自動車洗車は時間がかかって面倒……
でもしないとデメリットが多い

洗車は時間がかかって面倒……でもしないとデメリットが多い

車は乗っているうちに汚れていくもの。洗車のサイクルは人それぞれでしょうが、シャンプーしてスポンジで洗って水をかけてコーティングしてと、とにかく時間も手間もかかりますよね。でも、車を汚れたままにしていると、キズやサビが発生することもあります。一方、愛車が綺麗だと、丁寧に扱おうという気持ちになって乱暴な運転をしなくなり、安全運転に努める嬉しい副作用も。さらに売却するときの査定時に、買取価格がアップすることも期待できます。

自動車ラクラク洗車グッズを使って
愛車を「YHT」しましょう!

ラクラク洗車グッズを使って愛車を「YHT」しましょう!

とはいえ、手洗い洗車は時間も手間もかかり、水もかかってイヤ! という人も多いのではないかと思います。かといって毎回ガソリンスタンドの洗車機を利用してはコスパが悪い…。

そんな、ラクさを追求する人こそ今回紹介する「洗車グッズ3点セット」がぴったり。スプレーして拭くだけで、汚れ落とし(Y)撥水(H)、そしてツヤ出し(T)という洗車の「YHT」が一気にできる便利なグッズなんです。

ラクラク洗車グッズを使って愛車を「YHT」しましょう!

オートバックス
らくらく電動シャワー
実勢価格:2158円

ラクラク洗車グッズを使って愛車を「YHT」しましょう!


プロスタッフ
CCウォーター
クリーンコーティング
S169
実勢価格:2200円

ラクラク洗車グッズを使って愛車を「YHT」しましょう!

シーシーアイ
撥水ガラスクリーナー
実勢価格:1082円

この3点セットがあれば軽い汚れ落とし、撥水、ツヤ出しが一気にできて、面倒な洗車が短時間で終了します!

汚れ落としはスイッチを押すだけ

汚れ落としはスイッチを押すだけ

まずはオートバックス「らくらく電動シャワー」で、ボディやウインド上のホコリを流しましょう。手元のボタンを押すと、電動で放水されます。ノズルを回せばストレート水流、シャワー水流、噴霧に切り替えられるのも便利。何より手動で加圧しなくていいので楽チンです。水道がない場所でも使いやすいのもGOOD!

ボディもウインドもスプレーして拭くだけ

ボディもウインドもスプレーして拭くだけ

ボディやウインド上のホコリを流したら、次はスプレーして拭くだけです。「CCウォーター」はボディやウインドウなどに、ウインドウには「撥水ガラスクリーナー」をスプレーしてクロスで拭きましょう。これで洗車は完了!

ボディは水を弾きツヤが出てくる!

ボディは水を弾きツヤが出てくる!

「CCウォーター」をスプレーして付属のクロスで拭き上げたしたボディは、ベタッとしていた水が水玉に変わり、気持ちよく流れるようになります。これは、洗浄成分の力でさらに汚れが落ち、コーティング被膜が形成されるためです。繰り返し使うと、深いツヤが増していきます。ちなみにウインドウ、ホイール、ダッシュボードにも使用できます。

ウインドウも雨を弾き視界が開けた!

ウインドウも雨を弾き視界が開けた!

「撥水ガラスクリーナー」をスプレーしてクロスで拭き上げたウインドウも、水を流すと勢いよく流れていき、水滴が残りにくくなりました。こちらも汚れや油膜を落とすと同時に撥水コーティングされたためです。ちなみに解氷機能もあるので、雪が降ったときにも便利です。

「らくらく洗車グッズ」を活用すれば、「①ホコリを流す → ②スプレーする → ③クロスで拭く」という3ステップで洗車が完了します。こんなにラクでいいの!? というぐらい時間も手間もかからないのに車はキレイになります。また水が撥水されるのは、見ていてすごく気持ちが良いものです。定期的に行ってコーティング被膜を持続させ、汚れを付きにくくしましょう

いつもキレイな車ならドライブも楽しくなりますよ!