手帳はペンで書き込むことで
かえって見づらくなるんです!

黒いペンでスケジュール帳に予定を書き込んでいくと、かえって見にくくなってしまって、予定を把握しづらくなり、だんだん何も書き込まなくなっていく……。なんて経験はありませんか? そこで今回は、ペンの代わりにもなりつつ、スケジュール帳をかわいくデコれるアイテムを4つご紹介します。

手帳はペンで書き込むことでかえって見づらくなるんです!

黒ペンだけだと予定確認が面倒になりがちですが......。

手帳はペンで書き込むことでかえって見づらくなるんです!

4アイテムを使うことで見やすくかわいい仕上がりになりました!

それでは早速、4つのアイテムをご紹介したいところですが、その前に手帳が長続きする簡単なコツをお伝えします。

手帳書きを長続きさせるのは
「見やすい」&「続けやすさ」

ポイントは、いかに見やすく、続けやすい使い方をするということです。黒ペンだけで書き込むと全体がごちゃごちゃして、書くスペースが埋まって書けなくなります。でもペンの代わりにスタンプやシールを使うことで手間もかからず、全体的にスケジュールが把握しやすい仕上がりになるんです。

手帳書きを長続きさせるのは「見やすい」&「続けやすさ」

予定と場所、時間を書くと、すぐにひとマスがいっぱいになりがちです。

手帳書きを長続きさせるのは「見やすい」&「続けやすさ」

でも、ペンで書く代わりにスタンプやシールを「押すだけ」&「貼るだけ」で予定も見やすくなります! その上、手間なく書き込めるので気負わず、手帳管理が習慣化できます。


さて、スケジュール帳のコツがわかったところで、手帳を激変させる文房具4選をご紹介しましょう。

毎週の予定は書く必要なし!
スタンプを押すだけでOKです

5つの柄がセットになったスタンプ。スタンプ台いらずで、ペンケースにもスッキリ入ります。軽いタッチで押せるところも素晴らしい!

マインドウェイブ:ジョイントスタンプ:スタンプ

マインドウェイブ
ジョイントスタンプ
購入価格:594円

ポイントは通院や塾など日々の予定に合う柄が豊富なところです。

毎週の予定は書く必要なし!スタンプを押すだけでOKです

例えば右から2番目の「ごはん」を連想させる柄は「パパのごはんがいらない日」として使っています。自分の予定にアレンジしてもOKです。

また、通院の予定や、子どもの塾など毎週ある予定を書き込むのは面倒でも、スタンプをポンと押すだけでOKなので楽チンです。

毎週の予定は書く必要なし!スタンプを押すだけでOKです

押すだけで目印になるスタンプを使えば手軽に完結できます。これなら他の予定を調整するときに、うっかり見落とす心配もありません。

なお、「ジョイントスタンプ」と同じような商品「ポンプラン」も使ってみましたが、こちらは力を入れて押さないと色がかすれ、柄が見えにくい仕上がりに。スタンプのパーツが別売りでコスパもイマイチでした。

シヤチハタ:ポンプラン:シャチハタ

シヤチハタ
ポンプラン
購入価格 1512円
(トップ&ボトム:216円、パーツ:各324円)

毎週の予定は書く必要なし!スタンプを押すだけでOKです

押すのに時間がかかるのがちょっと惜しいです。

具体的な予定はシールを活用!
「貼ってはがせる」タイプが便利

スタンプではまかなえない「買い物」など特別な予定はシールを活用するのがおすすめです。自分の予定に使いやすい柄が多いものと、日付を囲うシンプルなものの2種類用意するのが良いでしょう。マークスとマインドウェイブの2種は跡が残りにくいので、ぜひ使ってみてください。

マークス:スケジュールステッカー ミニアイコン ポップ:シール

マークス
スケジュールステッカー
ミニアイコン ポップ
購入価格:238円

「買い物」など、特別な予定に使える具体的な柄が多い「マークス」。はがしても跡がつきにくいので、予定を変更したときも安心です。

このように、買い物など具体的な予定はシールだけで表せるので、ぱっと見ただけでわかります。

具体的な予定はシールを活用!「貼ってはがせる」タイプが便利

PCを使うものは一言添えればわかりやすくなります。

また、このようにOKマークを「ネイルの日」として使ってもカワイイです。

具体的な予定はシールを活用!「貼ってはがせる」タイプが便利

予定に合わせて、自分の解釈で使うのも楽しいですね。

ほかには、「Here!」のシールは大事な予定の目印に使えます。

具体的な予定はシールを活用!「貼ってはがせる」タイプが便利

忘れちゃいけない予定に使いましょう。

イラスト系のシールのほかにも、「囲める」シールも使い勝手が良いです。「マインドウェイブ」は日付を囲って目印として使うのに便利です。

マインドウェイブ:スケジュールシール フレーム:シール

マインドウェイブ
スケジュールシール フレーム
購入価格:194円

こちらも貼ってはがせるタイプです。このように、忘れがちな日の予定ににアクセントとして使うことができます。

具体的な予定はシールを活用!「貼ってはがせる」タイプが便利

生理が始まるタイミングやセール開始日など、マークしておかないと忘れてしまいそうな予定にぴったりです。ほかには、こんな使い方もあります。

具体的な予定はシールを活用!「貼ってはがせる」タイプが便利

子どもの運動会など、イベントの翌日はグッタリしてしまいがち。そこで、先に休みたい日を「確保したい日」としてマークして先取りしておけば、その日にうっかり予定をいれなくて済みます。

フィルムふせんを使えば
予定変更も貼り替えるだけでOK!

仮の予定は、ペンで書いてしまうと修正液などで跡が汚くなりますよね。確定していない予定はふせんを貼っておくのが良いでしょう。大きめのふせんは「映画を見た日」など記録しておきたい日用にぴったりです!

グリーティングライフ:カスタムダイアリー デイリーふせん(A5用):ふせん

グリーティングライフ
カスタムダイアリー
デイリーふせん(A5用)
購入価格:410円

スケジュール帳の幅に貼りやすい四角いフィルムふせん。A6やB5版もあり手帳によってサイズを選べます。貼ってはがせるので、確定ではない予定も、変更になったら貼り替えるだけでOKです。

フィルムふせんを使えば予定変更も貼り替えるだけでOK!

もちろん貼り跡も残らないので、キレイに手帳を使えます。

また、このような1日分のマスより大きいサイズのふせんには、こんな使い方もあります。

ミドリ:付せん紙 フィルム〈L〉 ふきだし柄:ふせん

ミドリ
付せん紙 フィルム〈L〉
ふきだし柄
購入価格:410円

ふきだし型なので、枠からはみ出しても、どの日の記録かがわかりやすい仕様です。それだけではなく、フィルムタイプなので他の予定の上に貼っても下の予定が見えて便利です。

フィルムふせんを使えば予定変更も貼り替えるだけでOK!

見た映画など、ちょっとした日々の記録を書くこともできます。

日をまたぐ予定は
デコラッシュがオススメ!

数日にわたる予定は矢印を書くと線が曲がったり、キレイに引きにくいですよね。そんなときにデコラッシュを使えば、カラフルで見やすく華やかになります。ワンポイントとして使ってもよし、1日だけ目立たせてもよしと使い方は様々です。

プラス:デコレーションテープ ワイドデコラッシュ くつろぎトリ:テープ

プラス
デコレーションテープ
ワイドデコラッシュ くつろぎトリ
購入価格:234円

プラス:デコレーションテープ ワイドデコラッシュ まちなみ:テープ

プラス
デコレーションテープ
ワイドデコラッシュ まちなみ
購入価格:226円

プラス:デコレーションテープ ワイドデコラッシュ ドットカラフル:テープ

プラス
デコレーションテープ
ワイドデコラッシュ ドットカラフル
購入価格:233円

数日続く予定にデコラッシュを引けば、パッと見やすくなります。

日をまたぐ予定はデコラッシュがオススメ!

カラフルで華やかになるので、矢印を引くよりもスケジュール帳がかわいくなりますね。

ちなみにおすすめは、通常版より4㎜太いワイドタイプ。

日をまたぐ予定はデコラッシュがオススメ!

絵柄が太いので、目に入りやすいです。

また、デコラッシュを消したいときは、普通の消しゴムでも消えなくはないですが、やはり専用のものの方がおすすめです。

プラス:プチデコラッシュ 専用消しゴム:消しゴム

プラス
プチデコラッシュ 専用消しゴム
購入価格:97円

専用消しゴムの方がデコラッシュを絡みとって、一発で消すことができます。


以上、真っ黒で見づらかったスケジュール帳を、見やすくかわいくする方法をご紹介しました。スタンプやシールなら、字を書くのが苦手な方でも簡単にかわいくデコれるので、きっと今までスケジュール帳を挫折していた人も続けられるはず! ぜひ、気になったアイテムがあったら試してみてください!