし、ハンディクリーナーとしての性能は、じゅうたんでの吸引力でドンキPBの情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」に水をあけられる結果に。ただ、掃除のしやすさとメンテナンス面では引き分けでした。

長期的に使うならシロカ「2way コードレススティッククリーナー」がおすすめ

長期的に使うならシロカ「2way コードレススティッククリーナー」がおすすめ イメージ

とはいえ、個室用などちょこっと使いにはドンキPBの情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナー」で十分ですが、ゴミ捨ての頻度や、スティック掃除機としても使えるので、かがまずに床掃除できる汎用性を加味すると、長期的な使用にはシロカ「2way コードレススティッククリーナー」の方がおすすめです。

石井和美 氏
家電レビュー歴10年以上のプロレビュアー
石井和美 氏 のコメント

スティック掃除機としても使えるのは、やはり大きな魅力です。

以上、ドンキPBと『家電批評』のハンディクリーナー対決、情熱価格「専用スタンド付き コードレスハンディクリーナ」とシロカ「2way コードレススティッククリーナー」の比較検証でした。

ハンディクリーナーを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

家電おすすめハンディクリーナーの売れ筋ランキングもチェック!

ハンディクリーナーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。