<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン床に直置きだと
奥のものは眠るだけです

調理器具や調味料、食材ストック……何かとものが増えてしまうキッチンスペース。コンロ下には特売で買った調味料や重たい鍋が眠ったままになっていませんか。

コンロ下はシンク下のように排水管もなく奥行きも活用が可能です。ただ、せっかくスペースがあるのに、いちいちかがまないと取り出せないので引き出しがおっくうになりがち。空間を使いきれていないことが多いんです。

【こんなことありませんか?】
・奥にあるものが取り出しにくい
・何を置いたかわかりづらい
・空間を使い切れず、重ねて詰め置き


手の届く範囲で取り出せる収納アイテムにチェンジすると、この悩みが解決できます!

キッチンコロ付きかコロ付きじゃないか
ストレスが全然違います

ポイントは「ラクに引き出せること」。シンク下やコンロ下スペースに置くストッカーは、キャスター付きでコロコロ転がせるものが便利です。

コロ付きなら背の高い調味料も倒れる心配なし!

直置きだと倒れてしまう調味料もストッカーに収納すれば倒れません。コロコロがあればラクに引き出せ、ストックの把握もしやすくなります。

コロ付きなら立ったままでも奥のものが確認しやすい

かがまず立ったままでOK!片手でラクに引き出せます。ストレスが減り、散らかりリバウンドもしません。

コロなしBOXだといちいち面倒

同じストッカーでもコロコロが付いていないと、奥のものを取り出すためには、かがんでのぞき込むか、カゴを引き出す必要があります。奥に置いたものが取り出しにくく、結局は入れたまま眠らせる原因にも。

キッチンコロ付きボックス4製品を比較
使い勝手がいいのはどれ?

数が増えがちなフライパンや鍋ブタもラクに収納でき、調味料も衛生的に保管できる便利なコロ付きストッカー。どんな物が使い勝手がいいのでしょうか。今回はテストする女性誌『LDK』がネットで人気の4製品を比べてみました!

評価ポイントは「収納力」「シンク下からの出し入れのしやすさ」「モノの取り出しやすさ」の3点。おすすめ順に紹介します!

A+引き出しやすさ抜群!
イノマタ化学のシンク下ストッカー

イノマタ化学
シンク下ストッカー
キャスター付
実勢価格:866円

サイズ:W15.7×D46.0×H27.0cm

▼検証結果

  • 収納力 : ○
  • 出し入れ: ◎
  • 取り出し: ◎

イノマタ化学のシンク下ストッカーはハンドル付きのうえ、4隅にキャスターが付いているので、かがまずに少しの力で引き出し可能。底部がフラットなのでデッドスペースがなく収納しやすく、使いやすいボックスです。

手前のハンドルと奥の持ち手で、持ち上げもラクラクです!引き出しやすいハンドル付きが高評価でした。

A評価収納量なら群を抜く
高さが光るエビスのストッカー

エビス
流し下ストッカー
HS-360
実勢価格:767円

サイズ:W15×D46×H27.6cm

▼検証結果

  • 収納力 : ◎
  • 出し入れ: ○
  • 取り出し: ○

エビスの流し下ストッカーは収納量にこだわるなら、エビス「流し下ストッカーHS-360」がおすすめ。手前を持ち上げて引き出すタイプで、高さがあるので、背の高いボトル類もスッキリ収納できます。

奥側にキャスターを2個備えています。

B評価ワイドで出し入れしやすい
ニトリのコロつきストッカー

ニトリ
コロつきストッカー
実勢価格:513円

サイズ:W20.0×D34.0×H21.0cm

▼検証結果

  • 収納力 : △
  • 出し入れ: ◎
  • 取り出し: ○

ニトリのコロつきストッカーワイドは幅で奥付きが狭い作りのストッカー。フライパンのような大物収納に最適です。奥と手前で高さが違うので、背の高いものは奥に収納し、背の低いものは手前に置くという使い分けが必要です。

横幅が広さを活用すると便利です。

B評価鍋ブタが便利にしまえる
パール金属のシンク下ストッカー

パール金属
シンク下ストッカー
実勢価格:1087円

サイズ:W15.0×D44.5×H25.5cm

▼検証結果

  • 収納力 : ○
  • 出し入れ: ○
  • 取り出し: ○

パール金属のシンク下ストッカーは側面に凹みが特徴で、鍋ブタの収納に便利なストッカーです。鍋ブタのつまみを凹みに引っ掛けて使います。

今回の4製品の中では側面に凹みがあるのはコレだけでした。

以上、コンロ下におすすめのコロ付きボックスの紹介でした。

同じアイテムでも選び方次第で毎日のストレスを軽減できます。自分や家族の生活や動きに合わせて、使っていて心地いいと思えるアイテムを選んでくださいね。