<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

食品雑貨もっと美味しいおうちコーヒーを楽しみませんか?

テレワークも浸透しつつある今、お家でコーヒーを飲む機会は増えたのではないでしょうか。ただ家で淹れるのはメンドウだったり、おいしく淹れられないということもありますよね。

でも、コツさえわかれば味も香りもぐんとアップ。家でもお店のような味が楽しめるんです。

ホットコーヒーもいいけれど、暑い時期にはキリっと冷えたアイスコーヒーが飲みたくなります。コーヒーショップで飲むのはもちろん、ペットボトル入りのアイスコーヒーを買って飲んでもおいしい! でも毎回だとお金がかかります…。

今回は、深いコクと苦みをお家で楽しめる6種類のアイスコーヒーの作り方・アレンジ方法を一挙にご紹介。それぞれオススメの商品をお伝えします。

食品雑貨1:レギュラーコーヒー粉で急冷が一番おすすめ

少し手間をかけてもおいしいものがいい!なら一番のおすすめは淹れたてのコーヒーを急冷してアイスコーヒーを作ることです。1杯14~28円くらいと、かなりお財布にやさしいんです! 質の良いコーヒー粉を使えば、お店の味に近づけますよ。

2日くらいなら冷蔵庫にストックできるのもうれしいですね! 保冷ボトルに入れて持ち出せば、外出先でも気軽に味わえます。

アイスの場合、濃くて苦いほうがおいしいと感じます。深煎り、または「アイスコーヒー用」と書かれたコーヒー粉を使うのがおすすめ。イチオシのアイスコーヒー用のコーヒー粉がコチラです!

A+UCCのアイスコーヒーは深いコクを味わえる!

UCC
ゴールドスペシャル アイスコーヒー
実勢価格:441円

1杯あたり:約21円
完成まで:10分

UCCの「ゴールドスペシャルアイスコーヒー」は、アイスコーヒー専用のコーヒー粉なので、濃さも苦みもダイレクトに楽しめます。

おいしい作り方は、次の通りです。

【1:コーヒー粉をフィルターに入れる】

コーヒー粉は、ホットコーヒーのときよりも6gほど多く入れましょう。1杯分で18~20gが目安です。

【2:お湯を注いで蒸らす】

少量のお湯を真ん中から円を描くように入れ、粉全体を湿らせます。粉が膨らむよう10~50秒ほど蒸らしましょう。

【3:2投目、3投目のお湯を注ぐ】

2投目のお湯を真ん中から円を描くように注ぎます。泡が消えたら、3投目のお湯も同じ手順で注ぎます。

【4:ドリッパーを外す】

お湯を注ぎ終わり、1杯分のコーヒーが抽出できたら、ドリッパーを外します。

【5:氷を入れたグラスを用意する】

グラスの高さまで氷をたくさん入れましょう。コーヒーは急速に冷やすと、ますますおいしくなります。

【6:コーヒーを一気に注ぐ】

淹れたてコーヒーを氷の上に一気に注ぎます。氷をさらに追加したら完成です!

食品雑貨2:ポーションなら10秒で完成

すぐに飲みたいというせっかちさんにはコレ。水に溶かすだけで完成します。

B忙しいときに助かる!ブレンディのポーションコーヒー

AGF
ブレンディ ポーションコーヒー 無糖 8個
実勢価格:248円

1杯あたり:31円
完成まで:10秒
※Amazonはパントリー対象商品です。

ブレンディの「ポーションコーヒー」なら、水に入れるだけでアイスコーヒーができちゃいます。

10秒で完成するのですぐに飲みたいときに活躍しますが、香りやコクはなく、物足りないと感じる人はいるかもしれません。バニラアイスにかけて食べるのもGoodです。

食品雑貨3:粉を一晩浸けたら朝には飲める

苦みの少ないアイスコーヒーを、じっくり時間をかけて作りたいなら、フィルター付きボトルに粉を入れる水出しコーヒーがオススメです。寝る前に作って冷やしておけば、朝起きた時に濃い味のおいしい一杯を楽しめます。

おすすめのアイテムはこちら。

A+HARIOのコーヒーボトルなら注ぎやすい

HARIO
フィルターイン コーヒーボトル
実勢価格:1699円

1杯あたり:約12円
完成まで:8時間

HARIOの「フィルターインコーヒーボトル」は、冷蔵庫のドアポケットにスッと収まる形状です。最初にボトルの購入費用がかかるものの、アイスコーヒー自体は1杯約12円ほどで作れますよ。

まずは、ストレーナーというメッシュかごの中に、コーヒー粉を入れます。水を注いだら、冷蔵庫で冷やしましょう。

8時間ほど冷やしたら、おいしいアイスコーヒーの完成! 渋みや雑味がなく、苦みが少ないマイルドな味です。シリコンキャップで、カップに注ぎやすいのも◎です。

富田佐奈栄 氏
日本カフェプランナー協会会長
富田佐奈栄 氏 のコメント

パンチを感じる味になっています。

食品雑貨4:水出しタイプおすすめ3選

おいしいアイスコーヒーを飲みたいけれど、ボトルを洗うのが面倒という人は、バッグタイプがオススメ。レギュラーコーヒーが入ったメッシュバッグを水に浸けておけばOKです。後でバッグを捨てるだけなので、洗い物もナシ!

バッグタイプのオススメ3選をご紹介します。

Aキーコーヒーはゴクゴク飲めるクリアな味わい

キーコーヒー
プレミアムステージ こだわりの水出しコーヒー(4バッグ入)
実勢価格:268円

1杯あたり:約22円
完成まで:2時間
※Amazonは6袋セットでの販売です。

キーコーヒーの「こだわりの水出しコーヒー」は、浸けておく時間が2時間と他の2商品より早めにできるので、4項目とも〇以上を獲得しました。

雑味がなくクリアな味わいです。ゴクゴクと飲みやすい仕上がりになりました。

BUCC上島珈琲の水出しアイス珈琲はカフェラテに合う

UCC上島珈琲
UCCゴールド スペシャル コーヒーバッグ 水出しアイス珈琲 4P
実勢価格:540円

1杯あたり:約30円
完成まで:4~8時間
※Amazonは8袋セットでの販売です。

UCC上島珈琲の「水出しアイス珈琲」は、抽出時間さえ待てれば、なかなかの評価です。

後味にアイスコーヒーらしい苦みが残ります。ミルクを入れて、アイスカフェラテにするとちょうどよさそうです。

C評価: ダラゴア農園コーヒーは渋みが強めの味わい

ダラゴア農園コーヒー
ダラゴア農園ブレンド 水出しコーヒーバッグ 1袋(2バッグ入)
購入価格:178円

1杯あたり:約22円
完成まで:8時間

ダラゴア農園コーヒーの「水出しコーヒーバッグ」は、「時間」のほかに「味」でも評価を下げてしまいました。

バッグタイプの中でも抽出時間が8時間と長め。渋みが強く、コーヒーの香りが弱い点が少し残念でした。

食品雑貨5:ラクしたいならアイスコーヒーメーカー

忙しい朝、家族みんなで飲みたいときや、何人もの来客があるときは、マシンに頼りましょう。材料をセットしてスイッチを押すだけで、お店のようなドリップしたてのアイスコーヒーをすぐに用意できます。

オススメのアイスコーヒーメーカーはこちら。

Aサーモスのアイスコーヒーメーカーなら一気にたくさん作れる

サーモス
アイスコーヒー メーカー ECI-660
実勢価格:4000円

1杯あたり:約14円
完成まで:7分

サーモスの「アイスコーヒーメーカー」は、粉、水、氷を用意して、スイッチを押すだけで、ドリップしたてのアイスコーヒーができちゃいます。初期費用がかかるので「価格」は△ですが、サーモスだけあって、味も文句なしのおいしさです。

一度に660mlもの量をわずか7分で作れるので、忙しい朝や家族みんなですぐ飲みたいときにぴったりです。

食品雑貨6:スタバみたいなシェイクカフェに挑戦

最後にご紹介するのは、休日に試してみたいスタバ風のアレンジメニューです。ブラックのままでも十分おいしいアイスコーヒーですが、バニラアイスを使ったシェイクカフェは、コーヒーの苦みとアイスの甘みが口の中で混ざり合う、極ウマな大人のスイーツです。

作り方はこちら!

【1:凍らせたアイスコーヒーを砕く】

トレイにアイスコーヒーを入れ、冷凍庫で凍らせます。凍ったらフォークなどを使って砕きましょう。

【2:バニラアイスにコーヒーを混ぜる】

バニラアイスにアイスコーヒーを注ぎ、よく混ぜてやわらかくします。

【3:グラスに盛り付ける】

2のアイスをグラスに移し、砕いたアイスコーヒーを上に乗せます。

シェイクカフェの完成です! コーヒー風味のバニラアイスがクセになるおいしさです。

富田佐奈栄 氏
日本カフェプランナー協会会長
富田佐奈栄 氏 のコメント

洋酒を入れて凍らせても◎。

いかがでしたか? アイスコーヒーのいろいろな作り方をご紹介しました。味、手軽さ、価格、時間……何を重視するかによって、その時々にあったアイテムを使っておいしいアイスコーヒーを作ってくださいね。