今こそ替え時!ラクちんキッチンツールを検証します

今こそ替え時!ラクちんキッチンツールを検証します

計量カップやおろしがね、ピーラーなどなど、お家に必ずある定番のキッチンツール。地味な存在で、昔いからずっと買い替えていないというお宅も多いのではないでしょうか。

でもじつは、キッチンツールも着実に進化。ラクで使いやすく改良されています。使いにくさを感じているなら、今こそ替え時かもしれません。

今回は数あるキッチンツールの中から、SNSで話題の製品や注目の新商品を200点ピックアップ。類似品と比較・検証しました。ストレスなし、ラク~に調理できるツボを押さえた優秀アイテムだけを紹介します!

手にもお米にもフィットする! 食材がつかみやすい菜箸4選

手にもお米にもフィットする! 食材がつかみやすい菜箸4選

料理にかかせない「菜箸」に、今回はスポットを当てました。

何度も使うからこそ、使い勝手にはこだわりたいですよね。また、お手入れしやすいかもポイントになってきます。

菜箸のラクつぼ

先端がすべりにくいシリコンなのがポイントです。食材をつかみやすいのはもちろん、重さを感じず、調理がラクになること間違いなしです!

▼ベストバイ製品

菜箸のラクつぼ

重みで手が疲れる心配ナシ!

それでは、つかみやすい、食材がすべらないとうたっている菜箸4製品を比べました。「使いやすさ」「お手入れのしやすさ」をプロとチェック。おすすめ順に紹介します。

マーナ「シリコーン菜ばし イエロー」

マーナ
シリコーン菜ばし イエロー
実勢価格:748円

SPEC:約30cm、耐熱温度 約200℃

▼テスト結果
使いやすさ:◎
お手入れ :◎


今回ベストを獲得したのは、ナイロン+シリコンですべらず軽くて使いやすいマーナ「シリコーン菜ばし」でした。

炒め物には耐熱性に優れたシリコン菜箸がおすすめですが、マーナは、先端だけがすべりにくいシリコンだから扱いやすいです。素材の切り替え部に段差がなく、洗いやすいのもいいです。

マーナ菜箸は軽さも長さも炒め物に最適

マーナ菜箸は軽さも長さも炒め物に最適

丸いお箸だと置いた時に転がり、力が入りづらいです。

マーナ菜箸は軽さも長さも炒め物に最適

マーナのさい箸なら軽くてすべらないから疲れ知らず!

セリア「シリコーン菜箸 角型」

セリア「シリコーン菜箸 角型」

セリア
シリコーン菜箸 角型
実勢価格:110円

SPEC:約30.4cm、
耐熱温度 本体:約180℃/先端:約200℃

▼テスト結果
使いやすさ:◎
お手入れ :△


セリア「シリコーン菜箸 角型」はとにかく軽さが魅力! しかし、けどやや洗いづらい点が気になりました。

C評価: ニトリ「シリコーン菜箸 BK」

C評価: ニトリ「シリコーン菜箸 BK」

ニトリ
シリコーン菜箸 BK
実勢価格:399円

SPEC:約30cm、耐熱温度 約260℃

※リンク先は2個セットの商品ページです

▼テスト結果
使いやすさ:△
お手入れ :◎


ニトリ「シリコーン菜箸」はセリアと見た目は似ていますが、重さが全く違います。こちらのほうが重く、持つと疲れてしまうほどでした。

D評価: カインズ「箸先がつかない菜箸」

D評価: カインズ「箸先がつかない菜箸」

カインズ
箸先がつかない菜箸
実践価格:398円


SPEC:約33cm、耐熱温度 約160℃

カインズ「箸先がつかない菜箸」は、箸先がつかない設計のせいで、力が入れにくく掴みづらいのがマイナスに。ナイロン製ですべりやすいのも不便に感じてしまいました。

【おまけ】大和物産「シリコン菜箸」

【おまけ】大和物産「シリコン菜箸」

大和物産
シリコン菜箸
プチスプーン&フォーク付き
実勢価格:550円

SPEC:耐熱温度 本体:約200℃/先端:約240℃

最後に、変わり種の一芸菜箸です。

大和物産「シリコン菜箸」は先端にスプーンとフォークが付いた菜箸です。味見までコレ1本ですませちゃえる技アリアイテムです。

以上、つかみやすい菜箸4製品比較と、一芸菜箸の紹介でした。

耐熱温度が高いシリコン素材が、軽くて使いやすいため主流となっているようですね。まだ使ったことがない方は、レビューを参考にぜひお試しください!

▼お米がつかない優秀なしゃもじは?