2020年の大感動を発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

いろいろあった2020年も、『家電批評』はおうち家電を中心に、4Kテレビや冷蔵庫など大型・定番品まで3521の家電製品をテストしてきました。そこで今回は、使った瞬間に思わず歓声が上がった感動品を総まとめ!「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

特に気を張って頑張った一年。ご褒美にもギフトにも早く買えば良かったと思えるベスト家電カタログです!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2020】記事はコチラ!

今回は、缶ビールなのに、おいしさも気分もプロレベルにアップしてくれるビールサーバーをご紹介します。

キッチン段違いの泡のきめ細かさ! グリーンハウス「GH-BEERO-BK」

王冠アイコン

グリーンハウス
GH-BEERO-BK
実勢価格:9000円

サイズ・重量:約W110×H225.3×D455mm・1210g

▼評価
おいしさ:◎
使いやすさ:A評価


グリーンハウス「GH-BEERO-BK」は、本体に缶ビールに設置して本格的な泡を出すビールサーバーです。

お店のような本格的なレバー式なのでキンキンに冷えたビールときめ細かい泡を楽しく注ぐことができます。自宅にこれがあるだけでもテンションが上がること間違いなしです!

冷たさをキープできるのは、保冷剤を備えているから。抜かりがありません!

ベストな理由:缶ビールの味がお店っぽくなる!

ホップの味がしっかりわかり、泡もモコモコで細かくておいしい! 組み立ても使い方も簡単でお店のようなレバー式なのが楽しいです。

お店で注ぐようなクリーミーな泡を、はじめての人でもカンタンに再現できますよ。 瓶ビールにも対応していて、もちろん缶の発泡酒や第3のビールでも楽しめます!

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2020」に選出されたグリーンハウス「GH-BEERO-BK」の紹介でした。価格は高めですが、自宅でも本格的なビールを楽しみたい人には自信をもってオススメできる逸品です! ぜひお試しくださいね。

『家電批評』 2021年1月号

晋遊舎
家電批評
2021年1月号
700円

ステイホームな1年間のご褒美カタログ『家電批評』2021年1月号はこちらからも購入できます。「人に会えない」「家から出られない」「元気になれない」そんな2020年の悩みを支えてくれたベスト家電をぜひチェックしてください!