※本記事は過去に配信した記事を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

キッチンカチカチのバターは
なかなか削れず塗りにくい

トーストしたてのパンには、熱々のうちにバターを塗って食べたいですよね。

でも、冷蔵庫から取り出したばかりのバターはカチカチで削りにくい…。だからといって、バターを室温に戻している間に、パンは冷めてしまいます。

しかも、一般的な先の尖った形のバターナイフって、うまく削ることができないもどかしさ、ありませんか。

最近、形が改良されて、使いやすくなったバターナイフがでてきているんです。

室温に戻る時間を待つこともなく、薄く広く削れてパンに塗りやすい! 毎朝使うものだから、ストレスのないバターナイフ、使いたいですよね。

でもどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、8製品をピックアップし、「削りやすさ」と「塗りやすさ」に注目してテストしました。

その結果、もっともオススメだったのはこちらでした。

記事1位BESTほどよい厚さにフワッと
削れる「アイデアセキカワ」

アイデアセキカワ
アルミふわとろバターナイフ
実勢価格:880円

▼テスト結果
削りやすさ :★★★★☆
塗りやすさ :★★★★☆


第1位はアイデアセキカワの「アルミふわとろバターナイフ」です。一見普通のナイフですが、手の熱でほんのりあたたかくなるバターナイフ。冷蔵庫から出したばかりのかたいバターも、スムーズにカットできました。

ほどよくバターを削れるギザギザの刃と、パンに塗りやすい柄の角度が優秀です。

ポイント①:柄の角度が小さく塗りやすい!

絶妙な角度で手にフィットします。ゆるやかな傾斜で力が入れやすく、角度がありすぎないからパンにも塗りやすい点が高評価でした。

ポイント②:ギザギザ刃で広く削れる!

自然ととろけるフワッと感がナイス! ゆるやかな波打ち刃が、ちょうどいい厚さでバターを広く削り取ってくれます。

▼詳しい検証方法やランキングはこちらでご紹介しています。

ぜひ記事を参考にしてみてくださいね。