<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

パソコンルーターの適正価格を
はるかに超えるOrbi

ルーターの適正価格をはるかに超えるOrbi

ネットギアから2020年2月に発売された最新Wi-Fiルーター「Orbi RBK852」。その実勢価格は2台セットで9万円~11万円。そもそもWi-Fiルーターは安いもので5000円前後、高くても1~2万円というのが、多くの人の感覚ではないでしょうか。

かなり強気な値段設定なのは、実はこのルーター、「メッシュWi-Fi」と「Wi-Fi 6」の両方に対応した、スゴいポテンシャルを秘めた1台だからです。とはいえ重要なのは、この最新ルーターが本当に「速く」、どこでも「つながる」のかということです。

パソコンWi-Fi 6&メッシュに対応!
ネットギア「Orbi RBK852」

ネットギアジャパン(NETGEAR):ネットギア Orbi RBK852-100JPS:ルーター

ネットギアジャパン(NETGEAR)
ネットギア
Orbi RBK852-100JPS
実勢価格:9万9300円

サイズ:W19.1×D7.1×H25.4cm 無線LAN規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax 転送速度(5GHz):2402Mbps 転送速度(2.4GHz):1147Mbps アンテナ数:高性能内蔵アンテナ8本

ホームページの紹介はもちろん、ネットの口コミやレビューでも、「広範囲で速くつながる」と注目を浴びていいるOrbi。

今のWi-Fiを語る上では外せない2つのトレンドに対応し、期待すら湧いてくる強気な価格です。ただ、「Wi-Fi 6」と「メッシュWi-Fi」の良いところを本当に活かせるのか、10万円クラスの快適さがあるのかが気になります。

パソコン本当に速くてつながる?
期待の近未来型Wi-Fi

本当に速くてつながる?期待の近未来型Wi-Fi

Orbiは「速いけど障害物に弱い」5GHz帯2つと、「遅いけど障害物に強い」2.4GHz帯1つのトライバンドとなっており、速さも安定性も期待できます。

単体のルーターだと間取りの広い住宅の場合、部屋の隅などで電波がつながらないということが起こりがちです。ところがOrbiの場合、ルーター(親機)とサテライト(子機)各1台のセットとなっており、最大350平米(200畳以上)の広さに電波を飛ばすことができるといいます。

ただここまでは理論上のお話。それではいよいよ、本当に値段通りの速さとつながりなのか、テストを行いました!

▼今回のテスト環境

本当に速くてつながる?期待の近未来型Wi-Fi

今回、テストした場所は木造2階建て。Wi-Fiの通信速度は、2階の書斎にルーターを設置し、ベッドルーム、1階のリビング、キッチンでそれぞれ計測しました。

計測方法は2台のパソコンをWi-Fiルーターにつなぎ、パソコン間の転送速度(スループット)を計測するものです。

片方のパソコンはWi-Fi 6で接続し、一方は10GbEケーブル対応ケーブルでWi-Fiルーターと接続してデータの転送を行い、「LAN Speed Test」というソフトで速度を計測しました。

結果はどうだったのでしょうか?

パソコン感動ポイントは3つ!
家のどこにいても爆速だった

まずは計測の結果からわかった「感動のPoint」を見ていくことにします。

感動ポイント1:メッシュなのに遠い部屋も爆速!

サテライトでも速度が落ちにくく、どこの部屋でもまんべんなく速度が出ました!

感動ポイント1:メッシュなのに遠い部屋も爆速!

1F リビング
電波の飛びに影響を及ぼすテレビが設置されています。ここにサテライトを設置。

▼テスト結果
上り:313.3Mbps
下り:655.6Mbps

感動ポイント1:メッシュなのに遠い部屋も爆速!

1F キッチン
この家でもっとも電波が届きにくいのがここです。電子レンジや冷蔵庫が設置されています。

▼テスト結果
上り:293.5Mbps
下り:639.8Mbps

感動ポイント1:メッシュなのに遠い部屋も爆速!

2F 書斎
今回はここにWi-Fiルーターの親機を設置して計測しました。

▼テスト結果
上り:379.1Mbps
下り:745.4Mbps

感動ポイント1:メッシュなのに遠い部屋も爆速!

2F ベッドルーム
ベッドでの使用を想定して速度を計測。テレビなど電波を阻害する機器は設置していません。

▼テスト結果
上り:313.3Mbps
下り:674.2Mbps


計測の結果は以上です。親機を設置した2階とサテライトの1階の両方で600Mbps以上の速度を出す驚きの結果となりました。

というのも、実はWi-Fi 5対応のメッシュWi-Fiルーターは、サテライトと親機間の通信速度は遅いケースがほとんどだからです。Wi-Fi 6とメッシュ対応の本機であれば、家のどこにいても爆速を体験できます。

感動ポイント2:従来の約1.5倍速い!

ベストバイルーターを余裕で超える新規格の実力はさすがでした!

どこの部屋でも速いことは分かったので、テストするモノ批評誌『MONOQLO』で過去にWi-Fi検証でベストバイに選ばれたこともあるLINKSYSのVELOP(Wi-Fi 5対応モデル)と比較も行いました。

リンクシス(Linksys):VELOP AC6600:ルーター

リンクシス(Linksys)
VELOP AC6600
実勢価格:6万4015円

サイズ:約W79×H185×D79mm
重量:約490g
推奨の間取り:最大550m2
対応する規格:Wi-Fi5(11ac)
アンテナ:5GHz×4、2.4GHz×2
IPoEサービス:非対応
メッシュ:対応
タイプ:トライバンド

すると、親機の設置場所以外でもっとも速度差が小さいベッドルームでさえ、上り下りともに約1.5倍の開きがあることがわかったのです!

これは、通信が効率化されたWi-Fi 6規格そのものの恩恵も関係しているはずですが、電波の送受信など、設計部分の“出来の良さ”を実感させるものがありました。この速度、ダテではありません。

感動ポイント2:従来の約1.5倍速い!

Orbiは遠く離れたベッドルームでも速度が落ちにくく、LINKSYS VELOPは十分速いのですが、1歩およばずでした。

感動ポイント3:スマホで設定デキる!

次に設定することが表示されるので、初心者でも迷いにくいです。

感動ポイント3:スマホで設定デキる!
画面の指示に従うだけでメッシュWi-Fiが構築できる!

メッシュネットワークの構築作業は難しいと思われがちです。しかし、Orbiは面倒な設定はすべてスマホアプリから行えます。画面の指示に従ってサテライトの電源を入れたり、接続設定を行ったりするなど、ステップを踏みながら簡単に設定できました。

北島圭介
MONOQLO編集部
北島圭介 のコメント

いまどきのWi-Fiはパソコンなしでも簡単に設定できます

パソコン惜しいポイントもあります!
最速かどうかと言われると…

ここまで家中どこでも速いのは感動しましたが、ただ10万円の価格を考えると「もう1歩!」のポイントもありました。

惜しいポイント1: バッファローの方が速い

メッシュWi-Fiの中では現状最速ですが、フツーのルーターとしてはバッファローの方が速いです。国内最強ルーターの壁は厚かったです。

惜しいポイント1: バッファローの方が速い

Wi-Fi 6対応ですが、メッシュ非対応のバッファロー「WXR-5950AX12」と比較すると、下りはダブルスコアに近い結果となりました。しかも値段は半額以下なんです。

ただ、データ転送先として使用したクライアントPCを安定感のある有線LANで接続したので、10ギガビットイーサネットポートの速度が反映された点は注記しておきます。

現状、最速なルーターはコレ!

バッファロー(BUFFALO):WXR-5950AX12:ルーター

バッファロー(BUFFALO)
WXR-5950AX12
実勢価格:3万2800円

▼「Wi-Fi 6」対応無線LANルーターのおすすめランキングを紹介した記事はこちら!

惜しいポイント2:高速な有線ポートが欲しい

Wi-Fi 6を活かせる有線LAN環境がイマイチでした。

通信の遅延を嫌うゲーマーやNASユーザーから根強い人気を誇る有線LANポートは1ギガビット止まりでした。2.5ギガビット対応ポートは、モデムへの接続のみの対応です。

この価格帯なら有線ポートも10ギガビット対応でないと、NASユーザーや一瞬の遅延も許さないゲーマーの所有欲を満たすのは厳しいでしょう。

背面 ネットギアの場合

惜しいポイント2:高速な有線ポートが欲しい

背面 バッファローの場合

惜しいポイント2:高速な有線ポートが欲しい
阿部淳平
家電批評編集部 副編集長
阿部淳平 のコメント

有線の速度がおろそかになってるのは残念なポイント

惜しいポイント3:対応機器が少ない

Wi-Fi 6対応ルーターがいくら速くても、対応機器がなければ宝の持ち腐れです。残念ながら現状では、スマホもPCも対応機器は数える程度。対応機器増が「6」普及のカギです。スマホもパソコンも、春モデルに期待したいところです。

Wi-Fi 6対応スマホ

惜しいポイント3:対応機器が少ない
アップル iPhone 11シリーズ

Wi-Fi 6対応PC

惜しいポイント3:対応機器が少ない
ASUS「X571GT-AL203TS」など
惜しいポイント3:対応機器が少ない
NEC「LAVIE VEGA LV750/RAS」など

パソコン【まとめ】メッシュ最強だけど
さすがに10万円は高すぎる

【まとめ】メッシュ最強だけどさすがに10万円は高すぎる

ここまで2回に渡ってスペックと実測値を検証をしてきましたが、やはりネックはその価格です。ゲーマーでも、NAS派でも、さすがに10万円は高い気がします。「買い」は対応機器が揃ったらといった感じでしょうか。

ただ、現在トップクラスで速いメッシュWi-Fiであることは間違いありません。iPhone11ユーザーや遅延が気になるゲーマーで、かつ自宅が広く接続環境に不満を持っている人、Wi-Fi 6対応機をバリバリ使いこなしたい人の製品と言えそうです。