ホームシンクを綺麗にしてくれる
使い勝手のいいスポンジはどれ?

今回はシンクの汚れを落とす性能を比較するため、以下の方法でテストを実施しました。

①汚れ落ちテスト:ホワイトボードに油性マジックで書いた汚れを50回こすり、汚れの落ち具合をチェック
②耐久性テスト:汚れ落ちテスト後にさらに50回こすった際のスポンジの変形度合いをチェック


これらを同時に、高レベルでクリアできた製品ほど、効率良く使い倒せるメラミンスポンジということになります。早速、評価の高かった製品から順にご紹介していきましょう。

S評価汚れ落ち・コスパ・使いやすさ
三拍子揃った優れもの

最高のテスト結果を残したのは、意外にも(?)100均で買える「落ち落ちVキング」でした!

ダイソ:落ち落ちVキング:シンク:スポンジ:メラミンスポンジ:ダイソー:掃除:汚れ:シンク

ダイソー
落ち落ちVキング
実勢価格:108円

<汚れ落ち:A>

このくっきりと描かれた油性マジックの汚れも、

力を入れる必要もなく、綺麗に落とすことができました。サイズが小柄で、狭いところに届くのもgoodです。

<耐久性:A+>

何度使っても形が崩れず、汚れ落ち性能を維持してくれました。この耐久性で30個も入っているので、コスパも抜群です。

S評価汚れ落ちは文句無し
広範囲の掃除に最適

スコッチ・ブライト:バスシャイン:波型メラミンスポンジ

スコッチ・ブライト
バスシャイン
波型メラミンスポンジ
実勢価格:512円

変形のしにくさは検証した製品の中でもピカイチ。ただ、サイズが大きく、小回りが利かない点だけ注意したいです。

<汚れ落ち:A>

汚れの落ち具合は文句無しの性能。広い範囲を一気に綺麗にできます。

<耐久性:A+>

土台が付いているので耐久性はかなりのもの。思う存分使っていけますよ。

A評価汚れ落ちはまずまず
コスパは今一歩

オーエ:メラミンスポンジ:メラミンスポンジ:ダイソー:掃除:汚れ:シンク

オーエ
メラミンスポンジ
実勢価格:418円

変形がしづらく、汚れ落ちの性能も普段使いには十分ですが、ダイソーと同じ個数と考えると値段の差が気になりました。

<汚れ落ち:B>

50回こすったところでは、うっすらと汚れが残ってしまいました。しつこい汚れはやや落ちにくいようです。

<耐久性:A>

角の部分が消しゴムのように削れましたが、形状をキープしてくれました。

A汚れが一気に落ちるが
耐久性は一歩及ばず

セリア:ホーオン:水ピカキューブ:メラミンスポンジ:ダイソー:掃除:汚れ:シンク

セリア(ホーオン)
水ピカキューブ
実勢価格:108円

ダイソーと同じく、108円で30個入り。汚れ落ちも文句の付け所がありませんが、使い続けると潰れてしまう点が残念でした。

<汚れ落ち:A>

特別力を入れなくても、汚れを綺麗に落とすことができました。

<耐久性:B>

力を入れてこするとキューブが変形。ダイソーのものに比べると早めに交換する必要が出てきてしまいました。

B汚れ落ちはパーフェクト
力がなくても使いやすい

レック:激落ちポイポイ:メラミンスポンジ:ダイソー:掃除:汚れ:シンク

レック
激落ちポイポイ
実勢価格:198円

汚れを落とす力は最も高く、力を入れなくてもすっきり綺麗になりました。力のない女性の方などに最適です。

<汚れ落ち:A>

全製品中、最も軽い力で汚れを落とすことができました。

<耐久性:C>

形はすぐに潰れてしまい、使い勝手が悪くなってしまいました。細かい部分にさっと使うのが賢いかもしれません。

C評価: 形は似ていますが
汚れ落ちには大きな差が

キャンドゥ:マジカル落ち:メラミンキューブ:メラミンスポンジ:ダイソー:掃除:汚れ:シンク

キャンドゥ
マジカル落ち メラミンキューブ
実勢価格:108円

こちらも100均で手に入るお手軽な製品ですが、その性能には如実な差が。使い勝手は検証製品の中で最も難がありました。

<汚れ落ち:C>

ほかの製品と比べると、汚れの落ち方はやや残念な結果になりました。

<耐久性:B>

細長い形状をしているため、立方体の製品と比べると潰れた時に使いにくい印象でした。


同じような値段と形状でも、各製品ごとに性能に差が出る結果となりました。実際のシンクに使う際は広いところをスコッチ・ブライトの大判サイズで、細かいところをキューブタイプでカバーするのがベスト。綺麗なキッチンのキープにお役立てください。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。