S評価絶妙な毛の硬さと技アリ鏡が
キャンドゥブラシのキモです!

まず前提として、トイレブラシは柔らかすぎても、硬すぎてもダメです。柔らか過ぎるとガンコな汚れを取れないし、硬すぎると逆にトイレのカーブに沿わず、汚れをかき出せません。その点、このキャンドゥブラシはほどよい硬さで、しっかりと汚れを落とすことができました。

〈製品情報〉
キャンドゥ
トイレブラシ
鏡付き
購入価格:108円

ブラシの硬さは遜色ナシなのに価格は3分の1!

本家「レック」に近いレベルの固硬い毛が使われているので、ゴシゴシこすっても毛がヘタったり、抜けたりしません。ただ、便器のカーブ部分に押しつけたときのしなりはレックが一枚上手でした。

さらに、見ながら掃除できるのが良い!

キャンドゥのブラシは、のぞきこむのが難しいフチ裏を鏡で見ながらピンポイントで掃除できるアイデアグッズです。ほどよい硬さのある毛で、汚れをしっかりかきとってくれます。くねっと曲がった柄で力も入れやすい。

柄が握りやすく、ブラシの固さも申し分なし。鏡の前がくねっと曲がっていて、軽い力でもフチ裏の汚れをかきとることができます。これで100円という価格なのは本当に驚きです。

A評価やっぱり優秀な定番「レック」は
お値段なりの最高品質でした

柄がしっかり太いので、強く力をかけなくても掃除できます。鏡も見やすく、さすがの使い勝手です。価格が100均と比べると高く見えてしまいますが、それだけの価値はありました。

トイレ:ブラシ:フチ裏みえーる:トイレブラシ(ケース付)

〈製品情報〉
レック
フチ裏みえーる
トイレブラシ(ケース付)
購入価格:755円

B評価山崎産業はフチ裏だけじゃなく
マルチに使うならアリ

フチ裏から広い面までマルチに使えるつくり。そのため、フチ裏にすっぽりはまる感じはいまひとつ弱かったので、専用として使うならキャンドゥやレックのほうがオススメです。

トイレ:ブラシ:山崎産業:トイレブラシ ホワイト(ケース付)

〈製品情報〉
山崎産業
トイレブラシ
ホワイト(ケース付)
購入価格:410円

A評価フチ裏にぴったり沿ってくれる
フィット感が良いダイソー

レックやキャンドゥと比べるとブラシの毛が柔らかく、力がかかりきらない感じがしますが、柄の形がそれをカバー。V型の柄でフチに入れやすくで、フチ裏にすっぽり入る感触はこちらが圧勝です。ブラシの硬さで、若干、キャンドゥやレックの方が優秀という結果となりました。

〈製品情報〉
ダイソー
V型トイレブラシ
購入価格:108円


見えにくいフチ裏を掃除するアイテム、いかがでしたでしょうか? キャンドゥもダイソーもそれぞれ特徴があり、非常に優秀な製品です。どちらも掃除能力に遜色はないので、見ながら掃除したいかどうかで決めるといいでしょう。

レックは毛の作りがさすがでした。しっかりとした硬さがありながら適度なしなりもあり、掃除の実力だけならナンバーワン。755円という価格が気にならなければコチラも十分にありです。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。