2021年ベストバイ!! 「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」

2021年ベストバイ!! 「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」

日用品、食品雑貨、家電、インテリア、自転車......2021年も『MONOQLO』は徹底した消費者目線での検証を重ねてきました。

そこで、2021年に『MONOQLO』が扱った全製品の中から「絶対に後悔させません!」と自信を持っておすすめできるベストバイばかりを集めた「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」を選定。ここでは、ベストに選ばれた製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを本音で解説します。

2021年ベストバイ!! 「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」

今回は、「格安4Kテレビ」部門。応答速度はゲームモニター並みのハイセンス「55U7F」です。

画質くっきりでゲームモニター級の応答速度! ハイセンス「55U7F」

画質くっきりでゲームモニター級の応答速度! ハイセンス「55U7F」
王冠アイコン

ハイセンス
55U7F
実勢価格:7万7300円

サイズ・重量:W122.7×H77.1×D25.0㎝・14.7㎏(ともにスタンド含む) チューナー数:BS・CS 4K×1、地デジ×3、BS・CS×3 スピーカー 音声最大出力:20W(10W+10W

▼テスト結果
画質  :○
機能  :○
操作性 :○
音質  :△
総合評価:A


2021年の格安4Kテレビ部門「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」受賞はハイセンス「55U7F」
 

ハイセンス「55U7F」は、『MONOQLO』2021年8月号でAV評論家の折原一也さんと行ったテストでベストバイに選ばれた製品。

東芝のREGZAエンジンを搭載しており、4K映像は明るくてノイズが少なく、カラフルな動物や自然をあざやかに描写。また、地デジも花や服のシワなどを立体的に表現しました。

高画質やネット機能が充実しているのに、約8万円という安さで国産メーカーに迫るほど売れているモデルです。ネット機能は独自OSでストアはありませんが、ネトフリやアマプラなどの主要メーカーは網羅。

何より優秀なのが反応速度で、今回の遅延テストではダントツの1位をマーク。「高級ゲーミングモニターレベル」と専門家も驚いたほどで、ストレスフリーでゲームを楽しめる一台。ゲームの相棒として最強の4Kテレビです。

専門家も驚愕の応答速度! 

専門家も驚愕の応答速度! 

応答速度1.8ms(マイクロセコンド)はゲーミングモニター級の速さで、識者を驚かせました。遅延がまったく気になりません。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

応答速度の「8ms」という数値はゲーミングモニター並みです

くっきりあざやか

くっきりあざやか

カラフルな色もくっきり映し出しました。明るくはっきりというのが大きな特徴です。

以上、「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」に選ばれた格安4Kテレビ、ハイセンス「55U7F」の紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。

2021年ベストバイを大発表!『MONOQLO』

2021年ベストバイを大発表!『MONOQLO』

晋遊舎
MONOQLO
2022年1月号
700円

『MONOQLO』2022年1月号では2021年のベストバイを一気に紹介。全テスト総決算号を読んで、2022年も楽しく過ごしましょう!