ホームフレグランス(芳香剤)の基本

「フレグランス」は、大まかにいえば香料、または香料を含んだ芳香剤などの製品のことを指します。

今回はベストの芳香剤を見つけるため、フレグランスのプロに香りやニオイについて教えてもらいました。まずは、間違いやすい芳香剤と消臭剤の違いについて紹介します。

芳香剤とは……

香りの作り方にこだわりが強く、香りで魅せるのが芳香剤です。

MAHO 氏
フレグランスアドバイザー/評香師
MAHO 氏 のコメント

基本的に芳香剤に消臭成分は含まれていません。芳香剤は香りにウエイトを置いたものです。

消臭剤とは……

消臭剤は、ニオイ物質と消臭機能成分で反応を起こして、悪臭を弱めます。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

ニオイ物質と消臭機能成分(お茶の葉エキスなど)が反応することで、悪臭を弱めることができます。

ホーム【種類】芳香剤の主流は大きく6種類

芳香剤は大きく分けて6つのタイプがあります。好みの香りでなんとなく選ぶのではなく、各タイプの異なる特徴を理解して選ぶのがオススメです!

①液体

ドラッグストアにたくさん置いてある液体タイプ。大容量のものが多く、ほとんどが液体をろ紙に吸わせて香らせる方式です。

②ゼリー・ジェル

香らせたい場所にセッティングして、あとは放置するだけでいいゼリー・ジェルタイプ。ビーズやジェルなどがボトルやガラスに入っていて、見た目がカラフルなものが多いです。

③スプレー

スタンダードなスプレータイプは、一番手軽で価格もお手頃。ただし、見た目のおしゃれさは期待できません。

④キャンドル

ドラッグストアよりも、収納雑貨系ショップやホームセンターで売っていることが多いキャンドルタイプ。見映えのいいアイテムがたくさんあります。

⑤ディフューザー

香りだけでなく、インテリアとしての役割も重視している人にオススメのディフューザータイプ。かわいい見た目のものが多く、フラワーが付属している製品もあります。

⑥その他(人感センサー・カード・サシェ)

上記の5タイプのほかに、「人感センサータイプ」や「ストーンにオイルを垂らして香らせるタイプ」、「サシェやカードを吊るして使うタイプ」などがあります。これらは使う場所によって選んでもよいでしょう。

ホーム【選び方】トイレは置き型やスプレータイプでシャボン系の香りがGOOD

クリーンな空間にしておきたいトイレは、清潔さをイメージさせる香りを選ぶと、爽やかな気分で気持ちよく使用できます。また、海や石けんなど、水を連想させる香りがおすすめです!

おすすめタイプ:置き型、スプレー

家族など複数人で使用するトイレは、常に香る置き型や瞬間的に使えるスプレータイプが適しています。

おすすめの香り:シャボン・アクアマリン系

アクア、マリン、シャボン、ソープなど、水を使うトイレだからこそ、水に関連した香りがおすすめです。

MAHO 氏
フレグランスアドバイザー/評香師
MAHO 氏 のコメント

清潔感がある香りがマッチしやすいです!

芳香に加えて抗菌・消臭機能もチェック!

芳香剤は香りで選ぶ人が多いですが、トイレはそれにプラスして抗菌効果や消臭機能付きを選ぶとさらに効果的。キレイを保ちたい場所だからこそ、+αタイプがおすすめです!

ホーム今回のテスト方法

今回は、集めた芳香剤について4項目のテストで採点し、その合計点で順位付けをしました。

テスト1:香りの強さ(5点満点)

開封してすぐに香りを嗅いでチェック。香りが強いほど高評価というわけではなく、ちょうど良い香りの強さのレベル3を最高得点として、香りが強すぎるもの、弱すぎるものの評価ポイントを減点する方法で算出しました。

レベル5:強すぎ レベル4:強い レベル3:はっきり レベル2:ほんのり レベル1:非常にうっすら
1ポイント 2〜4ポイント 5ポイント 2〜4ポイント 1ポイント

テスト2:香りの持続性(5点満点)

ろ紙にフレグランスを1滴垂らして染み込ませ、1時間後の香りをチェック。液体ではないものは、開封してから1時間後の香りを嗅いで持続性を評価しました。

実験開始時と変わらない 強く香りが残っている はっきり香りが残っている うっすら残っている ほとんど香りなし
5ポイント 4ポイント 3ポイント 2ポイント 1ポイント

テスト3:香りの好み

テスト4:見た目・使用感

香りや見た目の好みは、人によってかなり分かれるもの。そこで、編集部内でアンケート調査を実施して5段階で評価しました。また使用感は、開封時のセッティングのしやすさで評価しました。

それではいよいよ、トイレ用芳香剤おすすめランキングの発表です!

第1位“置くだけ”で香り爽やか!見た目も◎|Sawaday 香るStick Healing Stones ピュアサボンの香り

王冠アイコン

小林製薬
「Sawaday 香るStick Healing Stones ピュアサボンの香り」

購入価格:798円(70ml)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
14 3 3 3 5

1位に輝いたのは小林製薬「Sawaday 香るStick Healing Stones ピュアサボンの香り」でした。甘い香りですが爽やかさがあり、トイレには合いそうです。時間がたってもはっきり香るので、持続性も問題ナシ !

ヒーリングストーンが入った容器はオシャレな見た目で、ブルーの色合いもトイレに合っており、見映えも◎。使用感も良好で、万人受けすること間違いなしです。

【香りの強さ】甘い香りがしっかり残ります

重めの甘い香りが残ります。甘い香りは不快にも感じやすいですが、開けた瞬間に嗅いでも不快ではなかったので、香らせたいトイレにはピッタリ!

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

不快ではない重く甘いニオイが残ります。

【香りの持続性】はっきり香りが残り持続性○

1時間後でも、はっきり香りが残った印象です。パッケージにうたわれている「癒やしをイメージしたやさしい香り」は感じられませんでしたが、香り自体は好みという人が多く、高評価でした。

【見た目・使用感】ブルーで爽やか、高級感もあってキュート♡

洗練されたビジュアルが高級さを感じさせる「Sawaday 香るStick Healing Stones ピュアサボンの香り」。ドラッグストアで手軽に買えるものの中では、オシャレさがダントツです! ストーンを入れてオイルを注ぐだけなので、セッティングもラク。

スティックも、液体を吸うと爽やかな水色に変わります!

第2位石けんの香りがイイ!|トイレの消臭元 CLEAN ウォータリーサボン

小林製薬
「トイレの消臭元 CLEAN ウォータリーサボン」

購入価格:415円(400ml)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
12.5 5 1.5 3 3

2位は小林製薬「トイレの消臭元 CLEAN ウォータリーサボン」でした。
クールで爽快な香りが特徴的な、消臭ポリフェノール配合の消臭・芳香剤です。香りは時間がたつと薄く、弱めになりますが、「やさしくてやわらかい香りだ」と好む人が多数でした。

また、ろ紙を引き上げる高さを変えることで、香りの強さを調節することができます。

第3位ふんわりスプレータイプ|消臭力 CLEANMIST フレッシュソープ

エステー
「消臭力 CLEANMIST フレッシュソープ」

購入価格:442円(280ml)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用
12 4 1 3 4

3位はエステー「消臭力 CLEANMIST フレッシュソープ」でした。
シュッと吹けばほんのり香る簡単スプレータイプで、石けんのやわらかくてイイ香りがします。「これで消臭効果もあるなら使いたい」という意見もありました。しかしトイレ専用ではないためか、持続力はあまりありませんでした。

ストッパーは簡単に外せるので、使い勝手は○です。

4位: 強めのソープの香りが激変でまろやかに!|消臭力 トイレ用 アクアソープ

エステー
「消臭力 トイレ用 アクアソープ」

購入価格:239円(400ml)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
11.5 3 2.5 3 3

4位はエステー「消臭力 トイレ用 アクアソープ」でした。
テストでは開封時に強いアロマ臭&刺激感がしましたが、時間がたつと刺激が消えて、ふんわりした香りに変化。不快感は消えて、ほどよいソープの香りになりました。

ふたを上げれば、香りの効果を高めることができます。

4位: やわらかいシャボンがさりげなく香る|アロマミスト クリスタルシャボン

ダイソー
「アロマミスト クリスタルシャボン」

購入価格:110円(240ml)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
11.5 4 1.5 3 3

率4位となったのは、ダイソー「アロマミスト クリスタルシャボン」でした。
「香りが好き」という意見が多かったこちらの商品。開けた直後から香りが薄く、時間が立つとさらに薄くなるので持続性には欠けますが、100均のクオリティとしては最高です。ほんのり弱めの香りだから、芳香剤が苦手な人におすすめ。

スプレーは押しやすく、キャップが引っ掛からないので、使用感も良好です。

6位: マリンフローラルの香りはややクセあり|Sawaday Happy パルファム ラメールノアール

小林製薬
「Sawaday Happy パルファム ラメールノアール」

購入価格:188円(150g)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
11 3 3 2 3

6位は小林製薬「Sawaday Happy パルファム ラメールノアール」でした。
「クセがあってむせかえる」「やや甘い香りで不快さはない」といった具合に、人によって感想が完全に分かれました。強めの香りなので、自分の好みで選びましょう。

香料の主張が強いですが、小さくてかわいい見た目は好評でした。キャップを回しながら上げるだけという使いやすさも○。

6位: 甘みと刺激感のあるサイダーっぽい香り|アロマ ディフューザー (ジョージ スプリッツァー)

ニトリ
「アロマ ディフューザー (ジョージ スプリッツァー)」

購入価格:599円(120ml)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
11 2 3 3 3

6位はニトリ「アロマ ディフューザー (ジョージ スプリッツァー)」でした。
「スプリッツァー」はカクテルの一種ですが、香りのイメージは「ラムネ・サイダー・ソーダっぽいスカッとした香り」と回答した人がほとんどでした。可愛らしいパッケージ&おしゃれなブルーの瓶で、見た目は◎。

使用感の面では、内ふたが固すぎて開けるのが大変なのが残念でした。

6位: 色付きビーズがカワイイ!|キラキラビーズ シャボンの香り

モリトク(セリア)
「キラキラビーズ シャボンの香り」

購入価格:110円(300g)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
11 3 2 2 4

同率6位となったのは、モリトク(セリア)「キラキラビーズ シャボンの香り」でした。
封を開けた瞬間、まず甘ったるさとツンと鼻にくる刺激感がきて、時間が経過しても不快感が残りました。しかし、「トイレに置くには強めでちょうどいいかも」という意見もありました。

香りの強さについては、封を全部はがすのではなく、部分的に残して調節するのもアリです。

6位: マリンスカッシュ感はあんまり…|ビーズの消臭剤 マリンスカッシュ

ダイソー
「ビーズの消臭剤 マリンスカッシュ」

購入価格:110円(300g)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用
11 5 1 2 3

さらに同率6位で並んだのが、ダイソー「ビーズの消臭剤 マリンスカッシュ」でした。
「クサくはないけれど、安っぽい香り」と答えた人がほとんど。強い香りではないので、嫌いではないという人も多かったですが、香り重視の人には不向きかもしれません。

プラをはがしてふたをするだけという使い勝手のよさは好評でした。

10位: トイレの微香スプレー やさしいシャボンの香り

モリトク(セリア)
「トイレの微香スプレー やさしいシャボンの香り」

購入価格:110円(180ml)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
10 3 1 4 2

10位はモリトク(セリア)「トイレの微香スプレー やさしいシャボンの香り」でした。
スプレーの勢いはスゴかったものの、スプレーした瞬間も、少したったあとの残り香も、香りはかすかでした。

11位: トイレの空間消臭スプレー ソープの香り

ダイソー
「トイレの空間消臭スプレー ソープの香り」

購入価格:110円(250ml)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
9.5 4 1.5 3 1

11位はダイソー「トイレの空間消臭スプレー ソープの香り」でした。
あまり香りがなく、加えて見た目もスプレーの押しにくさもイマイチという結果に。

12位: ファブリーズ W消臭 トイレ用 消臭剤+抗菌 ウルトラ・フレッシュ・シャボン

P&Gジャパン
「ファブリーズ W消臭 トイレ用 消臭剤+抗菌 ウルトラ・フレッシュ・シャボン」

購入価格:547円(6ml)

▼評価

合計 香りの強さ 香りの持続性 香りの好み 見た目・使用感
9 1 5 1 2

12位はP&Gジャパン「ファブリーズ W消臭 トイレ用 消臭剤+抗菌 ウルトラ・フレッシュ・シャボン」でした。
薬品臭がする、とにかく​強烈でキツい香りでした。

ホーム【イヤなニオイの原因…】ホコリや臭気の残存

イヤなニオイが発生する原因として、布製品に染み込んだホコリなどの臭気掃除機で取りきれない床面の汚れペット調理時の油の残存などが挙げられます。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

生ゴミなどを芳香剤で対策するのは間違いです。

ホームLDK読者のフレグランス事情

LDK公式Twitterで、芳香剤についての4つのアンケートを実施しました。ここから、LDK読者のフレグランス事情について探っていきましょう!

Q.1:いつも決まったものを購入していますか?

購入する芳香剤が決まっている人は37%にとどまり、「毎回悩む人」or「決まっていない」という人が多数でした。

Q.2:何を重視して購入しますか?

芳香剤は「好みの香りであること」を重視して購入する人が圧倒的多数でした。

Q.3:主にどの場所に置いていますか?

芳香剤の主な設置場所については、ニオイが気になりやすい「トイレ」が最も多く、「玄関」「リビング」がそれに続きました。

Q.4:どこで購入していますか?

芳香剤の購入場所には「ドラッグストア」が最も多く利用されていました。

ホームおわりに

以上、トイレ用芳香剤のおすすめランキングでした!

今回の記事のほかにも芳香剤のおすすめ記事もあるので、興味のある方はご覧ください!

▼部屋用(リビング・キッチン・寝室)芳香剤おすすめランキング

▼玄関用芳香剤おすすめランキング

トイレ用芳香剤で重要なのは、香りの強さと持続性。シャボンやアクアマリン系の香りで、トイレのニオイをマスキングするのがオススメです。基本的には置型タイプを常備して、みんなが好む香りでトイレ空間を演出してみましょう!