パソコン今の買いがわかる! 定番家電ベストバイカタログ

日々新しいものが登場する家電ジャンル。どんどん便利になる反面、どれを選んでいいのか迷うこともありませんか?

そこで本音の家電ガイド『家電批評』編集部がこれまで検証した家電製品の中で、 もっとも高評価な製品をジャンルごとにリストアップ。「今、イチバン良い製品はどれ?」とお探しの方は、ぜひ注目してください。

今回は『家電批評』2021年5月号の「定番家電ベストバイカタログ」から、PC・ネットワーク周辺機器の「モバイルノートPC」「Wi-Fi6ルーター」「テンキーレスキーボード」「ワイヤレスマウス」の4アイテムを紹介します!

『家電批評』5月号

晋遊舎
『家電批評』5月号
実勢価格:700円

パソコン前モデルを超える爆速通信を実現!バッファローのWi-Fi6対応ルーター

バッファロー
AirStation
WXR-6000 AX12
実勢価格:3万6980円


サイズ・重量:約W300×D75×H195mm・1580g
最大転送速度:5GHz 4803Mbps、2.4GHz1147Mbps
無線LAN 規格:11a/b/g/n/ac/ax

▼評価
【5GHz帯】1階:15/20
【5GHz帯】2階:19/20
【2.4GHz帯】1階:18/20
【2.4GHz帯】2階:15/20
付加機能:8/10
操作性:10/10
TOTAL:85/100


全65製品中で見事1位の座に輝いたのは、バッファローのWi-Fi 6対応ルーター「AirStation WXR-6000 AX12」でした。

実測検証では他製品を寄せ付けない圧倒的な通信速度を記録。とにかく速さを求めるのなら、本製品を買っておけば間違いがありません。

パソコン薄い・軽い・高性能!「Lenovo」のU15万円ノートPC

Lenovo
Yoga Slim 750i Carbon
レビューモデル:82EV003FJP
直販価格:12万932円


サイズ:W295.9×D208.9×H14.25mm
CPU:Core i5-1135G7
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 512GB(PCIe)
画面解像度:2560×1600
無線LAN:Wi-Fi 6
駆動時間:約14時間
MS Office:なし

▼評価
処理性能:24/40
ディスプレイ:16/20
軽量さ:16/20
キーボード・タッチパッド:13/20
Web会議適正:16/20
使い勝手:13/20
コストパフォーマンス:9/10
TOTAL:107/150


Lenovo「Yoga Slim 750i Carbon」は、トレンドの14型画面よりもひと回り小さい13・3型の画面ですが、画面はフルHDを超える「WQXGA」という規格の解像度。

画面比率は「16:10」で縦の領域が広く、縦長のページが主体のWebサイトの閲覧やオフィス系ファイルの編集といったビジネス用途の使い勝手に優れています。

縦スクロールが少なくてすむ!

重量も約966gと1kg以下を実現していて、かばんに入れて持ち歩くことも容易。耐久性も、高強度カーボンファイバーとマグネシウム合金をカバーに採用することでミリタリーグレードの堅牢度を確保しています。

片手でラクラクと持ち運べます!

ハードスペックはインテルが展開する新たなブランド「Intel Evo」に適合する品質を備えていて、バッテリー駆動時の性能低下はRyzen搭載機よりも少ないです。

パソコンボタンの利便性が手放せないワイヤレスマウス「ロジクール」

ロジクール
M705m
実勢価格:3762円


サイズ・重量:W71×D109×H42mm ・135g(電池含む)

▼評価
センサー:◎
ボタン数:◎
解像度:○


ワイヤレスマウス8製品中1位を獲得したロジクール「M705m」。3000円台で唯一だった7つのボタンは自然に押しやすい場所に配置されています。

ホイールにはベアリングが内蔵されており高速回転が可能。また、切り替えボタンを押すことで回転を抑えられます。

ウィンドウに横方向のスクロールバーがある場合、ホイールを左右に倒すと横スクロールできます。

それぞれのボタンには設定でよく使う動作やショートカットを割り当てられるので作業の効率がアップ! 3ボタンに慣れた人もすぐに使いこなせます。同様の機能を持った1万円の他製品と同等の評価でした。電池も最大3年と長持ちします。

▼ワイヤレスマウスのおすすめ人気ランキングはコチラ!

パソコン極上の打ち心地!「ダイヤテック」のキーボード

ダイヤテック
Majestouch Convertible 2 Tenkeyless
実勢価格:1万4850円


サイズ・重量:W359×D137×H38.5mm・980g
キーピッチ・キーストローク:19mm・4±0.5mm

▼評価
使い勝手:16/20
打鍵感:18/20
省スペース:6/20
キー配列:15/20
TOTAL:55/80


ダイヤテック「Majestouch Convertible 2 Tenkeyless」は、かなりコンパクトなサイズで種類も豊富。そのなかでも、本機はキーを押し込んだ感触が深く、一番心地がよいと高評価を受けました。キー配列はスタンダードで汎用性が高く、どんな人でも打ちやすさを感じます。

格安品とは段違いのスムーズさ。

1万円以上のテンキーレスキーボードで比較したところ、格安とは段違いなしっかりした打鍵感でベストに。入力がとてもスムーズでテレワークが捗りそうです。打鍵音が気になるなら、静音性の高いパーツも選べます。

▼テンキーレスキーボードのおすすめ人気ランキングはコチラ!

以上、おすすめのPC・ネットワーク周辺機器の「モバイルノートPC」「Wi-Fi6ルーター」「テンキーレスキーボード」「ワイヤレスマウス」でした。いずれも検証済みの実力アイテム。どれか1つでも買い換えるだけでテレワークの効率は劇的に上がるはず。ぜひチェックしてみてください。