ホーム毎日の油汚れ掃除には
キッチンシートが大正解でした

揚げ物をすると、コンロ周りはすぐに油でベトベトになってしまいます。しかも、こびりついた油汚れは、こすっても簡単には落ちません…。

そんな時に便利なのが、油汚れを落とせるキッチンシートです。サッと拭くだけで、あっという間にコンロをピカピカにできます。追加で洗剤を垂らす必要もないので、準備にも手間取りません。毎日楽に掃除したい人には、シートタイプが最も手軽で便利です。

でも、この手のシートは、各メーカーから売られていて、どれが一番いいのかイマイチわかりませんよね。

そこで、料理プロ6名と主婦モニターのみなさんにキッチンシート4製品を実際に使ってもらって、「時短」「ラク」「実用性」の3項目から採点してもらいました。

①時短
②ラク
③実用性


その結果、ベストバイに選ばれた実力派は「スコッチブライト」です!

A評価手軽さ・時短ともに高評価
スクラブシートが汚れを落とす

スリーエムジャパン:スコッチブライト スクラブウェットシート:掃除用品

スリーエムジャパン
スコッチブライト スクラブウェットシート
実勢価格:271円/16枚入り

[評価発表]
時短:○
ラク:○
実用性:○


コンロ掃除アイテムのベストバイに選ばれたのは、「スコッチブライト スクラブウェットシート」でした。

シート自体は薄いのですが、これ1枚でコンロ全体を拭き取れる優秀さを発揮しました。わずか1分で拭き掃除が完了するので、空いた時間にサッと掃除ができちゃいます。

シートに染み込んだ洗浄成分が油汚れを溶かし、さらにブツブツのスクラブが溶けた汚れをキャッチします。このシートでサッとなでるだけで、油汚れがあっという間に落ちました。もちろん、IHコンロにも使用可能です。

続いて、他のキッチンシートの評価もご覧ください。

B評価コスパよさは最高です!
汚れを落ちもなかなかの実力

西友:きほんのき キッチン用そうじシート:掃除用品

西友
きほんのき キッチン用そうじシート
実勢価格:85円/20枚入り

[評価発表]
時短:○
ラク:○
実用性:○


毎日こまめに使うなら、値段の安い西友のシートもオススメです。安いだけでなく、汚れ落ちも合格点でした。レンジや冷蔵庫の内側のお掃除にも使えます。

B評価こちらもコスパよし
汚れ落ちよしな優秀シート

キャンドゥ:油よごれクリーナー:掃除用品

キャンドゥ
油よごれクリーナー
実勢価格:108円/30枚入り

[評価発表]
時短:○
ラク:○
実用性:○


西友同様、キャンドゥのシートもコスパよし・汚れ落ちよしと優秀でした。最も多い30枚入りなので、乾燥しないようにきちんと封をすると良さそうです。

C評価: 有名ブランドだけど
汚れ落ちはイマイチです

花王:キッチンクイックル:掃除用品

花王
キッチンクイックル
実勢価格:249円/10枚入り

[評価発表]
時短:―
ラク:―
実用性:○


クイックルワイパーシリーズのキッチンバージョンです。今回比較した中では、汚れはあまり落ちませんでした。

A評価コンロの部品洗いには
スプレータイプのアイテム!

コンロの中でも、五徳や汁受け皿などの部品は、とくにベタベタになりやすい場所。キッチンシートで拭き取れない汚れは、スプレータイプで直接触らずにキレイにしちゃいましょう!

友和:アビリティーグリーンプレミアム 油汚れ専用:掃除用品

友和
アビリティーグリーンプレミアム 油汚れ専用
実勢価格:730円/500ml

容器に取り外した五徳や汁受け皿を入れ、「アビリティーグリーン」を吹きかけ30分ほど浸けておけばOK。柑橘系の香りもさわやかです。

今回テストした中で、もっとも評価が高かったのは「スコッチブライト」でした。ガンコな油汚れが、サッとひと拭きするだけでピカピカになるなんて夢みたいですよね。これなら油でベトついたコンロや、揚げ物のあとの面倒な後片付けとも嫌にならずに済みそうです。揚げ物をする日には、ぜひ用意しておいてくださいね!