アウトドア家時間が充実する!2021年上半期ベストヒット家電

自宅で過ごす時間が増えるなか、家電の売れ行きが好調のようです。気軽にお出かけしづらい昨今、レジャー費用を気になっていた家電に投入し、家時間をグレードアップするのもいいかもしれませんね。

そこで2021年上半期に爆売れしたヒット商品の中から、選りすぐりのおすすめ製品を紹介します。プロたちが実際に使ってみて、家から出たくなくなったというほどの逸品ぞろい。

今回は、キャンプじゃなくても役立つ大容量バッテリーのAnker「Power House II 800」と、保冷/保温に大活躍のワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」です!

アウトドア今一番手軽に買える安心感! Anker「Power House II 800」

Anker
Power House II 800
実勢価格:7万4800円

サイズ・重量:W300×D204×H185mm・約8.3kg、AC出力電圧・電流:110V/4.54A、AC出力パワー:500W

キャンプは便利な日常を離れ不自由を楽しむもの……とはいえ、どこでも電気が使えるのはやっぱり最高ですよね。また、災害時、一番心配なのが電力。特にスマホの充電は切らしたくないものです。

Anker「Power House II 800」は、破格の大容量! USBポートも6つ備え、家族みんなで充電できます。スマホやカメラの充電はもちろん、サーキュレーターや小型冷蔵庫などを繋げば、テントサイトが快適空間に変身。また、災害時にも強い味方になってくれますよ。

10万円以下の7製品比較した中でベストバイに

アウトドアに使いやすい容量(500~800Wh)で、4万円~7万円台の人気7製品を比較したところ、ベストに。10万円以下のお手頃なバッテリーの中では、容量が大きいのがベストの決め手でした。

重量はややあるもののサイズ自体はコンパクト。USB出力の大きさや本体の充電の速さも大きな魅力です。

出力波形「正統派」で安心

大容量バッテリーの選び方で最も気をつけたいのは、AC電力の波形。波形によっては精密機械などが動かせない場合があります。本製品は家庭用電気と同じ「正弦波」で安心。また、2種のLEDライトが付属していて灯としても重宝します。

充実のUSBポート数で複数のデバイスを同時充電・給電できます。この容量なら家族みんなで使えて連泊でも安心。PCやプロジェクターを繋いで楽しむこともできます。キャンプの楽しみが広がります。

アウトドア大人気! ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」

ワークマン
真空ハイブリッド
コンテナ
実勢価格:1900円

サイズ・重量:約φ180×H285mm・約1.6kg

キャンプでもアイスが食べたい時はワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」がおすすめ。外でひんやりデザートが堪能できちゃいます。ガリガリ君は、5時間後も凍ったままでした。

冷凍状態が保てるので、キャンプ時の食材を冷凍して持ち運ぶのもアリです。また、冷凍食材や保冷剤を入れておけばミニ冷凍庫や冷蔵庫になるので、いざという時、キャンプでなくても役立ってくれます。同じシリーズのドリンクホルダーもおすすめです。

このシリーズは全部お買い得! 店舗でもし購入できたらラッキーです。

以上、2021年上半期ベストヒット家電から、ちょうどいい大容量バッテリーの紹介でした。アウトドアにはもちろん、停電時など防災用品としても役立ちます。ぜひチェックしてみてください。

アウトドア『MONOQLO』2021年7月号

こちらも参考にしてみてくださいね!