パソコン圧倒的コスパでパソコン市場を席巻する人気CPU「Ryzen(ライゼン)」とは?

「Ryzen(ライゼン)」はAMD社が2017年にリリースしたCPUです。それまでAMDのCPUはローからミドル帯の一部で、最大手であるインテル製CPUよりコストパフォーマンスが優れているモデルがある程度で、市場全体としてはインテルに大きな差を付けられていました

しかし、ライゼンはローエンドからハイエンドまで性能・価格ともにインテルCPUよりも優れており、徐々に採用するパソコンが増えました。今では価格コムのノートPC人気売れ筋ランキングトップ20の内、13台がAMDのCPUを搭載しており、インテルCPU搭載製品以上に人気を博しています(2020年11月調べ)。

でも、「CPUがスゴいと言われても、なにがいいのか分かりづらい」という人もいるのでは? そこで本特集では、ライゼン搭載パソコンの中でも特にお買い得なモデルを紹介していきます。

パソコン用途と目的別で適性をチェック! 6項目で性能を徹底評価しました

今回は、レビューした各機の性能を用途・目的別にチェックしました。評価したのは以下の6項目です。

【ネット・SNS】
Web閲覧やメール、SNSを快適に利用できるかを評価

【動画】
高品質な液晶やスピーカー、光学ドライブの搭載、動画再生能力を評価

【ビジネス】
MS Office、生体認証の搭載、サポート、キーボードなどビジネス適正を評価

【クリエイティブ】
CPU性能、ストレージ容量、画面サイズ、キーボード、タッチパッドなどで評価

【ゲーム】
GPU性能、液晶のリフレッシュレートといったゲーム適正で評価

【モバイル】
本体質量、サイズ、バッテリー駆動時間、頑丈さ、携帯性などから評価

  • ネット・SNS: 5/5点
  • 動画: 5/5点
  • ビジネス: 5/5点
  • クリエイティブ: 5/5点
  • ゲーム: 5/5点
  • モバイル: 5/5点
  • 合計: 30/30点

チャートの点数は3点が普通。4点は優れている、5点はかなり優れているという評価です。おもな用途の項目は4点以上あると安心です。

それでは実際にチェックしてみましょう。

パソコンレノボ「Yoga Slim 750」は、高スタミナで1日中使える!

レノボ
Yoga Slim 750
82A2007YJP

実勢価格:11万4864円


CPU:Ryzen 5 4500U(2.3GHz)
メモリ:8GB
ストレージ:512GB(SSD)
ディスプレイ:14型(1920×1080)
サイズ・質量:約W320.6×H15.1×D208.2mm・約1.36kg
バッテリー駆動時間:約20.4時間
Microsoft Office Home and Business 2019 付属

13インチクラスのサイズと質量に加え、バッテリー駆動が約20時間という長時間の運用が可能な14インチのモバイル機。セキュリティと利便性の高さを両立する顔認証機能に加えてMS Officeが付属しており、ビジネスマンの相棒として文句のない1台です。

また、発色のよいIPS液晶とDolby Atmos対応の対面型のスピーカーにより動画や音楽の再生にも向いています。

セキュリティ:顔認証搭載

重要なビジネス資料を守る生体認証は、操作を必要としない顔認証を搭載しています。

ディスプレイ:屋外でも見やすいIPS液晶

液晶はフルHDで高輝度・広視野角のIPSパネルを採用。屋外でも見やすいです。

ディスプレイ:ビジネスだけで使うにはもったいない高画質

ディスプレイは発色がよく、視野角も広いため動画視聴に向いています。

スピーカー:音質重視の対面スピーカー

キーボードの左右にはDolby Atmos対応のステレオスピーカーを備えます。机の反射を使用する底面型のスピーカーとは異なり、柔らかい場所に置いても音質が低下することはありません。

バッテリー:駆動時間約20時間

バッテリー駆動時間は丸一日の屋外作業を可能とする約20時間。充電はPD対応なので、モバイルバッテリーがあれば、バッテリー切れは怖くありません。

インターフェース:USBは4基と豊富だがLAN端子はない

USBはType-Aが2基、Type-Cが2基、加えてHDMI、microSDリーダーを備えます。

重量:薄くて軽くて持ち運びが苦にならない!

14型で1.36㎏はなかなかの軽量。筐体はメタル素材を使用しておりデザイン性も高いです。

  • ネット・SNS: 4点
  • 動画: 3点
  • ビジネス: 4点
  • クリエイティブ: 2点
  • ゲーム: 2点
  • モバイル: 5点
  • 合計: 20/30点