食品雑貨トニックウォーターと炭酸水の違いは?

ジントニックの画像

カクテルの割材として使用されることの多いトニックウォーターですが、「炭酸水と何が違うの?」と疑問に感じる人も多いでしょう。

実はトニックウォーターは、炭酸水とは全く異なる飲み物なのです。

炭酸水に甘味・酸味・苦味を加えたもの

トニックウォーターとは、炭酸水に糖分の甘味と酸味・苦味の香料を加えたものを指します。そのまま飲むとほのかな甘味と鼻に抜ける香料の香りを楽しめるのが特徴です。

香料の成分には、柑橘類から抽出したエキスや、樹皮などを元にした苦味成分が使われています。

もともとのトニックウォーターは、マラリアに効果があった薬草の『キニーネ』が含まれた薬として販売されていました。キニーネの強烈な苦味を抑えるために甘味を加えたところ、その味わいが好評で一般に浸透したとされています。

甘味・酸味・苦味のそろったトニックウォーターは、キリっと飲みごたえのあるお酒と相性がよいのが特徴です。甘いカクテルが苦手な方でもすっきり飲めるでしょう。

反対に、炭酸水は香りや味が加わっていないため、パチパチとした喉ごしだけをプラスしたいときにぴったりです。

トニックウォーターはカクテルと相性抜群

柑橘系のエキスや樹皮の苦味エキスを配合したトニックウォーターは、さまざまなカクテルと相性のよい飲み物です。

トニックウォーターを使ったカクテルといえば、『ジントニック』を思い浮かべる人も多いでしょう。

カクテルグラスにジンとトニックウォーターを注ぎ、ライムやレモンを加えるジントニックは、シンプルで飲みやすい味から長く愛されるカクテルの一つとして知られています。

柑橘系のカクテルが好みの人には『スプモーニ』がおすすめです。カンパリにトニックウォーターとグレープフルーツジュースを加えたカクテルを指し、さわやかな風味が楽しめます。

トニックウォーターとジュースで割るので、アルコール度数が低く飲みやすいのも魅力です。

キリッとした飲み口が好きな人は『スカイシトラストニック』が向いています。辛口のスカイシトラスをトニックウォーターで割ったカクテルを指し、辛みのある味わいで食事中に飲むカクテルにぴったりです。

食品雑貨トニックウォーターを選ぶポイント

二つ並んだカクテル
(出典) pexels.com

たくさんのメーカーから販売されているトニックウォーターですが、どれを選べばいいのか迷っている人も多いでしょう。

トニックウォーターを選ぶ際のポイントを詳しく解説します。

容器の種類で選ぶ

トニックウォーターは大きく分けて瓶・缶・ペットボトルの3種類の容器に入って販売されています。それぞれのメリット・デメリットをしっかり押さえておきましょう。

瓶は保存性に優れているため、トニックウォーターの味が変化しにくいのが特徴です。炭酸が抜けにくいので保存にも適しており、味や鮮度にこだわりのある人に向いています。

ただし、落としたり衝撃が加わったりすると割れてしまうため、扱いには注意が必要です。

缶は密閉性と遮光性が高く、保存に適している上に、落としても割れないのがメリットです。小さめの飲みきりサイズが多いため、味が落ちないうちに飲みきれるのも魅力です。フタがないため、一度開封したらその場で飲みきる必要があります。

ペットボトルは、500mLと容量が多いのが特徴です。フタ付きで持ち運びやすいため、アウトドアや大人数でシェアしたいときに適しています。ただし、ペットボトルはフタをしていても徐々に炭酸が抜けてしまうため、長期の保管には向いていません。

炭酸の強さで選ぶ

トニックウォーターの炭酸の強さは商品によってさまざまです。

炭酸の強さは微炭酸・炭酸水・強炭酸と表され、強炭酸に近づくほど飲んだときのパチパチ感が強くなります。それぞれの名称に明確な基準があるわけではないため、実際の飲み口は商品の表示と口コミを見て判断しましょう。

こってりした料理や辛い料理に合うさっぱりしたカクテルにしたい場合は、キレのいい強炭酸がおすすめです。反対に、強い炭酸が苦手な人や、飲みやすいカクテルに仕上げたい人は微炭酸~炭酸水が向いています。

味わいで選ぶ

トニックウォーターは、商品ごとに甘味・酸味・苦味のバランスが異なります。甘味の強いものや、苦味の強いものなど特徴が分かれるので、口コミを確認したり、実際に飲み比べてみたりして自分好みの1本を見つけてみてはいかがでしょうか。

トニックウォーターをそのままストレートで飲みたい方や、飲みやすいカクテルに仕上げたい人は甘めのものがおすすめです。こってりした料理や辛い料理には、甘味が少なく酸味や苦味を感じるものを選べば、より食事の味が引き立ちます。

食品雑貨味や鮮度にこだわりたいなら瓶入りのトニックウォーター

グラスに水をそそぐ
(出典) pexels.com

味や鮮度にこだわりたい人向けに、瓶入りのトニックウォーターを紹介します。「とことんこだわった一杯を作ってみたい!」と思っている方におすすめです。

フェンティマンス「トニックウォーター」

フェンティマンス「トニックウォーター」

フェンティマンス
トニックウォーター
実勢価格:291円

容量:200mL
※画像は公式サイトより

フェンティマンスのトニックウォーターは、Mixer(カクテルの割材)シリーズの中でもスタンダードなタイプのトニックウォーターです。『ボタニカル醸造』と呼ばれる自然素材の原材料を調合、発酵させる伝統的な製造方法で造られています。

味わいは、苦味成分であるキナ抽出物のパンチが効いているのが特徴です。スパイス料理にも使われるジュニパーベリーと、柑橘類の一種であるカフィアライムの風味がアクセントになった 、すっきりした後味がさわやかな印象を与えます。

甘すぎず微炭酸で喉ごしもいいため、ホッと一息つきたいときや、食事中に飲むドリンクとしてもおすすめです。おしゃれで華やかなパッケージは、友人や大切な人をおもてなしするパーティーにもぴったりでしょう。

シュウェップス「トニックウォーター」

シュウェップス「トニックウォーター」

シュウェップス
トニックウォーター
実勢価格:126円

容量:250mL

シュウェップスのトニックウォーターは、強めの炭酸とほどよい酸味・甘味がきいた、飽きのこない味わいが特徴です。カクテルの割材として使用するのはもちろん、ストレートで飲むのもおすすめです。

シュウェップスは、1837年に英国王室御用達のソーダメーカーとして認定を受けた老舗炭酸飲料ブランドです。英国をはじめとするヨーロッパ地域を中心に、歴史と由緒あるブランドとして世界中で親しまれています。

『シュウェップス』という名前は、創業者のヤコブ・シュウェップ氏が由来となっています。他の瓶入りトニックウォーターと比較して、価格が手頃なのも魅力です。

FEVER TREE「プレミアム トニックウォーター」

FEVER TREE「プレミアム トニックウォーター」

FEVER TREE
プレミアム トニックウォーター
実勢価格:195円

容量:200mL

プレミアム トニックウォーターは、FEVER TREEが出しているシリーズの中で、最上級モデルに位置するトニックウォーターです。

コンゴ産のキナ、メキシコ産のビターオレンジを使ったコクのある苦味と甘味が特徴で、カクテルの割材はもちろん、ストレートで楽しむのもおすすめです。

プレミアムという名前にふさわしく、上品で繊細な味わいは、どんな料理とも相性抜群です。揚げ物料理や前菜、チーズ、サラミなどのおつまみ、スパイスのきいたカレーなどさまざまな料理に合います。フルーツやハーブとの相性もぴったりです。

FEVER TREE「メディタレーニアン トニックウォーター」

FEVER TREE「メディタレーニアン トニックウォーター」

FEVER TREE
メディタレーニアン トニックウォーター
実勢価格:190円

容量:200mL

メディタレーニアン トニックウォーターは、コンゴ産のキナに加え、地中海産のハーブやエッセンシャルオイルを使用した、華やかな香りが特徴のトニックウォーターです。

さらにローズマリーやタイムのエキスも使用されており、さわやかなジンとの相性は抜群です。鼻を抜けていくハーブの香りを楽しみながら飲むジントニックは格別といえるでしょう。

FEVER TREE公式のおすすめは、ジンとブラッドオレンジを入れた柑橘の香りが広がる『ブラッドオレンジ ジントニック』です。

カクテルだけでなく、フルーツやハーブを加えたおしゃれなノンアルコールカクテルにも向いています。

食品雑貨持ち運びしやすいペットボトルのトニックウォーター

ペットボトルが3本並んでいる
(出典) pexels.com

持ち運びやすさを重視する人向けに、ペットボトル入りのトニックウォーターを紹介します。

「アウトドアシーンでの使用や、友人たちとシャアしてカクテルを楽しみたい!」と思っている人におすすめです。

カナダドライ「トニックウォーター」

カナダドライ「トニックウォーター」

カナダドライ
トニックウォーター
実勢価格:110円

容量:500mL

世界中のバーで愛用されているスタンダードなトニックウォーターです。カナダドライの看板商品であるジンジャエールを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。カナダドライは、100年以上の歴史を持つソフトドリンクのブランドです。

甘味と苦味のバランスがよく、パンチの効いた強炭酸が特徴です。キリっとしたのどごしと、さわやかな爽快感を感じるでしょう。ペットボトル入りで好きな分量だけ飲めるのも魅力的です。大人数のパーティーでも使い勝手よくカクテルを作れます。

また、さまざまなカクテルの割材としてアレンジできます。カナダドライの公式サイトで、トニックウォーターを使用したおすすめレシピを公開しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください

参考:カクテルレシピ| CANADA DRY (カナダドライ)公式サイト

友桝飲料「トニックウォーター」

友桝飲料「トニックウォーター」

友桝飲料
トニックウォーター
実勢価格:112円

容量:500mL

ストレートで飲んでもおいしく飲めるように開発されたトニックウォーターで、バランスのよい苦味と酸味が特徴です。しっかりした強炭酸なので、甘すぎない大人の飲み口を残しています。まずはストレートで味わってみて欲しい1本です。

友桝飲料は、創業100年を超える佐賀県の老舗飲料店です。

自然由来の素材や天然水を使用したサイダーを主力商品としており、スイカやドリアンなどの果実サイダーや、地域とコラボした変わり種サイダーの開発などを行っています。長い歴史の中で培われた、こだわりと情熱が詰まった1本といえるでしょう。

ペットボトルのラベルには、カクテルのレシピが記載されているので、初心者でも簡単においしいカクテルを作れるのもうれしいポイントです。

木村飲料「カクテストニックウォーター」

木村飲料「カクテストニックウォーター」

木村飲料
カクテストニックウォーター
実勢価格:133円

容量:500mL

ジン・ウォッカ・焼酎割に合う味わいのトニックウォーターです。ほろ苦く爽快感ある風味が特徴で、さまざまなお酒とよく合います。

酸味がやや強く、甘さは控えめなので、そのまま飲んでもおいしく味わえるでしょう。

木村飲料は、静岡県で古くから炭酸飲料や酒類の製造販売を行う老舗飲料店です。もともと瓶入りの飲料のみの製造だけを行っていましたが、時代の流れとともにペットボトル飲料の製造を手掛けるようになりました。

「カクテストニックウォーター」は、500mLと700mLサイズで販売されています。1人用から大人数のカクテルパーティーでも不足なく楽しめるのが魅力です。「今日はとことんカクテルを楽しみたい!」という人にもおすすめの商品です。

ウィルキンソン「トニック」

ウィルキンソン「トニック」

ウィルキンソン
トニック
実勢価格:99円

容量:500mL

100年以上の歴史を持つウィルキンソンから販売されているトニックウォーターは、すっきりした苦味とさわやかな酸味の絶妙なバランスが特徴です。緑のパッケージはなじみがあり、一度は目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

ニガキという樹木の皮や、柑橘系の果実から抽出した植物由来の苦味成分を香料として使用しています。

ほかのペットボトル入りのトニックウォーターと比較して、価格が手頃なのも魅力の一つです。持ち運びやすいペットボトル入りなので、キャンプやBBQなどのレジャーシーンでも活躍します。

食品雑貨買いだめして保管するなら缶のトニックウォーター

涼しげなカクテル
(出典) pexels.com

買いだめして保管しておきたい人向けに、缶入りのトニックウォーターを紹介します。「いつでも気軽にカクテルを作りたい!」と思っている人におすすめです。

サントリー「トニックウォーター」

サントリー「トニックウォーター」

サントリー
トニックウォーター
実勢価格:92円

容量:200mL

すっきりした苦味の中に、シトラスのさわやかさを感じるトニックウォーターです。

自然な香りとクセのない味わいが特徴で、カクテル作りに特化したトニックウォーターといえるでしょう。自宅にいながら本格的なカクテルを味わいたい人におすすめです。

ジン・ラム・ウォッカの割材として使用するのに向いています。カクテルを作るのにちょうどよい200mLサイズなので、開封したてのおいしい状態で飲みきれるのもうれしいポイントです。おもてなしでとっておきのカクテルを作るときにも重宝します。

保存期間は12カ月と長く、缶入りなので味の劣化が起こりにくいのも魅力です。冷蔵庫に入れれば短時間で冷えるため、飲みたいと思ったときにサッと冷蔵庫に入れるだけでおいしく味わえます。

富永貿易「神戸居留地トニックウォーター」

富永貿易「神戸居留地トニックウォーター」

富永貿易
神戸居留地トニックウォーター
実勢価格:85円

容量:185mL

人工甘味料・保存料を使っていないトニックウォーターです。柑橘系の酸味とほろ苦さが特徴で、炭酸の爽快な飲み心地がさわやかさを演出します。

神戸居留地とは兵庫県神戸市に1899年まであった地区の名前で、富永貿易の本社を構えている場所です。その後、神戸居留地はブランド名となり、「神戸居留地=おいしさと低価格の両立を実現した国産ブランド」という意味を持つようになりました。

缶のトニックウォーターの中でも小ぶりな185mLサイズで、使い切りやすいのが特徴です。お手頃価格なので、まとめ買いして保管しやすいのもメリットでしょう。

シンプルでおしゃれなパッケージなので、来客時のおしゃれなおもてなしカクテルにも向いています。

食品雑貨こだわりの逸品や珍しいフレーバーも

ブランデー水割り
https://360life.shinyusha.co.jp/articles/-/19023

いつもとは違ったフレーバーや、こだわって造られた逸品のトニックウォーターを紹介します。

「いつもとは一味違うカクテルを作りたい!」と思っている方におすすめです。

友桝飲料「n.e.o プレミアムトニックウォーター」

友桝飲料「n.e.o プレミアムトニックウォーター」

友桝飲料
n.e.o.(ネオ) プレミアムトニックウォーター
実勢価格:112円

容量:200mL

国産原材料を使った、バーテンダー監修によるプロ仕様のトニックウォーターです。沖縄産シークヮーサーの果汁を使用し、甘味・苦味・香りにこだわった絶妙なバランスの味わいが楽しめます。

n.e.oは、佐賀県小城市の天然水を使用し、水にも強いこだわりが感じられます。友桝飲料の小城工場周辺は、日本有数の蛍の名所としても知られており、きれいな水辺にしか生息しない蛍がいることが、水質の高さを物語っています。

透き通るようなシンプルデザインのパッケージも、手に取りたくなる魅力の一つでしょう。原材料にこだわって造られたトニックウォーターを味わってみたい方は、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

HIYORI「kizashiトニックウォーター 黄檗(キハダ)」

HIYORI「kizashiトニックウォーター 黄檗(キハダ)」

HIYORI
kizashiトニックウォーター 黄檗(キハダ)
実勢価格:398円

容量:200mL

ミカン科のキハダから抽出されたエキスを配合したトニックウォーターです。従来のトニックウォーターとは一味違った清々しい苦味が特徴で、見た目はキハダの樹脂の色である黄土色をしています。

よく冷やしたkizashiに、カットしたレモンを入れて飲むのがおすすめの飲み方として紹介されています。すっきりとした苦味に、レモンのビターでフレッシュな爽快感がマッチし、さっぱりと気分転換したいときにぴったりです。

繊細なイラストが描かれた、置いておくだけでおしゃれな印象を与えるパッケージも魅力の一つでしょう。いつものトニックウォーターとは一味違った味を楽しみたい方や、国産のトニックウォーターを堪能してみたい方に、うってつけの1本です。

キュー「Qトニックウォーター」

キュー「Qトニックウォーター」

キュー
Qトニックウォーター
実勢価格:235円

容量:198mL

人工甘味料や合成香料不使用のナチュラルなトニックウォーターです。甘味料を加える代わりに、テキーラやシロップの原料ともなる多肉植物のアガベを使用しています。アガベは砂糖よりも甘味が強く、後味にしつこさが残らないのが特徴です。

ニューヨーク・ブルックリンに本社を置く飲料メーカー「Qドリンク社(Q Drinks)」で製造されており、現地のナチュラル志向の層から人気を集めています。自然由来の素材で造られた、プロ向けの本格派トニックウォーターです。

砂糖を使用していないので、低カロリーなのもうれしいポイントです。ダイエット中の人やヘルシー志向の人にうってつけでしょう。ナチュラルな味わいを堪能してみるのはいかがでしょうか。

CAPI「トニック」

CAPI「トニック」

CAPI
トニック
実勢価格:327円

容量:250mL

オーストラリアで製造されている、100%植物由来の天然成分でできたトニックウォーターです。合成の保存料や着色料など、化学添加物を使用していないため、素材本来の味が引き出されています。

CAPIは、「クリーンでナチュラルな炭酸飲料を作りたい」というコンセプトを元に造られたブランドです。良質な素材を厳選し、熟練された職人によって製造されています。バーテンダーからも愛される、こだわりの逸品です。

瓶のトニックウォーターの中では、比較的容量が多いため、数人でシェアするときもおすすめです。個性的でおしゃれなデザインのパッケージは、パーティーやイベントにぴったりでしょう。

クリーンでナチュラルな味を、おしゃれに楽しんでみてはいかがでしょうか。

フェンティマンス「ルバーブ・トニックウォーター」

フェンティマンス「ルバーブ・トニックウォーター」

フェンティマンス
ルバーブ・トニックウォーター
実勢価格:291円

容量:200mL

フェンスティマンスのMixer(カクテルの割材)シリーズの中で、唯一フレーバーを含んだトニックウォーターです。紅色の茎が目を引くルバーブを、「ボタニカル醸造」と呼ばれる伝統的な製造方法でトニックウォーターに落とし込みました。

ルバーブは、ヨーロッパ地方ではとてもポピュラーな野菜です。「深紅の茎」と呼ばれるほど茎が赤いのが特徴で、ルバーブのエキスを含んだルバーブ・トニックウォーターは、色鮮やかなピンク色をしています。

かわいらしい見た目とは裏腹に、苦味と甘味のバランスが取れた大人の味わいを楽しめます。そのまま飲むのはもちろん、おしゃれなカクテル作りにもおすすめのアイテムです。鮮やかなピンク色が、お酒を華やかに彩ってくれるでしょう。

食品雑貨まとめ

トニックウォーターには、各メーカーのこだわりと情熱が込められています。さまざまな種類のものが販売されており、それぞれ味わいや風味も異なります。

いろいろな商品を試して、自分好みの1本を見つけてみてください。

食品雑貨トニックウォーターの売れ筋ランキングもチェック!

トニックウォーターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。