自動車整備工場からゲットした
ボンネットでガチキズ検証!

10円パンチほどのキズの直しでも、板金塗装に出すと結構な額面になってしまいます。そこで試してみたいのがキズ消しグッズです。どれを使っても修理に出すより安いのは確か。キズ消し9製品の真価を探るべく、自動車整備工場から格安で譲ってもらったボンネットにキズをつけて、実際に効果があるのかないのか、確かめてみました。

ただ、キズ消しグッズをよく見ると、「洗車キズ」や「ちょっとしたスリキズ」など、消せるのは控えめなキズだけと断り書きがビッシリ書いているものほとんど。果たして、効き目やいかに……?

[テスト方法]
日常で付けがちな車のキズ3種を再現し、9製品のビフォア・アフターを比較。作業のしやすさもチェックしています。


①ブロックにこすった!
幅の狭い深いキズ

自動車整備工場からゲットしたボンネットでガチキズ検証!

死角で見えなかったブロックにこすった状況を再現すべく、石をこすりつけて検証しました。

②10円パンチ!
幅が広めの深いキズ

自動車整備工場からゲットしたボンネットでガチキズ検証!

古典的な嫌がらせのひとつ、10円パンチを再現しました。


③樹木などの擦れ
幅が狭い浅いキズ

自動車整備工場からゲットしたボンネットでガチキズ検証!

植物などにこすった際にできる浅めのキズ。ドライバーを弱めに当てて再現しています

作業時間に仕上がりも文句なし!
優秀グッズはキズペン

ソフト99コーポレーション:99工房 キズペン:カー用品

ソフト99コーポレーション
99工房 キズペン
実勢価格:597円

製品タイプ:固形ペン

[テストの結果]

作業時間に仕上がりも文句なし!優秀グッズはキズペン

幅のあるキズ、10円パンチ、深めのキズもカンペキとは言えませんが、かなり見えにくくなっています。作業時間が短く済むし、仕上がりも申し分なし。初心者にオススメです。

作業時間に仕上がりも文句なし!優秀グッズはキズペン

キズにクレヨンを塗るように使います。作業は極めてラク。

作業時間に仕上がりも文句なし!優秀グッズはキズペン

黒でも「ブラック」と「つや消しブラック」の2種類。車のカラーに合わせて選びましょう。

コンパウンド系ならコレ
AUGの全色対応モデル

アウグ(AUG) キズ取りマイクロコンパウンド:カー用品

アウグ(AUG)
キズ取りマイクロコンパウンド
F-25
実勢価格:513円

製品タイプ:コンパウンド


こちらの商品はリニューアル製品が出ています

アウグ(AUG) キズ取りマイクロコンパウンド:カー用品

※画像はAmazonより

アウグ(AUG)
キズ取りマイクロコンパウンド
AD-19
実勢価格:513円

製品タイプ:コンパウンド
内容量:80g

[テストの結果]

コンパウンド系ならコレAUGの全色対応モデル

深めのキズはくっきりと残ってしまっています。リカバーするのは難しい印象。仕上がりではキズも見えますが、角度によってはほとんど見えなくなることも。

コンパウンド系ならコレAUGの全色対応モデル

トロトロとした液体タイプのコンパウンド。専用のスポンジ付きです。

コンパウンド系ならコレAUGの全色対応モデル

液体をつける→磨く→拭き取る……このループを延々繰り返します。

キズを埋めて消すノーコンパウンド
無難な仕上がりのプロスタッフ

プロスタッフ(Pro Staff):魁 磨き塾 スリキズ消しポリマー:カー用品

プロスタッフ(Pro Staff)
魁 磨き塾 スリキズ消しポリマー
実勢価格:907円

製品タイプ:ポリマー2種
※Amazonあわせ買い価格です

[テストの結果]

キズを埋めて消すノーコンパウンド無難な仕上がりのプロスタッフ

くすみやスリキズ用とのこと。浅いキズにはしっかり効きましたが、深いキズは結構残ってしまっています。

キズを埋めて消すノーコンパウンド無難な仕上がりのプロスタッフ

コーティング車にも使えます。効果が見られたAUGとは液体の様子も匂いもソックリ。

キズを埋めて消すノーコンパウンド無難な仕上がりのプロスタッフ

研磨剤のコンパウンド系ではないとのことで、ガシガシ磨く気になれます。

C評価: コンパウンド系の3本セット
ホルツは忍耐が必要!

武蔵ホルト:ホルツ コンパウンド・ミニセット MH-926:カー用品

武蔵ホルト
ホルツ コンパウンド・ミニセット
MH-926
実勢価格:680円

製品タイプ:コンパウンド

[テストの結果]

C評価: コンパウンド系の3本セットホルツは忍耐が必要!

コンパウンドをつけてひたすら磨きます。忍耐が必要な作業でしたが、深いキズ、幅広のキズ、浅いキズをかなり見えにくくすることはできています。

C評価: コンパウンド系の3本セットホルツは忍耐が必要!

サビ落としなどの下地処理から磨きまで、3本を使い分ける必要があります。

C評価: コンパウンド系の3本セットホルツは忍耐が必要!

粒子が細かい研磨剤。液状のコンパウンドを出し、キズにこすりつけていくため、浅いキズには効き目あり。パケ裏には注意書きがビッシリと書かれています。

C評価: 浅いキズにはなぜか弱い?
プロスタッフ

プロスタッフ(Pro Staff):キズ消し三兄弟:カー用品

プロスタッフ(Pro Staff)
キズ消し三兄弟
実勢価格:980円

製品タイプ:コンパウンド

[テストの結果]

C評価: 浅いキズにはなぜか弱い?プロスタッフ

深い傷も少し消えましたが、なぜか③の浅いキズが残ってしまっています。

C評価: 浅いキズにはなぜか弱い?プロスタッフ

セット内容はホルツとほぼ同じですだが、こちらはクロス付き。初心者にはおすすめです。

C評価: 浅いキズにはなぜか弱い?プロスタッフ

成分はホルツとほとんど一緒ですが、こちらの方が深いキズを消せました。

D評価: ヤスリがけが必須で
難度が高いスマートビジョン

スマートビジョン:QUIXX 塗装面用キズリペアシステム:カー用品

スマートビジョン
QUIXX 塗装面用キズリペアシステム
実勢価格:2859円

製品タイプ:非コンパウンド

[テストの結果]

D評価: ヤスリがけが必須で難度が高いスマートビジョン

角度によってはキズが消えたかのように見えますが、キズ消し効果はほんのわずか。

D評価: ヤスリがけが必須で難度が高いスマートビジョン

研磨剤ではなく、塗装を塑性変形させてキズを消す仕様とのこと。

D評価: ヤスリがけが必須で難度が高いスマートビジョン

下手にやるとキズが広がりそうで怖いヤスリがけ。ビギナーは避けたほうが無難かもしれません。

D評価: キズが本当に消えた?
留保をつけたいカーメイト

カーメイト(CARMATE):キズ消し コンパウンドセット:カー用品

カーメイト(CARMATE)
キズ消し
コンパウンドセット
実勢価格:1027円

製品タイプ:コンパウンド

[テストの結果]

D評価: キズが本当に消えた?留保をつけたいカーメイト

アフターを見比べてもキズの状態にはほぼ変化なし。コンパウンド向けのスポンジを使うとどうなるか、試したいところです。

D評価: キズが本当に消えた?留保をつけたいカーメイト

成分にアルカリ性と表記があったのはこの製品だけでした。ウエスに液体をつけると染みこんでしまうので、適量の塗布は難度が高かったです。

D評価: 同じペン型でも評価は段違い
完全に消せないスマートペン

イーチャンス(e-chance):スマートペン:カー用品

イーチャンス(e-chance)
スマートペン
実勢価格:3480円

製品タイプ:液体ペン

[テストの結果]

D評価: 同じペン型でも評価は段違い完全に消せないスマートペン

塗ってすぐは消えたように見えたのですが……何と、時間が経つとキズが戻っていました。

D評価: 同じペン型でも評価は段違い完全に消せないスマートペン

シンナー系の匂いがある、液体タイプ。ペン型なので使い勝手は上々です。

D評価: 同じペン型でも評価は段違い完全に消せないスマートペン

塗ったところを綿棒でなぞると、塗料らしき色がつきました。

D評価: シートでキズを隠す変化球系
仕上がりが不安なソフト90

ソフト99コーポレーション:ソフト99 ボディスリキズ貼るだけシート:カー用品

ソフト99コーポレーション
ソフト99
ボディスリキズ貼るだけシート
実勢価格:802円

製品タイプ:シール
※Amazonあわせ買い価格です

[テストの結果]

D評価: シートでキズを隠す変化球系仕上がりが不安なソフト90

0.04mmの極薄シートですが、これで隠せる気がまったくしません!

D評価: シートでキズを隠す変化球系仕上がりが不安なソフト90

シールをペタリとするだけなので、全製品中でもっとも手間がかからないのはメリット。ボディに近い色も見つかりましたが、シールを貼っていることはどうしても目立ってしまいます。

コンパウンド系がポピュラーですが
初心者にはペン型がおすすめ!

今回もっともキズ消し効果を感じたのはソフト99のキズペンでした。クレヨンの形状でキズをペンで塗るようにして使うもので、深い傷も遠目では目立たなくすることができました。ただ、ペンとボディカラーの相性が影響したとも考えられるので、すべてのクルマに合うかの汎用性は未知数です。

キズ消し製品に一番多いのは、コンパウンド系といわれる粒子が細かい研磨剤。いわば、クリーム状や液状のヤスリです。細かい傷にはかなり効果を発揮しましたが、深いキズを消すのは難しいものがありました。

それぞれの仕上がりを見ると、深いキズでも角度によっては消えたように見えるものが多数ありました。結局、キズは「消す」のではなく、「見えづらくして隠す」程度と考えたほうがいいかもしれません。「キズ消し」をうたっている製品を使っても、過信は禁物と言えるでしょう。では最後に、キズ消しの極意3か条をご紹介!

キズ消しの極意1
ペン型が楽で仕上がりよし!

コンパウンド系がポピュラーですが初心者にはペン型がおすすめ!

本記事はあくまでも初心者向けなので、やりやすさの観点からペン型をご推奨。もっときれいに仕上げたいという欲が出てきたら、コンパウンド系での磨き作業を極めていきましょう。

キズ消しの極意2
コンパウンド系は慣れが必要です

キズ消しの極意2コンパウンド系は慣れが必要です

キズ消し製品で最も多いのが、粒子が細かい研磨剤のコンパウンド系。粒子の細かさやボディ色に合わせた製品の選択など、考慮すべき点が多いですし、慣れないうちは逆にキズや曇りが付くことも。スポンジにゴミが付いていたために傷だらけになることもあるので注意です。初心者なら、スポンジが付属して用途が決まっているものを選びたいところです。

キズ消しの極意2コンパウンド系は慣れが必要です

キズ消しの極意3
深いキズを消すのは難しい!

キズ消しはプロの仕事! 今回試した製品は、ほとんどが洗車キズ程度の浅いキズを目立たなくするもの。ボディをえぐったようなキズは消すことができないので、DIYはあきらめて板金屋への依頼も視野に入れましょう。


360.lifeは、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。