AV機器初代は「ジェネリックREGZA」
非公表の2代目の中身は…?

第1世代のドンキ4Kは東芝のREGZAとインターフェースがそっくりな上、中身のメインボードが東芝製ということもあって、ネット上では「ジェネリックREGZA」と呼ばれて話題を集めました。

第2世代のメインボードは「詳細非公表」に変わりましたが、編集部で解体したところ、ロット番号が違うだけで第1世代と同じチップの東芝製であることがわかりました。

ドン・キホーテ情熱価格PLUS:LE-5060TS 4K

ドン・キホーテ 情熱価格PLUS
LE-5060TS 4K
実勢価格:5万9184円

画面サイズ:50インチ
サイズ:W1127×H695×D286mm
重量:約11.01kg(スタンド含む)

値段は据え置きで、 第1世代と同じく50インチで5万9184円です。

AV機器明るさとバランスが向上
4K映像がちゃんと見えます

前モデルと変わったところは、画面の明るさと色のバランスです。明るさのスペックは300cd/㎡から350cd/㎡に向上。不自然な色味も改善されました。

第1世代の検証結果はコチラで紹介しています。

明るさとバランスが向上4K映像がちゃんと見えます

第1世代
やや黄色がかった色合いで、画面の明るさもイマイチという印象です。

明るさとバランスが向上4K映像がちゃんと見えます

第2世代
第1世代に比べて明るく、ヌケのよい画質へと変化。花の細部もクリアに表現されています。

AV機器音質やネット非対応は相変わらず
でも、コスパはかなり◎

前モデルでネックとなっていた音質の悪さやネット非対応は依然として変わっていませんが、50インチの大画面で5万円台という破格の値段はかなり魅力的です。

ネット接続に関しては、Amazonの「Fire TV Stick」などでカンタンにカバーできます。4Kに対応した「Fire TV(Newモデル)」は9000円以下なので、ドンキ4Kと併せて購入しても6万円台で収まります。

Amazon Fire TV:4K・HDR 対応

Amazon
Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応
実勢価格:8980円

ちなみにネット対応の4Kテレビだと、LGの49インチが型落ち・中古でも8万円越えです。

LGエレクトロニクス:49UH6500

LGエレクトロニクス
49UH6500
実勢価格:8万4800円

ドンキ4Kテレビの第2世代は、4K映像を見るだけなら十分満足できるレベルに進化しています。大手メーカーのものと比較しない限り、画質はさほど問題ないと言っていいと思います。ネットにこだわらない人や、大画面でテレビが見れればいいという人には、かなり「買い」のアイテムと言えます。

以上、ドンキ4Kテレビ第2世代のご紹介でした。格安4Kの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください!