年末大掃除の最強アイテム&必殺テクを大公開

外出自粛やテレワークの浸透でお家時間が例年より長かった2020年。台所のベトベト汚れや水まわりのカビ、部屋のスミに渦巻くホコリなど、いつも以上に家の汚れが気になった人も多いはず。

2021年を真っさらな気持ちで迎えるべく、断捨離や掃除に精を出している人もいるのではないでしょうか。

そこで、これまでお掃除のプロたちに教えてもらったラクしてごっそり汚れが取れちゃうアイテムやワザを一挙公開! 1日1箇所でもいいのでぜひチャレンジしてみてください。

今回は、手が届かずお掃除しにくい、お風呂の天井をキレイにするテクニックやアイテムのご紹介です。

フロアワイパーにつけるのはタオルよりTシャツがおすすめ

お風呂の天井って、直接手が届かないから、ついつい放置しちゃいがち。カビが増えてもいつの間にか気にならなくなってた……なんて人も多いのでは?しかし、そんな汚れもフロアワイパーを使えば掃除可能です!

ワイパーで洗剤をこすりつけると、天井の汚れを落とすことができます。

ワイパーはお風呂専用でなくても届けばOK。つける布は、古いTシャツ素材がけば立たないのでオススメ。ワイパーなどの広い面に使うときは、ジェルではなくスプレーを使いましょう。

STEP1:布をセットしてスプレー

天井から垂れるのを防ぐため、ワイパーに布をセットしてカビとりスプレーをつけます。タオルよりもTシャツの方が塗りやすいです。

STEP2:カビにしっかりこすりつける

ワイパーをカビにしっかりとこすりつけ、放置したら何回か水拭きして洗剤を拭きとります。

スプレータイプの花王「強力カビハイター」

花王
強力カビハイター
実勢価格:330円


※リンク先はセット商品を含む販売ページです

今回使用したアイテムは、こちらの花王「強力カビハイター」。広い面に使うときは、ジェルではなくスプレータイプが適しています。

通気口のカビは「急須ブラシ」でごっそり落とす

通気口は脱衣所が近いのでホコリがたまりやすく、湿気でカビができやすいんです。通気口の掃除には急須注ぎ口用ブラシが便利。ホコリをとって、カビとりスプレーを噴射するだけで黒くたまった汚れを落とせます。

STEP1:急須ブラシでこする

ブラシでホコリを取り、カビに洗剤を届きやすくすします。

STEP2:カビとりスプレーをシュッ

スプレーしたらあとは放置して、浴室に流すだけでサッパリしました。

以上、年末の大掃除で試してほしい掃除ワザの紹介でした。諦めていた汚れもスッキリ落として、お家をもっと心地いい空間にしましょう。