マスカラでできたダマ、
なんとかならないかな?

きれいに塗ったつもりでも、まつ毛の先端にどうしてもできてしまうマスカラの「ダマ」。マスカラブラシで何度とかしても、液体がたっぷりついたブラシでは、ダマが取れるどころかまつ毛が束になって逆効果です。

巷ではマスカラコームやダマ取り専用コームも売っていますが、持っている人は意外と少ないのでは?

実は、マスカラコームやダマ取り専用コームなどを使わなくても、もっと簡単に手に入って、コスパもいいものがあるってご存知でしたか? それを使えばダマをなくしてくれる上に、まつ毛をキレイにセパレートしてくれるんです。

なんとその正体は……ドラッグストアにも売っている歯間ブラシなんです!

[A評価]マスカラのダマを取るのは
毛の細い歯間ブラシが正解!

えっ、歯間ブラシ? と思った人もいるかもしれませんが、これが実はとーっても使えるんです! YouTubeなどの動画で一時期話題になったアイデアでもあります。

毛が細くて短い歯間ブラシは、まつ毛の1本1本にフィットし、ダマが取れるばかりでなく、まつ毛をキレイに整えてくれます。

そこで、一番相性がいい歯間ブラシはどれだ? ということで、今回「マスカラのダマ取りに最適な」歯間ブラシを比較してみました。

ベストに選ばれたのは、WiNの歯間ブラシです。価格も15本入りで300円を切る安さ。これなら惜しげなく使えます!

WiN:歯間ブラシSSSサイズ  15本入り:歯間ブラシ

WiN
歯間ブラシSSSサイズ 15本入り
購入価格:267円

使い方は、マスカラが乾ききる前にまつ毛に沿わせるようにして溶かすだけ。歯間ブラシの毛先がまつ毛の1本1本に入り、マスカラでくっついたまつ毛を離し、ダマを取ってくれます。

[マスカラブラシでダマを取ろうと試みたまつ毛]

[歯間ブラシで溶かしたまつ毛]

なお、他のタイプの歯間ブラシでも試してみたので、そちらの結果もご覧ください!

[B評価]歯間に使うなら
使いやすそうな形状

次に試してみたのが、ライオンのシステマ歯間ブラシです。

システマの超極細タイプは、持ち手とブラシ部分に90度の角度がついていて、ブラシ部分が長くて使いやすそう!と思いました

でも結果は、まつ毛に使うにはブラシ部分が長くて使いにくく、思ったような結果ではなかったのが残念でした。本来の目的である歯間に使うなら使いやすそうです。

LION:システマ歯間ブラシ 超極細タイプ 8本入り:歯間ブラシ

LION
システマ歯間ブラシ 超極細タイプ 8本入り
実勢価格:348円

[B評価]ゴムのブラシは
まつ毛をすくいきれない

次に試したのは、小林製薬のやわらか歯間ブラシです。

小林製薬はブラシ部分がゴムでできているのですが、実際使ってみると、短いゴムのブラシはまつ毛に絡まず、とかしきれませんでした。

小林製薬:やわらか歯間ブラシ 極細タイプ 20本入り:歯間ブラシ

小林製薬
やわらか歯間ブラシ 極細タイプ 20本入り
実勢価格:448円

そもそもまつ毛をとかしきれませんでした……。

※ご注意:歯間ブラシを使ったダマ取りは、製品の本来の用途ではないためメーカーは推奨していません。ご了承ください。

以上、まつ毛のダマ取りについてご紹介しました。マスカラのダマを取るなら、WINの歯間ブラシSSSサイズが一番! ダマが取れて仕上がりもきれいですよ!