ホームテストしたらわかりました
あの“大定番”の実力が…!

テストするモノ批評誌『MONOQLO』は、創刊10周年を迎えることができました。これも読者のみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。

今回は10年にわたり、さまざまなモノの比較テストを行ってきたMONOQLO編集部がオススメする「家庭用洗剤」の“絶対的ベスト”をご紹介したいと思います。

……いろいろな製品が発売されていますが、洗剤は浮気せず“定番品”を選ぶのがオススメですよ!

ホームキッチン回りの油汚れは
マジックリン一択で!

まずは、キッチン回りの油汚れに効く洗剤のベストからご紹介します

花王:マジックリン ハンディスプレー 400ml:洗剤

花王
マジックリン
ハンディスプレー 400ml
実勢価格:306円

「マジックリン」は汚れが自然と浮いてくるので、こすらずともサッと拭くだけで掃除が完了します。この手軽さも王者たる所以です。

10製品集めて比較テストを行ったところ、なかなか油汚れを分解できない製品が続出するなか、「マジックリン」だけは吹きかけただけで自然と汚れが浮いてきました!

ホームしつこいカビ汚れには
Amazonで人気のコレ

つづいて、カビ取り洗剤のベストをご紹介します。

こすってもこすってもなかなか落ちないカビ汚れには、Amazonで人気の「カビトルデス PRO」がオススメです。

UYEKI:カビトルデス PRO 150G:カビ取り洗剤

UYEKI
カビトルデス PRO 150G
実勢価格:707円

粘度の高いジェル状の洗剤がカビ汚れに密着し、1~3時間ほど放置するだけでラクにキレイになります。

1年ほど放置されていたお風呂場のカビ汚れに「カビトルデス PRO」をつけ、1時間経ってから洗い流したところ、こすらずともほぼほぼ汚れが消えてしまいました。

なお「カビトルデス PRO」はノズル部分が細いため、手が届きにくいような場所にもサッと使えて便利です。

ホーム汚れ落ちもコスパも最高!
排水管にはパイプユニッシュ

最後にご紹介するのは、排水管用洗剤の大定番「パイプユニッシュ」です。

ジョンソン:パイプユニッシュPRO 400g:排水管用洗剤

ジョンソン
パイプユニッシュPRO 400g
実勢価格:252円

髪の毛や石鹸カスがギッシリ詰まった排水菅に「パイプユニッシュ」を入れ、20分放置してから水を流したところ、汚れがスルスルっと落ちていきました。

「パイプユニッシュ」は1回の使用規定量が少なめなのでコスパも最高です。300円以下というお手頃価格でこの威力はスゴイ!

……ちなみに「ウチの排水管の詰まりはこんなレベルではない」とか「パイプユニッシュも悪くないけど、もう少し強力なものが欲しい」という場合はコチラがオススメです。

和協産業:ピーピースルーF 600g:排水管用洗剤

和協産業
ピーピースルーF 600g
実勢価格:1091円

少々値段がお高めですが、プロ仕様の製品なので効果のほどは折り紙つきです。

以上、MONOQLO編集部がススメする家庭用洗剤の“絶対的ベスト”でした。洗剤選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。