ホーム放置すればするほどベタベタに!
汚い換気扇をなんとかするには

炊事・洗濯は好きでも掃除は嫌い、という人はよくいます。なかでも嫌がられるのが頑固な油汚れでギットギトになった換気扇

普段からこまめにお手入れできない場所だからこそ、分解するたびにベタベタでイヤになっちゃいますよね。

そこで、発想を変えて、換気扇が汚れにくくなるよう工夫してみてはいかがでしょうか?

今回は換気扇がベタベタにならない超便利なグッズ&サービスをご紹介します!

ホームファンにもフィルターをつけて
汚れを事前にブロック!

まずご紹介したいのが“換気扇の掃除じたいを減らす”アイテムです。
それは、換気扇の手前と奥、2か所に設置するフィルター

▼今回利用したのはコチラの商品

東洋アルミエコープロダクツ:厚手 手もとで取付けレンジフードフィルター:キッチングッズ

東洋アルミエコープロダクツ 
厚手 手もとで取付けレンジフードフィルター
実勢価格:887円

1つめはレンジフード用。いわゆる通常の場所に設置するフィルターです。

ほかのフィルターと違うのは、その設置のしやすさ。

端にアルミがついていて、フィルターをくるっと巻いてアルミを折りこめば、それだけで取りつけができちゃいます。ぴったりしていて密着性も抜群。手元で取りつけられるのも◎。
厚みもあるので汚れをしっかり防いでくれます。

東洋アルミエコープロダクツ:レンジフード奥のフィルター  シロッコファン専用:キッチングッズ

東洋アルミエコープロダクツ
レンジフード奥のフィルター
シロッコファン専用
実勢価格:409円

※Amazonはあわせ買い対象商品です

さらにもうひとつ、こちらは換気扇奥のファンに取りつけられるフィルターです。

マグネット付きのフィルターはワンタッチで取り外し可能! 取り換えがラクだから、フィルターが1つ増えても苦になりません。

このように、2種類のフィルターを設置することで油汚れを含んだ空気を手前でブロックしてくれます。
あとは2カ月に1回のペースでフィルターを交換するだけ。

交換するたび、換気扇のあまりのキレイさに驚くことまちがいなしですよ!

ホームフィルター交換すら面倒…
そんな人にぴったりのサービス

2カ月に1度のフィルター交換すら面倒……そんな人にオススメなのが、4週間に1度フィルターの交換を行ってくれるサービスです。

▼今回利用したのはコチラのサービス

ダスキン:レンジフードフィルター 不織布タイプ 4週間定期補充

ダスキン 
レンジフードフィルター 不織布タイプ 4週間定期補充
実勢価格:388円~864円

取り付けから交換まで、全部頼んでなんと1000円以下! 忙しい人、手が汚れるのがいやな人は使ってみてもいいかもしれませんね。

ではさっそくフィルターをつけちゃおう! と意気込んでいるあなた…ちょっと待ってください!

汚れたままの換気扇にフィルターをしても汚いままなので、まずはこびりついた油汚れをキレイさっぱり落としましょう。

ホーム既に汚れでガビガビの換気扇は
この方法でピカピカにしよう!

換気扇の頑固な汚れには「重曹」を使うのがオススメですよ。

▼今回使用した商品はコチラ

カネヨ:重曹ちゃん:掃除道具

カネヨ
重曹ちゃん
実勢価格:181円

今回のオススメ洗浄法をご紹介します。

1.重曹をとかしたお湯につける

まずはてきとうな容器を用意して、お湯1リットルあたり50gの重曹をとかします。そこにギトギト油たっぷりのファンをドボンと浸して、約2時間漬けおきします

重曹+お湯を組み合わせることで、ガンコな油汚れを浮かせる強力な洗浄液に!

2.ファンを取り出して軽くこする

取り出したファンを流水ですすげば汚れはほぼ落ちます。細かい溝に残った汚れも、スポンジで軽くこするだけでスルッと取れちゃいますよ。

これでギットギト汚れのリセット完了です!

以上、換気扇のお掃除をラクにするグッズ&アイデアでした。

ベタベタの換気扇を掃除したくないなら「フィルター設置」は必須! Wフィルターで汚れを内側と外側からシャットアウトすれば、年末必死になって油汚れをごしごし落とす必要もなくなります。

フィルターを設置する前に、重曹を使った洗浄で汚れをリセットすることも忘れずに。お財布に余裕がある人は、ダスキンの専用サービスを利用するのもアリですよ。