製品写真をクリックすると購入ページへ移動します。

メンズホントに買っても大丈夫?
無印3000円スニーカー

なんといっても3000円を切る価格が最大の魅力の無印スニーカー。とはいえ、いくら無印といえども、こんな安価でホントに大丈夫なんでしょうか? そのギモンを解消するため、服飾ジャーナリストさんの鑑定+実用テストをしてきました! その結果、ぜひご覧下さい!

無印良品:撥水:オーガニックコットン:スニーカー:紳士靴

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

無印良品
撥水オーガニックコットンスニーカー(紳士)
実勢価格:2980円

※婦人用もあります!

メンズ雨の日専用にピッタリ!
靴下が全然濡れません

霧吹きで95回水を吹きかけても靴下は濡れません!

いくら下ろしたてとはいえ、霧吹きで数十回水を吹きかければ……と思いきや、足元に水がしみ込むことがないという水を弾く力は秀逸でした。具体的にいえば96回目でタンのすき間から水が入り込んでしまったのですが、靴下がまったく濡れなかった生地自体の防水性の高さは、テストをしていてちょっと驚くレベルでした。

メンズ足にピタっとフィットする
識者が感心したインソール

かかとをしっかりホールドしてくれるインソール

足にしっかりフィットする理由は、このインソールの完成度が高いからです。「価格を考えると、インソールのつくりが良いですね! 履き心地の良さは、この影響でしょう」(服飾ジャーナリスト 飯野高広さん)。

インソールは取り外せるので、洗うのもラクチンなのがイイ!

メンズただし、細かな仕上げに
ちょっと難がありました

縫製がズレています
左右のヒールの高さが合いません

縫製や生地などのクオリティは値段相応で、特に目立つ部分はありません。ですが、左右のヒールの高さが合わなかったり、縫製にズレがあるなど、全体的な仕上がりに難がありました。

メンズ[最終結論]雨の日に
外に出るのが楽しくなります!

全体的なデザインはややおとなしめで、「コンバースのキャンバスを履くのはちょっと恥ずかしいかも」という大人の男性が履いても違和感ありません。「撥水性や履き心地にコストをかけた、機能的なスニーカーです」(服飾ジャーナリスト 飯野高広さん)と、実用性もバツグン! 普段履きとしてもいいのですが、雨の日専用のスニーカーとして使うのも良いですね。

3000円という価格を考えれば、間違いなくコスパが高すぎる1足でした!

メンズ検証にご協力いただいたのはこちらの方です!

服飾ジャーナリスト 飯野高広さん
『紳士靴を嗜む はじめの一歩から極めるまで』(朝日新聞出版)を著するなど、紳士靴への造詣が深いジャーナリスト。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。