食品雑貨中身を一粒一粒分けて、
量や具の数を徹底的に検証!

中身を一粒一粒分けて、量や具の数を徹底的に検証!

本家のメーカーとプライベートブランドの製品、お得なのはどちらなのかを徹底検証する本連載

テスト方法は実に原始的で確実な手段。中身の具材を一粒一粒分類し、具の量や数を計るというものです。かかった時間は約20時間! パッケージを見ただけではわからない本当にお得な製品をご紹介します。

今回調べたのは、主婦の方々に人気の製品「フルーツグラノーラ」です。

なお、本記事は、テストする女性誌『LDK』2017年2月号のランキングとなります。現在、商品が変更していたり、パッケージが変更している商品がございます。商品名やパッケージ、購入価格は調査時点のものとなります。

食品雑貨本家カルビー「フルグラ」より
フルーツたっぷりなセブン

今回は、本家カルビーの「フルグラ」に加え、セブンプレミアム、みなさまのお墨付き(西友)、トップバリュの計4製品を比べました。この検証では、中身を一粒一粒分けて、どの具材がどれくらい入っていたかを調べました。

また、味は、スーパーエコごはん研究家の桃世真弓さん、各国料理研究家の佐藤わか子さんに御協力いただきチェックしました。フルーツの大きさが味に影響をあたえるため、その辺も評価のポイントとしました。

それでは早速、調査結果を発表します!

いちごの大きさはさすがの「フルグラ」
レーズンのサイズ&数は最強じゃなかった

カルビー
フルグラ
購入価格:411円/380g
10gあたりの価格:12円

フルーツの数:142コ 

いちごの数とサイズ感で一歩リードしました。大きいいちごは全部で42コ入っていました。粒が大きいので、食べたときにはっきりした酸味が楽しめます。ただ甘いだけでない飽きのこない味はさすがです。一方で、レーズンのサイズが小さく、数も少ないのが、唯一惜しいところでした。

1番オトクだったのは「セブンプレミアム」
フルーツが大きくて沢山入ってます!

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

セブンプレミアム
6種の彩り
フルーツグラノーラ
購入価格:321円/350g
10gあたりの価格:11.3円

フルーツの数:162コ 

フルーツを並べてみるとわかるのが、クランベリーの大きさ。ふっくらとしたクランベリーが13コ入っていました。70コ入りのレーズンも大きく、並ぶ姿は壮観です。

左:セブンプレミアム/右:カルビー 

入っているフルーツの状態がよく、美しい形のレーズンやクランベリーがたっぷり。かたまりと細かい粒がほどよく混ざったグラノーラも食感がよくて高評価でした。

特に、レーズンは上の写真のように、カルビーフルグラの方が全体的に小さく、つぶれたようなものが多かったです。その点、セブンのほうが見た目もキレイで大きめ。プロからも「レーズンの食感は、フルグラよりセブンの方が上」という評価でした。

味は本家フルグラと互角。お得度も含めると、本家以上かもしれないセブンプレミアム。ぜひ、一度試してみてくださいね。

7種のフルーツは嘘じゃないけど
色々残念な「みなさまのお墨付き」

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

みなさまのお墨付き
こんがり金色グラノーラ
7種のフルーツ
購入価格:358円/380g
10gあたりの価格:10.2円

フルーツの数:176コ

7種のフルーツという製品名なのはウソじゃなかったですが、どれもかけらのようなミニサイズで残念でした。93コのレーズンは小さすぎでした……。

味に関しては「バナナ入りで華やかだが押麦が多すぎて食感が悪い」という評価で、あまりおすすめではありませんでした。

とにかくレーズンがスキ!
という人は「トップバリュ」という選択も?

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

トップバリュ
ザクザクおいしい
フルーツグラノーラ
fruit granola
購入価格:386円/380g
10gあたりの価格:10.2円

※パッケージのデザインが変更されています

フルーツの数:180コ 

レーズンが86コ入りと多さはアッパレです。具の合計数はトップでしたが、どれも小さめで少なく見えてしまいました。

味に関しては、「ココナッツの香りはいいが、グラノーラが固すぎ」、「あと一歩!」という評価でした。

以上、フルーツグラノーラのガチ比較でした。いかがでしたか? ぜひ、商品選びの参考にしてみてくださいね。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。