プロも認めた
ベストバイはこの3本

市場には様々な防水スプレーが溢れていますが、その実力は様々。対応している素材や持続性など、製品ごとに特徴があります。残念なことに、パッケージを見ただけではどの程度の実力かわかりません。今回は、服飾ジャーナリストの飯野高広さんにご協力いただいた、防水スプレー29製品のテスト結果より、オススメの3本をご紹介します。

また、防水スプレーの基本や、知っていると差がつくお役立ち情報もあわせてご紹介します。雨・雪で濡れちゃった……なんてなる前に、ぜひご覧ください!

ベストバイは持続力No.1
M.モゥブレィ プロテクターアルファ

R&D:M.モゥブレィ:プロテクターアルファ

R&D
M.モゥブレィ プロテクターアルファ
実勢価格 :2160円

ベストバイは、撥水力・持続力・使い勝手のよさの三拍子がそろった最強の防水スプレー。各項目の点数もご覧のとおり。

ベストバイは持続力No.1M.モゥブレィ プロテクターアルファ

とにかく水を弾く力が優秀! 染みやすいヌメ革の上でもコロンと小粒に水滴ができ、ポロポロと転がっていきました。

ベストバイは持続力No.1M.モゥブレィ プロテクターアルファ

小さめで立体的な水滴は、撥水力の高い証なんです。

ベストバイは持続力No.1M.モゥブレィ プロテクターアルファ

撥水力が高くても、持続しなけば意味がないですよね。こちらはスプレーして5日経っても変わらず弾き続けました。頻繁にスプレーする手間が省けるので、忙しい人にオススメです。

ベストバイは持続力No.1M.モゥブレィ プロテクターアルファ

軽い力でプッシュすれば、勢いのあるスプレーができます。これ1本でコートやカバンなどあらゆるものに使用できます。

ベストバイは持続力No.1M.モゥブレィ プロテクターアルファ

噴射範囲は狭すぎず広すぎず、ちょうどいい範囲です。

ベストバイとほぼ同等の実力
ヴィオラ 防水スプレー

ジュエル:ヴィオラ:防水スプレー

ジュエル
ヴィオラ
防水スプレー
実勢価格 :1944円

使い勝手では「プロテクターアルファ」に劣る部分もありますが、撥水力はほぼかわりません。かなりの実力です。

ベストバイとほぼ同等の実力ヴィオラ 防水スプレー

撥水力はこのとおり。

ベストバイとほぼ同等の実力ヴィオラ 防水スプレー

「プロテクターアルファ」よりちょっと勢いが弱いものの、使い勝手もよし!

携帯用に最適
ダイソー 防水スプレー

ダイソー:防水スプレー

ダイソー
防水スプレー
実勢価格 :108円

「プロテクターアルファ」に劣らぬ持続力をみせたのは、まさかの100均「ダイソー」。内容量が70mlと小型なので、気軽に試せて携帯用にも重宝しそうです。

携帯用に最適ダイソー 防水スプレー

撥水力も優秀で、革もキャンバスも5日間浸透することがありませんでした。

携帯用に最適ダイソー 防水スプレー

ピンポイントに噴射できるので、靴など小物にオススメです。

知ってた?
おさえておきたい基本のこと

当たり前に使っている防水スプレーですが、正直よくわからないということもあるのでは。おさえておきたい3つのポイントをご紹介します。

・「防水」と「撥水」の違い
防水は、表面に皮膜を作り、繊維を上からカバーし、完全に水をシャットアウトします。その分、通気性が低く蒸れやすくなります。ゴムのように密閉して弾くイメージですね。

撥水は、水より細かい分子が繊維にフッ素樹脂を浸透させていることにより、表面張力の差を大きくして水を弾きます。通気性が保持されているので、蒸れにくくなっています。市場に出ている製品は大体がこのタイプです。

このように、厳密には水を弾く方法が違いますが、メーカーによって定義がバラバラなのが実情です。

・使用するタイミング
外出する直前にスプレーしていませんか? それ、残念な使い方です。性能を最大限に発揮させることができるタイミングは、外に出かける30分~1時間前がベスト! 使用頻度の目安は週1回くらいでOK。

・「万能用」と「革靴用」との違い
使われている成分自体は基本的に同じですが、一部の成分や配合率が微妙に違うので、兼用する前に表示を確認してください。高級な革靴には革靴専用を使いましょう。

ここに注意!
使用時に気をつけるポイント

・成分は2種類
成分がフッ素系のものとシリコン系のものがあり、素材によっては使えないものもあります。使用前にパッケージをよく見て確認してください。

・衣服の手入れ
衣服に使用する場合、手入れがカギ。汚れたままスプレーすると、汚れまでコートしてしまいます。また、洗濯すると効果も落ちてしまうので、その都度スプレーが必要です。スプレーする面積にあわせて、噴射範囲の大小を選択すると良いですよ。

ここに注意!使用時に気をつけるポイント

サッとスプレーするだけでは十分な効果が得られないので、ある程度濡れるまでしっかりスプレーしてください。

・通気性の良い場所で
大抵スプレー缶には「吸うと危険」と書いてるので、外や玄関などの通気性が良い場所で使うと思います。コンタクトレンズを使用している人は付着することがあったり、玄関で使っても、床面がツルツルになり転びやすくなることもあるので、うっかり身体を傷つけたり、怪我をしないように注意が必要です。もちろんガスは有毒です!

・臭いと持続時間
日常的に使うなら、臭いも気になりますよね。製品によっては、鼻の奥にガツンとくるシンナーのような臭いが5時間も続き、かぎ続けると酔ってしまいそうなものもあります。一方、「プロテクターアルファ」はそこまで臭いがきつくなく、40分で無臭になりました。

傘にスプレー
面だけじゃダメです

傘にスプレー面だけじゃダメです

傘の場合、布の部分にスプレーしがち。水はけをよくする目的なら良いのですが、濡れ防止目的なら完璧ではありません。

傘にスプレー面だけじゃダメです

雨水が漏れてくるのは布の継ぎ目なんです。骨の継ぎ目部分を集中的にスプレーすると効果的です。

靴にスプレー
正しく使わなければ意味ナシ

防水スプレーを使ったからと安心する前に、靴のお手入れを見直してみましょう。

新しい靴にスプレー

靴にスプレー正しく使わなければ意味ナシ

新品ピカピカの靴、すぐに履きたいですよね。でもちょっと待って! 最初に防水スプレーをかけておくと、防水だけではなく汚れがつきにくくなる効果があり、靴が長持ちするようになります。

使用前に汚れを取る

靴にスプレー正しく使わなければ意味ナシ

汚れた靴に使用する場合、まずはしっかり汚れを落としましょう。撥水剤の成分によって、汚れもコーティングされてしまうことがあります。

お手入れが大事

靴にスプレー正しく使わなければ意味ナシ

防水スプレー=靴のお手入れと思っているのは、ただの勘違いです。靴の状態が悪いままスプレーし続けると、傷みが早まってしまうんです。あくまで防水スプレーは「脇役」であり、お手入れが大事です。


ベストバイの3本は、撥水力・持続力・効率性と三拍子そろった、非常に優秀な防水スプレーでした。この機会にぜひゲットして、その防水効果を実感して下さい。ただし、正しい使い方をしないと十分な効果が得られませんよ。お手入れも忘れずにお願いします。