2020年の大感動を発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

いろいろあった2020年も、『家電批評』はおうち家電を中心に、4Kテレビや冷蔵庫など大型・定番品まで3521の家電製品をテストしてきました。そこで今回は、使った瞬間に思わず歓声が上がった感動品を総まとめ!「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

特に気を張って頑張った一年。ご褒美にもギフトにも早く買えば良かったと思えるベスト家電カタログです!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2020】記事はコチラ!

今回は、最大100インチの画面がどこでも楽しめるモバイルプロジェクターです。

AV機器350ml缶サイズの小型モデル! アンカー「Nebula Capsule II」

王冠アイコン

アンカー
Nebula
Capsule II
実勢価格:5万9800円

●サイズ・重量/約W8×D8×H15cm・約740g ●解像度/1280×720画素 ●輝度/200ANSIルーメン ●OS/Android TV 9.0 ●付属/Bluetoothリモコン

プロジェクターがよく売れた2020年ですが、「大きな画面で楽しみたいけれど、4K画像ほどは求めていない」という人も多いはず。そんなライトな感じで楽しみたい人に最適な製品がアンカー「Nebula Capsule II」です。

▼評価結果
画質 :◎
機能 :◎
操作性:○
音質 :◎


2018年に発売した初代モデルから明るさが約2倍になり、さらに高画質化。スピーカーも強化され迫力ある音を再生できます。そしてアンドロイドTVを搭載したことによって主要動画サービスも網羅。また価格は約6万円。まさに「これでいいじゃん」と言えるちょうどいいプロジェクターです。

画質も向上したから不満点はありません。

ベストな理由:Android TV搭載だからネットさえつながればOK!

Wi-Fiにさえつなげられれば、ネット動画などのコンテンツをすぐに楽しめます。ポン置きでいいから壁でも天井でも自由な場所をスクリーンに!

ネット動画もカンタン再生できます。

テレビよりも大画面で視聴できます。

▼テレビ視聴セットが発売されました!

アイ・オー・データ機器
HVTR-BCTX3セット
実勢価格:7万9800円

※AmazonのリンクはHVTR-BCTX3単品です

Nebula Capsule IIと連携してテレビの視聴ができるようになるチューナーセットが登場。ネット接続とアプリ経由で地デジやBS放送をNebula Capsule IIで視聴することができます。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2020」に選出されたアンカー「Nebula Capsule II」の紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。

『家電批評』 2021年1月号

晋遊舎
家電批評
2021年1月号
700円

ステイホームな1年間のご褒美カタログ『家電批評』2021年1月号はこちらからも購入できます。「人に会えない」「家から出られない」「元気になれない」そんな2020年の悩みを支えてくれたベスト家電をぜひチェックしてください!