<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

食品雑貨“頑張らないけど手抜き感ゼロ”で
晩ごはん作りをラクにしたい!

毎日の晩ごはん作りって、面倒なことが多すぎませんか?

家族の好き嫌いやお昼ごはんの兼ね合いを気にしながら献立を考えたり、時間がない中で買い物へ行ったり。ようやくごはんを作り終わったと思ったら、洗い物が待っていたり……。

掃除や洗濯はもちろん、子育て、パートや仕事など毎日バタバタしているのに、晩ごはんまで頑張るなんて無理! というのが本音です。

そんな面倒な晩ごはんづくりをできるだけラクに終わらせられるような、“頑張らないけど手抜き感も出さない方法があったら嬉しいですよね。

食品雑貨残りがちな薄味のおかずは
とろみを付けて食べごたえアップ

そこで、テストする女性誌『LDK』は毎日晩ごはんづくりを頑張っているあなたのために「疲れない晩ごはんラクラク大作戦」をプロの方々と一緒に考えました。

残されがちな薄味のおかずを食べやすくしてくれるのは、片栗粉を使ったとろみ。でもいちいち水で溶いて作る工程がちょっと面倒だったりします。

今回は、どんどんお箸が進んじゃうような味にパパッと変身させる「とろみ上手」をご紹介します。

食品雑貨パパッとふりかけて使える片栗粉
「水溶きいらずのとろみ上手」

日清製粉
水溶きいらずのとろみ上手
実勢価格:281円

※リンク先はセット販売の商品ページです

おかず作りに活躍してくれるのが、水に溶かず振りかけるだけの片栗粉、日清製粉の「水溶きいらずのとろみ上手」です。パパッとふりかけるだけで、さっぱり味の料理がとろっとおいしい食感になります。

水溶き片栗粉と、とろみ上手でとろみあんを作ってみましたが、とろみ上手を使っても水溶き片栗粉に劣らない仕上がりになりました。ダマも気泡もできていません。

とろみ上手(左)と、水溶き片栗粉(右)の比較画像。

また、ふたが2口あり、片方はふりかけ用の穴。もう片方は計量スプーンを直接入れられる仕様になっています。

小さい穴はふりかけ用。
スプーンで計り入れすることも!

片手で簡単にとろみが出せて、さっぱりした味付けのおかずもバクバク食べれちゃいますよ。

以上、日清製粉の「水溶きいらずのとろみ上手」のご紹介でした。意外と作るのが面倒な水溶き片栗粉。「とろみ上手」があれば、料理のバリエーションがぐっと広がりそうですね。