2021年ベストバイ!! 「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」

日用品、食品雑貨、家電、インテリア、自転車......2021年も『MONOQLO』は徹底した消費者目線での検証を重ねてきました。

そこで、2021年に『MONOQLO』が扱った全製品の中から「絶対に後悔させません!」と自信を持っておすすめできるベストバイばかりを集めた「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」を選定。ここでは、ベストに選ばれた製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを本音で解説します。

今回は、「トイレットペーパー」部門。肌触りもコスパも最高な丸富製紙の「ペンギン 超ロングパルプ トイレットペーパー」です。

本当に5倍長い! 丸富製紙「ペンギン 超ロングパルプ トイレットペーパー」

王冠アイコン

丸富製紙
ペンギン
超ロングパルプ
トイレットペーパー
実勢価格:647円

セット内容:125m×4ロール

2021年のトイレットペーパー部門「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」受賞は丸富製紙「ペンギン 超ロングパルプ トイレットペーパー」​。

「MONOQLO」2021年3月号で、トイレットペーパー10製品を「備蓄力」「肌ざわり」「吸水性」「破れにくさ」「コスパ」などを比較したところ、いずれもトップクラスの評価に。ほかの製品を圧倒して、ベストバイに輝いた製品です。

1ロールに通常のトイレットペーパーの約5倍もの長さの125mのペーパーが巻き付けられており、少ないスペースで収納できるのも魅力。

交換頻度は5分の1で済む!

トイレットペーパー1ロールを裁断して実際に紙の長さを計測してみたところ、パッケージに書かれた数値よりも2m以上長い127.7mも巻かれていることが判明。1ロールあたりの容量は一般的な品と比較すると5倍近くにもなります。


破ける心配は非常に少ない

試験片を上下左右から引っ張り、破れた時の力の加わり具合を測定。テストした全10製品中もっとも数値が高く、お尻を拭いても破けにくいです。

また、拡大してみると、紙の繊維がムラなく敷き詰められていました。凹凸が少ないため、指先で撫でたときスルッと滑るような肌触りで、使ったときの気持ちよさにつながっています。

長く使えて肌触りも最高のトイレットペーパーは、まさに2021年のベストバイなアイテムでした!

以上、「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」に選ばれたトイレットペーパーの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。

2021年ベストバイを大発表!『MONOQLO』

晋遊舎
MONOQLO
2022年1月号
700円

『MONOQLO』2022年1月号では2021年のベストバイを一気に紹介。全テスト総決算号を読んで、2022年も楽しく過ごしましょう!