パソコン圧倒的コスパでパソコン市場を席巻する人気CPU「Ryzen(ライゼン)」とは?

「Ryzen(ライゼン)」はAMD社が2017年にリリースしたCPUです。それまでAMDのCPUはローからミドル帯の一部で、最大手であるインテル製CPUよりコストパフォーマンスが優れているモデルがある程度で、市場全体としてはインテルに大きな差を付けられていました

しかし、ライゼンはローエンドからハイエンドまで性能・価格ともにインテルCPUよりも優れており、徐々に採用するパソコンが増えました。今では価格コムのノートPC人気売れ筋ランキングトップ20の内、13台がAMDのCPUを搭載しており、インテルCPU搭載製品以上に人気を博しています(2020年11月調べ)。

でも、「CPUがスゴいと言われても、なにがいいのか分かりづらい」という人もいるのでは? そこで本特集では、ライゼン搭載パソコンの中でも特にお買い得なモデルを紹介していきます。

パソコン用途と目的別で適性をチェック! 6項目で性能を徹底評価しました

今回は、レビューした各機の性能を用途・目的別にチェックしました。評価したのは以下の6項目です。

【ネット・SNS】
Web閲覧やメール、SNSを快適に利用できるかを評価

【動画】
高品質な液晶やスピーカー、光学ドライブの搭載、動画再生能力を評価

【ビジネス】
MS Office、生体認証の搭載、サポート、キーボードなどビジネス適正を評価

【クリエイティブ】
CPU性能、ストレージ容量、画面サイズ、キーボード、タッチパッドなどで評価

【ゲーム】
GPU性能、液晶のリフレッシュレートといったゲーム適正で評価

【モバイル】
本体質量、サイズ、バッテリー駆動時間、頑丈さ、携帯性などから評価

  • ネット・SNS: 5/5点
  • 動画: 5/5点
  • ビジネス: 5/5点
  • クリエイティブ: 5/5点
  • ゲーム: 5/5点
  • モバイル: 5/5点
  • 合計: 30/30点

チャートの点数は3点が普通。4点は優れている、5点はかなり優れているという評価です。おもな用途の項目は4点以上あると安心です。

それでは実際にチェックしてみましょう。

パソコンドスパラ「GALLERIA GR1650TGF-T」はゲーム機からのステップアップに最適

ドスパラ
GALLERIA
GR1650TGF-T

実勢価格:8万2478円


CPU:Ryzen 5 4600H(3GHz)
メモリ:8GB
ストレージ:512GB(SSD)
ディスプレイ:15.6型(1920×1080)
サイズ・質量:約W359.8×H20.5×D243mm・約1.9kg
バッテリー駆動時間:約7.5時間

高性能なパーツを小型化するにはコストが必要なため、ゲーミングPCは一般的なノートPCと比べて基本的に高額です。しかし、本機はゲーミングPCとして必要な性能を確保しつつ、購入しやすい価格を実現しています。また、豊富な入出力端子にテンキー、Webカメラなど一般用途やビジネス向きの機能を備えているのも大きな特徴です。

ディスプレイ:激しい映像もくっきり! リフレッシュレート120Hz

リフレッシュレートは120Hzのゲーミングスペックで、ディスプレイは没入感の高い狭額ベゼルを採用。

GPU:ゲーミングPC定番のGTX 1650Ti

エントリークラスのゲーミングPCでは定番のGPUであるGTX 1650Tiを搭載。高性能を要求するゲームでも、設定次第では快適にプレイできます。

キーボード:テンキー付きで多機能

キーボードはテンキー付きなので、一般用途でも便利に使えます。キーはメンブレン方式でゲーミングらしく浅いタッチで反応します。LEDの色や輝度は、システム制御ソフトで設定できます。

Webカメラ:ビデオチャットに役立つWebカメラを備える

Webカメラはディスプレイ下部に設置されているので上部のベゼルが細く狭額が際立ちます。

インターフェース:邪魔になりやすい配線は背面端子で解決

モニター出力用の端子と高速通信が可能なUSB3.1 Gen2端子は背面にあるので、ケーブルの取り回し時に邪魔になりません。

システム制御:用途に応じて設定を素早く変更できる

付属の制御ソフトではキーボードのLED設定、画面設定、ゲームモードとオフィスモードの切り替えなどが一元管理できます。

  • ネット・SNS: 5点
  • 動画: 4点
  • ビジネス: 3点
  • クリエイティブ: 5点
  • ゲーム: 5点
  • モバイル: 2点
  • 合計: 23/30点