<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年8月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

老け&不調のお悩みに!“コレだけやっとこ”習慣

ぽっこり下腹や肩コリ、たるんだお尻に顔のシミ……。年を重ねて気になり始めたカラダの異変はありませんか? そんな、ちょっとした老化や不調の悩みを解決すべく、雑誌『LDK』が「コレだけやっとこ! ルーティーン」をお届け!

お金も手間もかけず、無理なく今日からマネできることだけを厳選した、プロお墨付きの方法です。

痛みがつらい肩こりに!おすすめスティック湿布薬6選

肩こりの原因はさまざまですが、もっとも多いのは、首まわりの筋肉が日々のストレスにより知らず識らずのうちの緊張して縮こまっているため。そのため血行が悪くなり、老廃物も溜まって痛みがおきています。

ガチガチに固まった肩こりに、ついやってしまいがちなのが、ツボ押しグッズでグリグリと筋肉を押しつぶすこと。実は、肩こりをピンポイントで押しまくるのは、かえって危険なんです!

コレだけやっとこ1:痛いときはガマンせずに湿布薬を

肩こりはまず、痛みを和らげるのが先決。まずはガマンせずに湿布薬に頼りましょう。血行がよくなり痛みが改善します。ラクになったら徐々に動かしましょう。

コレだけやっとこ2:簡単ストレッチで固まった首すじを伸ばそう

たかがストレッチですが、筋肉は縮むと痛み、伸ばすとラクになる性質があります。伸ばすことが根本から改善する第一歩です。

今回は、薄着でもつけているとバレない「スティックタイプ湿布薬」6製品を検証。「成分」「塗りやすさ」「ニオイ」の3項目でチェックしました。

湿布臭くなくて使いやすいおすすめのスティックタイプ湿布薬はこちらです!

外出先でサッと塗れる!久光製薬「フェイタスチックEX」

久光製薬
フェイタスチックEX(第2類医薬品)
実勢価格:1925円

▼検証結果
成分   :◎+
塗りやすさ:◎+
ニオイ  :◎+


最も高評価なA+を獲得したのは、久光製薬「フェイタスチックEX」。メントール感が気持ちよく、塗るとすぐに痛みが和らぎます。

スルスル塗れる固形タイプなので、液ダレの心配はありません。服に薬がつくのを気にすることなく、外出先でも服を着たままサッと塗れますよ。画期的すぎる使い心地は、編集部がざわつくほどでした! 効果が切れたらどこでもすぐに塗り直せるのは嬉しいですね。

こちらは今回低評価だったアンメルツレディーナ。肌につけると液がドバッと出てきて、服に染みてしまう恐れがあります。

コロコロが気持ちいい!ニチバン「ロイヒクリームフェルビ」

ニチバン
ロイヒクリームフェルビ(第2類医薬品)
実勢価格:2695円

▼検証結果
成分   :◎+
塗りやすさ:◎+
ニオイ  :◎


ニチバン「ロイヒクリームフェルビ」は、ヘッドには金属ボールが入っています。これが塗るたびにコロコロ当たってと当たってすごく塗り心地がいいんです! お値段はちょっと高めですが、こちらもおすすめですよ。

肩甲骨までしっかり塗れる!小林製薬「アンメルツNEO ロング」

小林製薬
アンメルツNEO ロング(第2類医薬品)
実勢価格:1338円

▼検証結果
成分   :◎+
塗りやすさ:◎
ニオイ  :○


小林製薬「アンメルツNEO ロング」は、その名の通り長いネックが特徴。肩甲骨までしっかり届いて便利です。

少しニオイが気になる…大鵬製薬「ゼノールエクサムFX」

大鵬製薬
ゼノールエクサムFX(第2類医薬品)
実勢価格:1265円

▼検証結果
成分   :◎+
塗りやすさ:◎+
ニオイ  :△


大鵬製薬「ゼノールエクサムFX」は、成分と塗りやすさは花丸評価でしたが、ニオイがネック…。湿布臭くはないのですが、人工的な花の香りが気になりました。

まっすぐネックで背中まで届かない「ボルタレンACローション」

グラクソ・スミスライン・コンシュマー・ジャパン
ボルタレンACローション(第2類医薬品)
実勢価格:1505円

▼検証結果
成分   :◎+
塗りやすさ:○
ニオイ  :○


グラクソ・スミスライン・コンシュマー・ジャパン「ボルタレンACローション」は、成分は花丸評価! 塗りやすさ・ニオイも悪くないのですが、ネックがストレートなので、背中は自分では塗れません。

C評価: 液ダレもが多いのが気になる小林製薬「アンメルツ レディーナ」

小林製薬
アンメルツ レディーナ(第3類医薬品)
実勢価格:660円

▼検証結果
成分   :○
塗りやすさ:△
ニオイ  :△


小林製薬「アンメルツ レディーナ」は、効き目の強い成分が入っておらず、今回の検証では最も低評価となってしまいました。液ダレが多いのも気になります。

以上、使いやすい「スティックタイプの湿布薬」の紹介でした!

肩こりの原因のひとつは、筋肉の緊張によって起こる血行不良。肩こりに悩む女性の80~90%は、ストレスがその発端と言われています。痛みを我慢し続けるとさらにストレスが増し、四十肩やうつ病にまでなってしまうことも。

湿布薬では根本的な治療はできませんが、まずは痛みをとることが大事です。辛いときは我慢せずに、スティックタイプ湿布薬で少しでも痛みを和らげましょう!