<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ホームテレワークの「困った!」を解決する優秀ガジェットとは?

コロナ感染症拡大の影響で、働き方は大きく変わりました。急遽テレワークに移行したのはいいものの、自宅でオフィス並みにスムーズに仕事を行うのはなかなか難しいものです。

家のWi-fiが繋がらない、家にあった椅子では座りっぱなしで腰が痛い、zoom会議で音声がうまく聞き取れない......。そんな身の回りで感じ始めているテレワークの「困った!」は、優秀なガジェットを手に入れることで解決できるんです。時節柄、高額な出費は避けたいところ。性能がいいのはもちろん、コスパもチェックして“ベストフィットする神ガジェット”を探してきました!

今回は、座って仕事したい派の人におすすめしたいローテーブル、座椅子、デスクオーガナイザー。b>テレワークがもっと快適になるインテリアグッズ3選です。

ホーム家族に怒られないミニデスク!Marche「ネストテーブル」

Marche
ネストテーブル
実勢価格:1万8000円

サイズ:大・W90×D40×H53cm、小・W65×D35×H38cm

自宅作業ではマステでフロアを仕切り「ココから仕事スペース」と区別する方法が有効だそうですが、ネストテーブルを間仕切りとして使う方法もオススメです。

Marche「ネストテーブル」は、『MONOQLO』2020年4月号にて格安のネストテーブル3製品をテストしたところ、質感の高さと使いやすさで1位に。家具職人も驚いたほど高品質の製品ですが、セール等で1万円以下になることもあるので、出費も最小限に抑えられます。

ココがBEST:おしゃれさと使いやすさを両立!

高さ38cmの小テーブルは、フロアに座って作業するのにピッタリ。絶妙な高さです。

小さい机は座り作業に最適。

また、作りがしっかりしていて、天板の質が高く、歪みは一切見られません。フレームとの間に隙間もありませんでした。

天板の質が非常に高い。

大小の机の高さの差が大きく、小に物を置いたまま大の下に収納できます。使わないときは重ねておけるので、省スペースで邪魔にもなりません。

片付けがラクチン。

壁に背を向けて座り、自らを囲むように大小の机をセットすれば、簡易書斎のできあがりです!

ホーム体型に合った角度に調整できる!ずっと座れる「1億円座椅子」

LOWYA
1億円座椅子
実勢価格:5980円~

サイズ:W580×D800~1380×H140~710mm
重量:約8kg

家ではラクな姿勢で仕事がしたい。そんな人にピッタリなのが「1億円座椅子」。厚手でふかふかのクッションと首と膝のサポートが優秀で、ずっと座っていられます。

ココがBEST:足を曲げて置けるのが超ラク!

足側の端が折れ曲がるので、膝を曲げた自然な姿勢が作れます。角度が11段階で調整できるのも◎

伸ばしているよりこのほうが快適。

ホーム地味だけどすごく便利!変形する卓上ラック「デスクオーガナイザー」

FITUEYES
デスクオーガナイザー
実勢価格:3299円

サイズ:W68×D17×H39cm

資料として使う書籍やファイル、文房具などの小物類が大量にある人は、卓上ラックがあると便利。セパレートになったFITUEYES「デスクオーガナイザー」なら、机の幅や収納物に合わせて棚の幅を自在に調整できるので使いやすいです。

ココがBEST:工具不要で組み替えOK

2つの棚は組み合わせて置いているだけなので、組み替えたいときも工具不要。角に置くならL字型がオススメです。

隅っこに置くならL字型。

以上、テレワークの「困った!」を解決する“テレワーク快適インテリア3選”の紹介でした。

高額な出費をすれば最高のガジェットは揃えられるのですが、やはりコストも重要。賢くアイテムを選んで、自分らしいワークスペースを作ってみてくださいね。