スマートフォン暮らしがもっと快適に!iPadはどうやって使いこなす?

iPadは自分には使いこなせない……と動画や簡単な作業にしか使っていなかったり購入を諦めていたりしませんか?

実はiPadには誰でも簡単に楽しめるワザがいっぱい。テレワークにペーパーレス、学習など、iPadを使いこなして、もっと快適な暮らしに変えちゃいましょう!

ということで、本音の家電ガイド『家電批評』がやさしく、役に立つ「iPadで暮らしが変わる方法」をお届けします。

今回は、iPad作業がもっと快適になるクッションをご紹介します。

▼「iPadお得ワザ」の記事はコチラ!

スマートフォンiPadを今買うなら「Air」か「mini」がおすすめ!

iPadの現行機種は合計5モデル。「mini・無印」「Air・Pro」で使い心地が大きく変わります。

その中でも、家電批評がおすすめするのが「Air」と「mini」です。

7.9インチで持ち歩き向けな「mini」

iPad mini
第5世代
(WiーFi版・64GB)
実勢価格:5万380円

サイズ:W134.8×D6.1×H203.2mm
重量:300.5g

「iPad mini 第5世代」は、プロセッサこそiPad第8世代と同じA12ですが、ディスプレイの品質はminiのほうが断然上! 再現できる色域は広く、反射も抑えられています。

持ち運びがラクなだけでなくわずか300gなので電車の中などで立ったまま使っても邪魔になりません。つまり巨大なiPhoneのような感覚で使える。そんなiPadはminiだけです。

「Air」はコスパ重視派向け

iPad Air
第4世代
(WiーFi版・64GB)
実勢価格:6万9080円

サイズ:W178.5×D6.1×H247.6mm
重量:458g

「iPad Air 第4世代」は、画面サイズはiPad第8世代(10.2インチ)より大きくiPad Pro11インチよりわずかに狭い10.9インチですが、ホームボタンを省略している分、iPad 第8世代よりわずかに小型です。

ペンシルもキーボードもiPad Proと共通なのにProより2万円以上安く購入でき「性能」「機能」「価格」と三拍子揃ったバランスのとれたモデルです。

スマートフォン仕事も休憩も!ナカムラ「ビーズクッション Pigro」

ナカムラ
ビーズクッション Pigro
実勢価格:1万7318円

●サイズ・重量/
125×70cm・約4kg

ナカムラ「ビーズクッション Pigro」は、机の前に腰掛けなくてもiPadで作業ができる優れもの。集中力が切れた、気分転換したいなんてときに、非常に便利です。

コンパクトに置けます。

最高にだらける体勢でも、快適に使えます。

スマートフォンソファ仕事ならYogiboのクッションがイチオシ

Yogibo
Traybo2.0
実勢価格:5920円

●サイズ・重量/
約W47.5×D34×H9.5cm・約1.61kg

ちょっとひと休憩、というときは座った状態でiPadを立てて置けるYogiboの「Traybo2.0」が便利です。膝の上で作業ができ、手ぶらでiPadが使えます。

細かなビーズ素材でできたクッションの感触がすごくいいです!

天板は意外と広いので作業もスムーズです。

以上、iPadをストレスフリーに活用できるお役立ちアイテム、クッションをご紹介しました。お家での仕事も、これ一つあるだけでもっと快適になりますよ。

スマートフォン『家電批評』2021年2月号

晋遊舎
家電批評
2021年2月号
700円

「iPadで変わる!100の方法」を特集した『家電批評』2021年2月号はこちらからも購入できます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。