<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

何を着ればいいのかわからない…30~40代の“服装問題”

何を着ればいいのかわからない…30~40代の“服装問題”

日中はシャツ1枚でも過ごしやすい日が増えましたね。とはいえ、まだまだ気温差が激しいこの時期、直面するのが「今年は何を着ればいいんだ……」という、服装の問題です。

流行が過ぎた服は着れないし、年齢とともに洋服の趣味も変わっていきます。30~40代ともなると、着たい洋服もなくなり、自分がどんな格好をすればいいかわからなくなる人も多いはず。しかもそんな状態であれば、なおさら服にお金はかけたくないもの。ですが、仕事や出先でまわりからダサいと思われて、いい気はしません。

ユニクロやGUからプロが厳選!“脱・ダサ見え”の格安アイテム

ユニクロやGUからプロが厳選!“脱・ダサ見え”の格安アイテム

そこで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』では、プチプラブランドでおなじみのユニクロとGUを中心に、格安で販売されているファストファッションのアイテムの中から、ダサ見えしないと思われるものをプロが厳選

選んだ服は、この春の2大トレンドであるセットアップとコートをはじめ、ロンT、ニット、デニムといったカジュアル服など。バイヤー・ライター・スタイリストとあらゆるファッションの専門家たちがデザイン面から辛口でジャッジすると同時に、保温性やはっ水性など、機能面もラボで科学的にテストしました。

シンプルで着まわしやすい!マウンテンパーカー3選

30~40代男性は、印象をスポーティにすることでダサ見えを防ぐことができます。それを簡単に叶えてくれるのが「マウンテンパーカー」なんです。

もともとアウトドア着であるマウンテンパーカーを羽織れば、活発なイメージを与えられます。また、前閉じで着られて、着まわしが簡単なのもファッション初心者には◎!

シンプルで着まわしやすい!マウンテンパーカー3選

ということで今回は、「ユニクロ」「ワークマン」「GU」のマウンテンパーカー3着を集め、デザインや機能性をプロにチェックしてもらいました。

検証項目は「はっ水性」「防風」「デザイン」「着心地」の4つ。簡単に着まわせて、ダサく見えず、着心地も良好と、絶対に買って間違いない一着を見つけ出しました。ランキング形式で発表します!

※「はっ水性」は、各製品をマネキンに着せ、シャワーで水を30秒ずつ浴びせてテストしました。

[ユニクロ]機能もデザインもノースフェイスに迫る勢い!

ユニクロ
マウンテンパーカ
実勢価格 : 6589円

【評価】S

▼検証結果
はっ水性:○

水がそのまま流れ落ちます。拭くと表面のみ多少湿りますがすぐ乾きました。

防風◎
襟口、袖口共に風を通さず、防風はバッチリ。

デザイン:◎
装飾品が少なく、都会的でタウンユース向きです。

着心地:◎
生地はかためですが、突っ張ることなく動きやすいです。

Tシャツなどラフな格好でも、羽織るだけでスポーティにキマるマウンテンパーカー。3ブランドの中でS評価となったのは「ユニクロ」でした。

ポイント1:スポーティに見えるシンプルデザイン

ポケットなどの飾りにアウトドアらしい仰々しさがなく、一番スマートなデザインでした。飾りの少ないアーバンスタイルで、シンプルなデザイン。ポケットの少ないユニクロなら、都会風に着ることができます。

黒いパーカーの中に着るインナーは、明るい色でメリハリをつけて、デニムなどでカジュアルに着こなしましょう。

ポイント2: 防風防雨が「ザ・ノースフェイス」並み

今回、はっ水・防水に優れている「ザ・ノースフェイス」のマウンテンパーカーとも比較を行いました。豪雨に見立てて、各製品にシャワーをかけて検証したところ、ゴアテックスを使用している「ザ・ノースフェイス」は、完全に水の侵入を防ぐ防水性を発揮。しかし、「ユニクロ」も生地の表面を水が弾き、「ザ・ノースフェイス」にも迫る勢いを見せました。

ポイント2: 防風防雨が「ザ・ノースフェイス」並み

▼検証に使用した「ザ・ノースフェイス」のマウンテンパーカーはこちら

ポイント2: 防風防雨が「ザ・ノースフェイス」並み

THE NORTH FACE
マウンテンライトジャケット
実勢価格 : 3万9600円

[ワークマン]防水撥水ともにユニクロにも劣らない機能!

[ワークマン]防水撥水ともにユニクロにも劣らない機能!

ワークマン
S1200 高撥水
マウンテンパーカー
実勢価格 : 3900円

【評価】A

▼検証結果
はっ水性:○

高撥水とうたうだけあり、表面は水を弾きます。触ると若干しっとりしていました。
 

[ワークマン]防水撥水ともにユニクロにも劣らない機能!

防風:◎
綿を多く含むやわらかい生地ですが、防風はできます。

デザイン:○
ポケットが目立ち、アウトドアを強く感じました。

着心地:◎
綿を多く含んでやわらかく、突っ張る感じはありません。

[GU]アウトドアっぽいデザインで街着としてはあと一歩

[GU]アウトドアっぽいデザインで街着としてはあと一歩

GU
マウンテンパーカ
実勢価格 : 4389円

【評価】B

▼検証結果
はっ水性:△

表面のみで、中まで水は染み込みませんでしたが、はっ水性はイマイチです。

[GU]アウトドアっぽいデザインで街着としてはあと一歩

防風:◎
防風に関しては遜色ない性能を見せていました。

デザイン:○
ポケットの形状がアウトドアっぽく街着感薄めです。

着心地:◎
シャカシャカ生地ですが、動きやすさは変わりません。

あふれる洋服がスッキリ!おすすめのハンガーラック

ダサ見えしない格安アイテム「マウンテンパーカー3選」はいかがでしたか? Tシャツやジーンズなど、カジュアルな普段着にさっと羽織るだけでスポーティにキマり、着回しが簡単というのもうれしいポイントですよね。

さて、最後はサンロクマルがおすすめする「ハンガーラック」をご紹介します。以前、ネットで購入できる格安のハンガーラック4製品を集めて検証を行った際、ベストバイになった商品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
ハンガーラック ラック付き
実勢価格:5114円

サイズ:W101.1×D40×H150cm

アイリスオーヤマ」のハンガーラックは、総じて欠点がなく、5000円台とは思えない完成度の高さです。どこを見てもキレイに仕上がっていて、木目もリアル。落ち着いた色味なので、オーソドックスなデザインでも安見えしません。

横幅約1mとコンパクトなのに、収納力は抜群。部屋に置いてもスッキリ見える圧迫感のなさも魅力です。

あふれる洋服がスッキリ!おすすめのハンガーラック

床占有面積に対して、かけられる洋服の枚数が20枚以上と多く、収納効率がアップします。棚板に歪みや引っかかりがないので、洋服などが置きやすいのも◎です。

▼過去の検証記事はこちら

以上、おすすめのマウンテンパーカーとハンガーラックのご紹介でした。ぜひ、この春夏のコーディネートの参考にしてみてくださいね。