食品雑貨【Q1】コーヒーに入れる砂糖に
オススメってある?

コーヒーに入れる砂糖は、甘さが一番マッチするグラニュー糖がオススメです。一方、きび砂糖などはコーヒの風味をジャマしてしまいます。

■グラニュー糖
コーヒーにもっともあう甘さ。これを固めた角砂糖もコーヒーとの相性◎

■きび砂糖
きび砂糖に限らず黒砂糖なども、コーヒーに余計な味わいを足してしまいます。

食品雑貨【Q2】コーヒー用クリームって
どれが美味しいの?

コーヒー用クリームには植物性の油を使う場合と、乳脂肪入りのものがあります。コーヒーが美味しく、まろやかになるのは乳脂肪性のクリームです。植物性のものはチープな味になってしまいます。

こだわりたい人は、購入の前に原材料を確認し、乳脂肪分が含まれているかチェックするといいでしょう。

食品雑貨【Q3】飲むとお腹が
ゆるくなるのはナゼ?

コーヒーの香り成分には、副交感神経を刺激するものが含まれており、消化器官の動きを活発化させます。そのため、便秘気味の方はお通じがよくなり、プラスに働きますが、そうでない場合はお腹がゆるくなることも。

食品雑貨【Q4】歯への着色を
防ぐ方法ある?

なるべくコーヒーが口内にないことが重要。飲んだ後すぐに口をゆすいだり、1回に飲む量を増やし、1日に飲む回数を減らすことで防げます。

食品雑貨【Q5】子どもには
飲ませないほうがいいの?

個人差はありますが、小学校低学年の子どもなら大人の半分は飲んでOK。カフェインは、未熟児の無呼吸症候群の治療に使われることもあります。

大人(一日あたり3杯程度)の半分ぐらいの量が目安です。


以上、意外なコーヒーの真実でした。ぜひ美味しいコーヒータイムの参考にしてみてください。