工具や穴あけ一切不要!
賃貸でも問題ありません

本格的なホームシアターの場合、大型のスクリーンやプロジェクターを設置するためのポールなどが壁にガッツリと取り付けられていますが、賃貸住宅ではあまり現実的じゃないですよね。

そこで今回は、工事不要で簡単にホームシアターが作れる方法をご紹介したいと思います。

必要なものはすべて
Amazonでポチッ!

プロジェクターの他に用意すべきものは、Amazonで売っている強力な突っ張り棒と固定金具がついたカメラアームのみです。

平安伸銅工業:突っ張り棒 強力タイプ

平安伸銅工業
突っ張り棒 強力タイプ
幅170~280cm
実勢価格:1364円

突っ張り棒なので、ネジやクギを使わなくても設置できます。

必要なものはすべてAmazonでポチッ!

最短の170cmで使う場合は30kg、最長の280cmで使う場合は8kgまで耐えられます。家庭用のプロジェクターを吊るすには十分な耐荷重です。

UTEBIT:マジックアーム+スーパークランプセット

UTEBIT
マジックアーム+スーパークランプセット
重量:358g
実勢価格:1798円

必要なものはすべてAmazonでポチッ!

本来はカメラ用のアイテムですが、細かな角度調整ができるのプロジェクターのアームとしても最適です。

必要なものはすべてAmazonでポチッ!

突っ張り棒とカメラアームをセッティングしたら、あとはアームの先にある三脚用ネジでプロジェクターを固定すれば完了です。

必要なものはすべてAmazonでポチッ!

わずか10分ほどでホームシアターのセッティングが完了しました。

この突っ張り棒とカメラアームの組み合わせならば、横方向はもちろん縦方向に設置することも可能です。

ちなみに今回の検証で使用しているプロジェクターはBenQの「GS1」です。小型で使いやすい上、本体の底に三脚穴があるのでカメラアームとの接続が簡単です。

BenQ:GS1 ポータブル プロジェクター

BenQ
GS1 ポータブル プロジェクター
実勢価格:4万6800円

音にこだわるならBoseの
小型スピーカーが超便利!

音にもこだわりたいなら、小型でも迫力のあるこちらがオススメ。

Bose:SoundLink Micro:Bluetooth speaker

Bose(ボーズ)
SoundLink Micro
Bluetooth speaker
実勢価格:1万3770円

音にこだわるならBoseの小型スピーカーが超便利!

裏側にストラップが付いているので、突っ張り棒に簡単に吊り下げられます。

壁にチョイ足しするだけ!
スクリーンはこれで十分です

普通の壁でも投影は可能ですが、壁紙の表面に凹凸があると画質が下がってしまいます。

映像をキレイに投影させたいなら、Amazonで格安で手に入るプロジェクター用壁紙を使ってみてください。

シンコール:壁紙 プロジェクター用

シンコール
壁紙 プロジェクター用
サイズ:幅92.5cm(長さは1m単位で販売)
実勢価格:333円(1mの価格)

※ Amazonあわせ買い価格です

壁にチョイ足しするだけ!スクリーンはこれで十分です

跡の目立たないピンなどを使って、壁の上に貼り付けるだけで設置完了です。

部屋の壁に直接投影

壁にチョイ足しするだけ!スクリーンはこれで十分です

プロジェクター用壁紙に投影

壁にチョイ足しするだけ!スクリーンはこれで十分です

部屋の壁に直に投影した方はザラつきがありましたが、プロジェクター用壁紙に投影した方は映像がクリアに見えました。

以上、Amazonのアイテムで簡単にホームシアターを実現する方法でした。手間もコストもさほどかからないので、自宅で思う存分映画を楽しみたい方はぜひお試しください。