ホーム頑固な汚れは落ちる? 超音波シミ取り機2製品を検証!

頑固な汚れは落ちる? 超音波シミ取り機2製品を検証! 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

服にカレー、口紅、土、血液などの汚れが付いたときに、おしぼりなどでゴシゴシこすってしまうとシミを広げてしまう可能性があります。

そこで気になるのが、超音波で洗浄するシミ取り機。布に触れずに汚れを弾き飛ばしてくれるとうたっています。はたして本当に汚れが落ちる、おすすめ家電なのでしょうか?

今回は、超音波で洗浄するシミ取り機の新製品、シャープ「超音波ウォッシャー」とサンコー「トルン」に、以前『家電批評』で検証して優秀だった液体タイプのシミ取り剤を加えた3製品で比較検証を実施。さまざまな汚れにアタックしてみました!

ホーム超音波シミ取り機のそれぞれの特徴は?

シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」

  • シャープ超音波ウォッシャー
  • 実勢価格: ¥20,958

シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」は、スタイリッシュなスティックタイプ。毎秒約3万8000回の超音波振動を発生させます。

40mm(約)
奥行
40mm(約)
高さ
168mm(約)
重量
206g(約)
充電時間
5時間(約)
使用可能時間
15分(約)
型番
UW-X1

先端をつけた水が振動する

先端をつけた水が振動する 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

 先端が超音波振動して、水の中に微細な真空の泡が発生します。

先端をつけた水が振動する 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

その泡が弾けるパワーで汚れを弾き飛ばす仕組みです。

サンコー「トルン」

  • サンコートルン
  • 実勢価格: ¥7,100

サンコー「トルン」は修正テープのような形状のシミ取り機。2枚の幅広ブレードが、毎秒約2万5000回振動します。

135mm
奥行
50mm
高さ
70mm
重量
160g(約)
充電時間
2.5時間(約)
使用可能時間
30分(約)
型番
ULTRASWWH

ブレードの幅が約2.3cmと広い

ブレードの幅が約2.3cmと広い 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」と異なり、ブレードの幅が広く、上下に2枚ついています。

ブレードの幅が約2.3cmと広い 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

仕組みはシャープ「超音波ウォッシャー」と同じで、超音波振動を発生させます。

ホーム検証方法は?

今回は、6種類の汚れを実際に落としてみて、汚れ落ちだけでなく、使い勝手を含めた総合的な実力をチェックしました。

テスト1:使い勝手

テスト1:使い勝手 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

製品の持ちやすさ、スイッチの押しやすさ、充電作業のしやすさなどをチェックしました。

テスト2:汚れ落ち

テスト2:汚れ落ち 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

カレーや口紅など6種類の汚れをつけた布に対して2回ずつ作業を行い、洗浄力を数値化して比較しました。

テストしたのはこの3人

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

洗濯前後のシミを測色計で計測し、洗浄率を算出しました。

平岡祐輔 氏
ライター
平岡祐輔 氏 のコメント

白い服を着てカレーうどんを食べたいんです(泣)。

建部博
MONOQLO編集長/家電批評統括編集長
建部博 のコメント

うちの子どもは鼻血を出しやすいので助かります。

また、家電ではないものの、今回の検証では『家電批評』で以前にテストして優秀だった液体タイプのシミ取り剤、ライオン「トップ シミとりレスキュー」とも比較しました。

ライオン「トップ シミとりレスキュー」

  • ライオントップシミとりレスキュー
  • 実勢価格: ¥223

ライオン「トップ シミとりレスキュー」は、液体タイプのシミ取り。『家電批評』で以前行った検証では、超音波発生型のシミ取り機よりも早く汚れをキレイにすることができました。

容量
17ml
付属品
吸収シート5枚付き
型番
4903301723868

シミの上から叩いて落とすタイプ

シミの上から叩いて落とすタイプ 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

小さいボトルの先端を汚れがついた布に叩き、界面活性剤を配合したシミ取り剤を浸透させます。はたして、今回比較する超音波発生型の新製品たちより優秀なのでしょうか?

それでは、検証結果を見ていきましょう。

ホームテスト1:使い勝手

シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」

シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

優秀:狭い範囲をシミ取りしやすい

優秀:狭い範囲をシミ取りしやすい 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

本体は約206gと軽め。鉛筆を持つような手法でラクに作業できます。

超音波振動する先端は細めなので、シミが付いた箇所に当てやすかったです。長さがあるため、シンクなど深さがある場所でも扱いやすいです。

ここは惜しい:充電に約5時間かかる

ここは惜しい:充電に約5時間かかる 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

使用可能時間は約15分。バッテリー切れになると付属の充電台の上に置いて充電するのですが、充電時間は約5時間と長めなのが気になります。

子どもが汚した服がたくさんあると、1度では取り切れません。

サンコー「トルン」

サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

優秀:広い範囲を一気にシミ取りできる!

優秀:広い範囲を一気にシミ取りできる! 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

超音波振動するブレードの幅が広いため、広い範囲に一気に当てられます。短時間で行えるのが嬉しいです。汚れがたくさん付いた服にも向いています。

良好:使用時間が長めで充電時間は短め

良好:使用時間が長めで充電時間は短め 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

使用時間は約30分で、充電時間は約2.5時間。シャープ「超音波ウォッシャー」よりも使用時間が長めで、充電時間は短めなため、汚れが多めな服に使用してもバッテリー切れの心配が少ないです。なお、充電ケーブルが付属されています。

シンクなどの深い場所ではシャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」が扱いやすかった

シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」とサンコー「トルン」は超音波を発生させる仕組みは同じですが、製品の形は異なります。

シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」は長さがあるため、シンクなど深さがある場所でも扱いやすいです。

サンコー「トルン」はどっしりした形状で、手でしっかり握れます。先端のブレードが広いので、一度に広い範囲をシミ取りできるのは便利ですが、上下2枚とも布に当てる必要があるため水平に近い角度になり、深いシンクだとやや扱いにくいです。

どちらも使用する際はシンクなどの水場が必要です。水に浸しながら作業しましょう。

ライオン「トップ シミとりレスキュー」

ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

ここは惜しい:シミ取りをする手順が多く面倒くさくなってくる

ここは惜しい:シミ取りをする手順が多く面倒くさくなってくる 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

手順が多いのが難点。手順は次のようになっています。

  • 1:付属の吸収シートを布の下にく
  • 2:上からシミ取り剤で何度か叩く
  • 3:乾いたタオルなどを敷く
  • 4:上から水で固く絞ったタオルでたたいて、最後にシミ取り剤を取り除く

何回も作業をしていると面倒に感じます。

ホームテスト2:汚れ落ち性能

6種類の汚れを用意してテスト!

6種類の汚れを用意してテスト! 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

綿の布にカレー、口紅、赤土、血液(豚)、血液(人)、人工汚染の6種類の汚れをつけて一昼夜おき、液体洗剤(アタックZERO)を塗布して色が変わらなくなるまで作業。参考用に、ドラム式洗濯機で洗った布の洗浄力も調べました。

それでは順番にそれぞれの汚れごとに、高評価だったシミ取りの順に洗浄力とともに紹介します。

カレー:どれも薄くはなるものの黄色は取り切れない

【1位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」

  • 洗浄力:58.6%
【1位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ
【1位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

ブレードを何度も往復させているうちに、綿が少しずつ白さを取り戻していきました。中央部分がかなり落ちています。

【2位】サンコー「トルン」

  • 洗浄力:50.7%
【2位】サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ
【2位】サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

最初はあまり変化はなかったものの、何度も往復させるとカレーが落ちていきました。広い部分が薄くなっています。

【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」

  • 洗浄力:16.8%
【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ
【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

表面が濡れただけで、色はあまり変わっていません。ほんの少し薄いだけ。何回叩いても白色になりません。

【参考】通常の洗濯

  • 洗浄力:55.9%
【参考】通常の洗濯 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

洗浄力の数値はシャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」より若干劣ります。薄い黄色が残っていたものの、全体的に薄くなっています。

口紅:シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」はかなり落とせた

【1位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」

  • 洗浄力:81.8%
【1位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ
【1位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

作業開始直後はかなり落ちました。ある程度落ちると、それ以上白くはなりませんでした。

【2位】サンコー「トルン」

  • 洗浄力:64.4%
【2位】サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ
【2位】サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

最初は赤色がガッツリ落ちて感動。ただ、落ちにくい場所があり、何度往復しても変化がありません。全体的に白っぽいです。

【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」

  • 洗浄力:58.9%
【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ
【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

最初は濡れているだけでしたが、トントンしていると次第に赤色が落ちてきました。「トップ シミとりレスキュー」を当てた場所は白くなりました。

【参考】通常の洗濯

  • 洗浄力:53.2%
【参考】通常の洗濯 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

全体的にほどよく落ちますが、濃いめな赤色が残っていました。

赤土:サンコー「トルン」がわずかにシャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」を上回る

【1位】サンコー「トルン」

  • 洗浄力:89.1%
【1位】サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ
【1位】サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

ブレードを当てた途端にごっそり落ちていきます。白くなるまでが速くて気持ちいいです。

【2位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」

  • 洗浄力:87.6%
【2位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ
【2位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

先端を当てると、すぐに赤土が取れていきます。往復させるとかなり白くなりました。

【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」

  • 洗浄力:32.8%
【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ
【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ2

茶色は薄くなりましたが、あまり落ちている気がせず不安になります。作業後は若干色の違いが出ました。

【参考】通常の洗濯

  • 洗浄力:87.1%
【参考】通常の洗濯 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

真っ白とはいきませんでしたが、かなり白くなりました。全体的にかなり薄いです。

血液(豚):ライオン「トップ シミとりレスキュー」以外はかなり取れた

【1位】サンコー「トルン」

  • 洗浄力:94.0%
【1位】サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

かなり汚れが落ちています。よく見ないとわからないレベルです。

【2位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」

  • 洗浄力:92.8%
【2位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

当てた部分はかなり白くなっています。サンコー「トルン」と同様に、開始直後からどんどん汚れが落ちていきました。

【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」

  • 洗浄力:69.6%
【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

血の色が残っています。

【参考】通常の洗濯

  • 洗浄力:96.3%
【参考】通常の洗濯 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

かなり白くなり、満足度は高いです。

血液:ライオン「トップ シミとりレスキュー」では取り切れなかった

【1位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」

  • 洗浄力:98.7%
【1位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

すぐに白くなり、赤い部分がなくなりました。

【2位】サンコー「トルン」

  • 洗浄力:95.0%
【2位】サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

サンコー「トルン」も同様にすぐ白くなり、ほぼ真っ白です。

【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」

  • 洗浄力:43.8%
【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

赤い部分が残っています。

【参考】通常の洗濯

  • 洗浄力:97.8%
【参考】通常の洗濯 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

白さが復活。シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」やサンコー「トルン」に近い白さになりました。

人工汚染:サンコー「トルン」がやや落としやすかった

【1位】サンコー「トルン」

  • 洗浄力:76.4%
【1位】サンコー「トルン」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

すぐに汚れが落ちていきましたが、灰色の部分と白い部分があります。

【2位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」

  • 洗浄力:59.5%
【2位】シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

サンコー「トルン」より灰色が濃いです。

サンコー「トルン」はすぐに汚れが落ちていき、シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」は少しずつ白くなっていく印象です。

【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」

  • 洗浄力:35.7%
【3位】ライオン「トップ シミとりレスキュー」 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

ライオン「トップ シミとりレスキュー」の洗浄力は高くありませんが、白っぽい部分もあります。

【参考】通常の洗濯

  • 洗浄力:57.5%
【参考】通常の洗濯 超音波振動タイプのシミ取り機の比較おすすめ イメージ

薄い灰色が残っており、白くはなりませんでした。

ホーム超音波シミとり機の比較検証まとめ

比較結果

製品名 順位 使い勝手 汚れ落ち
平均 カレー 口紅 赤土 血液(豚) 血液 人工汚染
シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」 1位 25/30点 80.4% 58.6% 81.8% 87.6% 92.8% 98.7% 59.5%
サンコー「トルン」 2位 23/30点 78.3% 50.7% 64.4% 89.1% 94.0% 95.0% 76.4%
ライオン「トップ シミとりレスキュー」 3位 8/30点
(参考値)
43.1% 16.8% 58.9% 32.8% 69.6% 43.8% 35.7%
ドラム式洗濯機+アタックZEROで洗濯 参考 - 75.1% 55.9% 53.2% 87.1% 96.3% 97.8% 57.5%

6種類の汚れをシミ取り検証してみたところ、カレー、口紅、血液の洗浄力が最も高かったのはシャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」でした。

そして、赤土、血液(豚)、人工汚染の洗浄力が最も高かったのはサンコー「トルン」でした。

ともに3種類ずつ1位と互角でしたが、全体の洗浄力の平均ではシャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」がわずかにサンコー「トルン」を上回る結果となりました。

超音波タイプの2製品に対し、液体タイプのライオン「トップ シミとりレスキュー」は最も落ちた血液(豚)ですら69.6%と、かなり苦戦。特にカレーは16.8%と、ほとんど落ちませんでしたが、これは汚れをつけて一昼夜経ち固着してしまったためかもしれません。

洗濯機で洗ったものはシャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」やサンコー「トルン」と近い洗浄力でしたが、口紅だけは差をつけられました。以上が洗浄力の比較検証レビューです。

まとめとしては、シャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」は汚れ落ちのほかデザインや扱いやすさに優れていますが、充電時間が長いことと価格が高いことが気になるポイント。サンコー「トルン」は一度の施工範囲が広いのが魅力です。

ライオン「トップ シミとりレスキュー」はリーズナブルで軽いため、出張先でシミ取りをするときに便利でしょう。

落としたい汚れや使いやすさなどを考え、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

超音波タイプのシミ取り機のおすすめはシャープ「UW-X1」

  • シャープ超音波ウォッシャー
  • 実勢価格: ¥20,958
おすすめポイント
  1. 口紅、赤土、血の汚れはかなり落ちた
  2. スティック型はオシャレで持ちやすい
がっかりポイント
  1. 汚れを一度に落とせる範囲は狭め
  2. 充電に約5時間かかる
40mm(約)
奥行
40mm(約)
高さ
168mm(約)
重量
206g(約)
充電時間
5時間(約)
使用可能時間
15分(約)
型番
UW-X1

シャープとサンコーの超音波シミ取り機は、シミ取りに絶大な効果がありました。汚れ落ちの平均値がもっとも高く、持ちやすく携帯もしやすいため、今回はシャープ「超音波ウォッシャー UW-X1」がベストバイとなりました。

ホーム超音波洗浄機の売れ筋ランキングもチェック!

超音波洗浄機のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。