スマホの定位置が決まると
車内がめっちゃ快適になります

イマイチ安定した置き場所がなく、運転中にカーブやブレーキのたびに足元にすべり落ちてしまうスマホ。カーナビとして使う場合も不安定だとストレスを感じてしまいますよね。

こんなふうに充電していると、不安定この上ありません。

そこで登場するのが車載ホルダーです。これまでは両サイドのツメでガッチリとスマホ本体を固定する「オートホールド式」が主流でした。しかし、最近人気なのが強力なマグネットで固定するタイプの車載ホルダーです。

マグネットなので、何と言ってもセットするのが簡単。それでいて、運転中も安定感抜群となれば、その人気もうなずけます。今回は、そんなマグネット式車載ホルダーの中で人気の4製品を比較。ベストな1台を探りました。

その結果、見事に使いやすいとNo.1評価となったのが、こちらのモデルでした。

「メタルなアレ」が
便利すぎるんですよ

スマホの背面にメタルプレートを貼り付け、本体のマグネットとひっつける仕組みの本製品。大きめのメタルプレートと強力なマグネットで、縦横上下左右の角度を変えても安定感に不安はありません。

本体は、3Mの粘着テープで車体に貼付けるのでこちらもガッチリ。ちなみに、メタルプレートを直接スマホに貼りたくない場合は、スマホケースの裏側に貼っても大丈夫です。

Mag-tek
マグネット式スマホ タブレット
車載ホルダーMGTK-201
実勢価格:1980円

スマホに貼り付けたメタルプレートが、本体に吸い付くようにカチッと貼り付いて、パカっとワンタッチで取り外せます。オートホールド式よりも片手で付け外しができてラクラクです。

ボールマウント構造なので、向きも自由自在に変えられます。

今回、比較した4製品の結果はこちらの通りです。

マグネット式の車載ホルダーを選ぶポイントは、スマホの背面に取り付けるメタルプレートと本体のマグネットの大きさです。メタルプレートが大きく設置面積が広いほど装着力が高く、取り回しやすい傾向がありました。そういった意味でも、Mag-tekが中でも一番使いやすく高評価でした。

スマホにメタルシールを貼る必要があるので、それはちょっと……という方にはおすすめできませんが、まあ別にいいよ、というならば、この機会に、ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか?