家電あえて買うべき「安くて良いモノ」はどれ?

あえて買うべき「安くて良いモノ」はどれ?

これまで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』ではテストを通して最も優れたモノをベストバイとして紹介してきました。しかし、そんな至高のものや高級なハイエンド品以外にも、良いモノってあるんです。

そこで、各分野のプロへのアンケートや過去のテスト、新規の検証からアイテムをピックアップ。安いから妥協するのではなく、あえて選びたくなる理由がある「安くて良いモノ」を紹介します。

今回は、話題になったドン・キホーテのチューナーレステレビ「TSM-4201F2K」を徹底検証。第1回は人気の秘密に迫りました。

家電ドンキの「チューナーレスTV」がバカ売れしています

ドンキの「チューナーレスTV」がバカ売れしています

今、「テレビが映らないテレビ」 が密かに注目を集めているのをご存知でしょうか。テレビ放送用のチューナーを搭載しないテレビのことで、2021年7月にはソニーがブラビアから、業務用という位置付けでチューナーレステレビを発売しています。

そして2021年12月にドン・キホーテが、一般のユーザーをターゲットにしたチューナーレステレビをリリースしました。

実は、ドンキは2019年にもチューナーレステレビを発売していて、今回はその第2弾なのですが、発売から数日後には在庫僅少になるほど売れているんです。 

▼ドン・キホーテ「42V型 チューナーレススマートテレビ」

▼ドン・キホーテ「42V型 チューナーレススマートテレビ」
王冠アイコン

ドン・キホーテ(情熱価格)
42V型Android TV機能搭載
フルHDチューナーレススマートテレビ
TSM-4201F2K
実勢価格:3万2780円

サイズ:W952×H588.3×D197mm(スタンド付)
解像度:1920×1080
メモリー:1G / 8G
消費電力:74W(待機電力0.5W)

そんなバカ売れしている“ドンキテレビ”を『MONOQLO』が徹底検証。第1回目の今回は、その人気の理由を紹介します。

家電ドンキのチューナーレスTVが人気の3つの理由

ドン・キホーテの「42V型チューナーレススマートテレビ TSM-4201F2K」は、テレビが観られないネット動画の専用機です。なぜそこまで人気を集めているのか、理由を見てみましょう。

理由1:42V型なのにとにかく安い!

理由1:42V型なのにとにかく安い!

まずは、42V型の大画面サイズで3万2780円という価格が魅力的。24V型もリリースされていて、こちらも2万1780円と格安。単体では動画などを観ることができない、同サイズでフルHDの一般的な液晶モニターと比べても爆安です。

理由2:Netflixなどが視聴できるスマートテレビだから

理由2:Netflixなどが視聴できるスマートテレビだから

しかも、第1弾は外部機器を接続しないと動画を視聴できませんでしたが、第2弾の今回は「Android TV」が搭載され、スマートテレビになっています。つまり一般的な液晶モニターと違って、購入してネットにつないだらすぐにNetflixやAmazonプライムビデオ、YouTubeなどのエンタメアプリで動画や音楽を楽しめるんです。

話題の人気作はもちろん、さまざまなアプリをインストールすることで多彩なコンテンツを利用できます。

理由3:NHKの受信料が不要

そしてもう1つの大きな魅力が、NHKの受信料を支払わなくてよいということ。チューナー非搭載で地上波が映らないため、年間1万3560円(引き落としやクレジットで12カ月前払額)がかかりません。

▼NHKからの回答

理由3:NHKの受信料が不要

実際にNHKに電話とメールで問い合わせを行いましたが、「テレビ放送を受信する機能がないモニター(もちろんチューナーレステレビも含む)は受信契約の必要がない」という回答をもらいました。

家電ドンキのチューナーレスTVのライバル機は?

では、ドンキの「42V型チューナーレススマートテレビ TSM-4201F2K」に競合する製品はあるでしょうか。

結論からいうと、このような大画面と低価格を両立するライバル機は現在のテレビ市場でレア。大手メーカーで同じ画面サイズのテレビは価格が高く、同価格帯のテレビは画面サイズが小さいモデルがほとんどです。

価格の近い東芝の製品と比べると……

価格の近い東芝の製品と比べると……

東芝
レグザ 32V34
実勢価格:3万5298円

サイズ・重量(スタンド含):W730×463×178㎜・4.5kg

東芝「32V34」はHD液晶で、ネット機能が充実。ドンキのチューナーレススマートテレビと近い価格ですが、画面は10インチも小さいです。

サイズの近いハイセンスの製品と比べると……

サイズの近いハイセンスの製品と比べると……

ハイセンス
43E65G
実勢価格:4万7080円

サイズ・重量(スタンド含):W963×614×196㎜・7.0kg

一般的な機能を備えた4K液晶モデルのハイセンス「43E65G」は4万7080円。この価格は新春のセール価格ですが、ドンキの「42V型チューナーレススマートテレビ TSM-4201F2K」のほうが1万4000円以上も安いです。

ほどよい42V型は貴重なサイズ!

ほどよい42V型は貴重なサイズ!

売れてる大手の32型より安く、ライバル不在のドンキの「42V型チューナーレススマートテレビ TSM-4201F2K」。そのうえAV評論家の折原さんが「今のテレビで42V型は貴重」と言うように、ほどよいサイズも人気の一端のようです。

最近のテレビは50インチ前後の大画面、もしくは30インチ前後のコンパクトモデルが主流で、40インチ前後のモデルが少なくなっているとのこと。そのなかで42V型という画面サイズをちょうど良いと感じる消費者ニーズをうまくつかんだと思われます。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

大画面すぎず、小型サイズすぎない、絶妙なサイズの貴重なモデルです。

家電サイズも価格もちょうど良いドンキのチューナーレスTV

サイズも価格もちょうど良いドンキのチューナーレスTV

以上、ドン・キホーテのチューナーレステレビ「TSM-4201F2K」の人気の理由をご紹介しました。今のユーザーニーズにマッチした製品であることがわかりました。

しかし、あまりに格安すぎることで、画質や機能などの性能面はどうなのか少し不安……という人もいるはず。

そこで次回の第2回では、AV機器のスペシャリストが画質や機能や操作性など性能全般を辛口チェックします。どうぞこちらも参考にしてみてください!

キッチンテレビの売れ筋ランキングもチェック!

テレビのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。