<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年8月号のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器これからの新本命! いまAmazonで買いたいもの

これからの新本命! いまAmazonで買いたいもの

家から出ることなく、手軽に買い物が楽しめるネット通販。利用する機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。

そこで雑誌『家電批評』が、ネット通販の強者「Amazon」で今買うべき製品を探し出すことに。ヒット商品の辛口レビューをはじめ、サービス攻略法なども大公開しちゃいます!

今回は、ネックバンドイヤホンのオススメ3選です。

AV機器ソニーがネックバンドイヤホントップ

ソニーがネックバンドイヤホントップ

ソニー
WI-1000XM2
実勢価格:3万5000円

NC強度:7.5/10
NC制度:7.5/10
TOTAL:69.0/100


フラットな音質で、高解像度の緻密なサウンドが楽しめます。中域や低域をイコライザで調節すると高水準で安定。ノイズキャンセリング機能が強力なので、騒音下でもリスニングに集中できます。

AV機器前世代モデルでも音質は十分!

前世代モデルでも音質は十分!

Bose
QuietControl 30 wireless headphones
実勢価格:3万2718円

NC強度:8.5/10
NC制度:8.0/10
TOTAL:66.5/100


ノイズキャンセリング機能はソニーを上回るほどの高評価。耳あたりのよさを求めた音づくりで、長時間装着してても疲れないのが特徴。高音を抑えめに作られており、ほかのイヤホンと比較しても完成度が高めです。

AV機器AKGが本気を出したネックバンド

AKGが本気を出したネックバンド

AKG
N200NCBT
実勢価格:4万2524円

NC強度:8.5/10
NC制度:7.5/10
TOTAL:66.5/100


ドンシャリ気味ですが、決して悪いサウンドではなく、高級機ならではのスケールの大きさが感じられます。ノイズキャンセリング機能には、周囲の音を取り込めるモードも搭載。音質と実用性を高いレベルで両立しています。

以上、ネックバンドイヤホン3選のご紹介でした。完全ワイヤレスモデルとは異なり、紛失の心配がなく、音楽を聴いていない時も首に下げておけるなど、さまざまな魅力があるネックバンドイヤホン。その真打ちとも言える3製品を、ぜひチェックしてみてください。