10万円台で手に入る高画質超望遠ズームレンズに注目

オリンピック、パラリンピックでも話題を集めたブルーインパルスの展示飛行。航空機や鉄道、動物園やスポーツの撮影などを始めると、「もっと被写体を大きく写したい!」という願望がこみあげてきませんか。

そんな方におすすめしたいのが「超望遠ズームレンズ」です。でも「大きい・重い・高価」と三拍子揃っているのが望遠レンズ。特にソニーやキヤノンなど純正のものは20万~40万円が当たり前の世界で、尻込みしてしまいすよね……。

そこで今回は、少しがんばれば手が届く超望遠ズームレンズとして、「シグマ」「タムロン」の新製品に注目しました。

超望遠ズームレンズってどんなもの?

一般的に、望遠側が400mm以上まで達するレンズを「超望遠ズームレンズ」と呼びます。

下の写真はベイブリッジまで約2km、500mmの写真に写っている中央の赤い灯台まで約2.5kmという距離で撮影したもの。超望遠ズームレンズを使うと、遠い被写体もここまで大きく写ります。

今回ピックアップした、シグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS│Sports」と、タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)」。どちらも画質にこだわるユーザーに人気のフルサイズミラーレス向けのレンズです。

フルサイズミラーレスには、キヤノン、ソニー、ニコンと、「Lマウントアライアンス」としてレンズ規格を統一しているパナソニック、シグマ、ライカが参入していますが、コスパに優れたサードパーティー(レンズメーカー製)レンズが揃っているのはソニーとLマウントだけ。

シグマとタムロンのレンズのうち、シグマはソニーとLマウントに、タムロンはソニーのみに対応しています。

第2回目の今回は、タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)」がどんな製品なのかをご紹介します。なお、検証は写真家の豊田慶記さんにご協力いただきました。

▼第1回 シグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS│Sports」のレビューはコチラ

使いやすいサイズ タムロン「150-500mm F/5-6.7」

タムロン
150-500mm F/5-6.7
Di III VC VXD (Model A057)
実勢価格:14万500円

サイズ・重量:93×209.6mm(最大径×長さ)・1880g(三脚座込)
レンズ構成枚数:16群25枚

タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)」は、ソニーEマウント専用のレンズです。

望遠端は500mmとシグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS│Sports」より100mm短くなっていますが、そのぶんコンパクトなサイズが最大の特徴となっています。

フィルター径も82mmとシグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS│Sports」より小さめ。三脚座を装着時の重量は約1.9kgですが、簡単に着脱可能な三脚座を取り外すと約1.7kgまで軽量になります。

カメラバッグへの収納性も高い「持ち歩ける超望遠ズーム」です。

ソニーE マウントのカメラに装着できます

本レンズは、ソニーEマウントのカメラに装着できます。

▼ソニーα6000 シリーズ

▼ソニーα1/α9/α7シリーズ

Eマウントのカメラはどれも小型でオートフォーカスが高速です。

望遠側を500mmに抑えてサイズに配慮!

レンズのサイズは、最大径が約93mm、全長約209.6mm、重量約1880g(三脚座込)となっています。シグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS│Sports」と比べると、全長は約5cm短く、200g軽い仕上がり。この違いは大きいです。

タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)」とシグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS│Sports」を望遠側にズームしたときのサイズ比較です。

焦点距離が長くフードも大型なシグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS│Sports」と比べて、タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)」の小型っぷりが際立ちます。

カメラレンズの機能は?

レンズの機能では、タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)」もシグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS│Sports」ともほぼ同じといえます。

結論としては、タムロン「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD (Model A057)」はシグマ「150-600mm F5-6.3 DG DN OS│Sports」より小型で持ち歩きしやすく、機能は互角。価格は14万500円とシグマより少しお手頃なのも魅力。10万円台で手に入るEマウント超望遠ズームレンズのベストバイにふさわしい一台です。

カメラ三脚の売れ筋ランキングもチェック!

カメラ三脚のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、タムロン「150-500mm F/5-6.7」のご紹介でした。

次回は、タムロンとシグマの実写による比較検証をお届けします。あわせてご覧ください!

『家電批評』2021年11月号

晋遊舎
『家電批評』2021年11月号
実勢価格:700円

こちらも参考にしてみてくださいね。