家電おすすめMONOQLO2024上半期ベストバイを発表!

『MONOQLO』は、2024年も最新のガジェットをはじめ、家電や日用品、食品雑貨やインテリアなど、世の中の「気になる」さまざまなアイテムを、忖度なし&全部生身で徹底的に検証してきました。

早いもので、2024年ももう半分が終わりということで、この半年でテストしてきたアイテムから、特におすすめのものを厳選し、『MONOQLO2024上半期ベストバイ』として発表します!

自分用のご褒美としてはもちろん、家族や大切な人へのギフトとしても参考にしてみてください。

【MONOQLO2024上半期ベストバイ】の記事一覧はこちら

【MONOQLO2024上半期ベストバイ】の記事一覧はこちら 全自動コーヒーメーカーおすすめ イメージ

今回は、数ある製品の中から「暮らしが変わる!10大ベストバイ 第1位」に選ばれた全自動コーヒーメーカー、シロカ「コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO SC-C251」を紹介します。

【MONOQLO2024上半期ベストバイ】の記事一覧はこちら 全自動コーヒーメーカーおすすめ イメージ2

家電おすすめシロカ「コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO」

  • シロカコーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO
  • 実勢価格: ¥28,200

これ一台で、豆から挽きたての旨いコーヒーが飲める!

上半期ベストバイに選ばれた全自動コーヒーメーカーは、シロカ「カフェばこPRO」。こちらは、雑誌『MONOQLO』の「ずるい! 部屋づくり」の特集内で比較テストを実施しました。

全自動コーヒーメーカーとしての機能や性能・操作性、淹れたコーヒーの味・香りなどのテストはもちろん、お部屋に置く家電製品としての見た目の良さもチェック。その結果、総合的に最優秀になった製品です。

「趣味がコーヒー」という人には、豆を自身の手で挽いたり、各種器具にもこだわったりして、出来上がった一杯をじっくり堪能するという「行為」自体を楽しむ向きもあります。

とはいえ、「手作業で淹れるのは大変だし、コーヒーを飲んだ後の片付けが大変で、だんだんとコーヒーを淹れなくなってしまった」という声があるのも事実。

でも、全自動コーヒーメーカーはその名の通り、豆を自動で挽いてくれ、ボタンを押すだけでコーヒーが出来上がる家電ですので、楽に、簡単においしいコーヒーを飲みたいという人にとっては賢い選択とも言えます。

本製品はペーパーフィルターを使うため、コーヒーを淹れ終えたらそれを捨てるだけなので、片付けが楽ちん。

そして何より、プロが「味も香りもよく、おいしいコーヒーを手軽に楽しめた」と絶賛するように、丁寧なドリップで淹れられたコーヒーは苦味・酸味・甘みのバランスがとれており、香り高い味わいでした。

毎日コーヒーを飲みたい人にとっては、この手軽さと、秀逸なコーヒーの出来上がりは、何よりの魅力。

いっぽうのインテリア性は、製品サイズの大きさは少し気にかかるものの、マットブラックでなじみやすい見た目で部屋に置きたくなると高評価。この一台を置くためにスペースを確保する価値は十分にあります。

また、見やすい操作パネルやボタン、プリントされた文字も含めて使い勝手も良好。

初めて全自動コーヒーメーカーを使う人でも悩むことなく使用でき、日常生活に幸せなコーヒータイムを手軽に溶け込ませられる製品です。

おすすめポイント
  1. コーン式ミルで挽きムラがない
  2. 紙フィルターで片付け・お手入れがラク
がっかりポイント
  1. 大きくて場所をとる
16.6cm
奥行
27.3cm
高さ
42.1cm
重量
4.1kg
最大使用水量
0.83L
型番
SC-C251
三輪徳子 氏
カフェ・トロワバグ オーナー
三輪徳子 氏 のコメント

味よし、香りよしのコーヒーが手軽に楽しめます。

くろだあきこ 氏
整理収納アドバイザー・インテリアコーディネーター
くろだあきこ 氏 のコメント

大きいのがやや難点ですが、見た目は合格点です!

これ一台で、豆から挽きたての旨いコーヒーが飲める! 全自動コーヒーメーカーおすすめ イメージ

苦味・酸味・甘みのバランスが完璧でした!

家電おすすめ「MONOQLO2024上半期ベストバイ」に選ばれた理由とは?

淹れたコーヒーの味・お手入れや片付け・インテリア性をプロとともにテスト。総合的にバランスがとれていたのがシロカ「カフェばこPRO SC-C251」です。プロが唸った味が自宅で、手軽にかなうことの素晴らしさ! 見た目の良さもベストバイの要因です。

「MONOQLO2024上半期ベストバイ」に選ばれた理由とは? 全自動コーヒーメーカーおすすめ イメージ

部屋に置いてみれば、こんなに雰囲気がいいカフェスペースのできあがり! あれやこれといった道具を揃えてコーヒーを淹れるのももちろん楽しいですが、簡単・おいしいを兼ね備えた全自動コーヒーメーカーなら、コーヒータイムを日常に自然に取り入れられます。

豆に合わせて最適な温度を選べる「高温」「 低温」2つのモードあり!

ミルは無段階で調整可!

ミルは無段階で調整可! 全自動コーヒーメーカーおすすめ イメージ

豆の挽き具合は無段階で調整できます。自分の好みの挽き具合を探っていくことができるのも、本製品の魅力です。コーン式ミルのため、挽きムラがない点も優秀。

デカフェを含めれば3モードから選べる

デカフェを含めれば3モードから選べる 全自動コーヒーメーカーおすすめ イメージ

「高温」「低温」とあわせて「デカフェ」モードも搭載。カフェインを除去した豆を使ったデカフェを飲みたいというニーズにも、きめ細かく対応しています。

建部博
MONOQLO編集長/家電批評統括編集長
建部博 のコメント

挽き具合は無段階で調整できます。動作音も比較的静かで、タイマー機能もあって便利!

ペーパーフィルターで片付け楽チン!やや大きいですがインテリア的にもアリ!

コーヒーメーカーを購入したはいいものの、次第に使わなくなっていく家庭も多いといいます。「片付けやお手入れが面倒 」と い う 声 も。 本 製 品はお手入れがラクなうえに、その見た目のよさも好評で、毎日使いたくなるコーヒーメーカーです。

建部博
MONOQLO編集長/家電批評統括編集長
建部博 のコメント

各種ボタンや、プリントされた文字の大きさは控えめで、全体的にすっきりしています。

フィルターはそのままゴミ箱へポイっ!

フィルターはそのままゴミ箱へポイっ! 全自動コーヒーメーカーおすすめ イメージ

ペーパーフィルターを使うため、コーヒーを淹れ終わったら、そのまま捨てるだけ。面倒なお手入れの手間が少なく、「毎日使ってみよう」と思えるコーヒーメーカーです。

マットブラックの質感がいい!

マットブラックの質感がいい! 全自動コーヒーメーカーおすすめ イメージ

インテリアコーディネーターも、その外観を高評価。サイズがやや大きいので場所はとりますが、部屋になじみやすく“見せ家電”にもなります。

以上、『MONOQLO2024上半期ベストバイ』の「暮らしが変わる!10大ベストバイ 第1位」に選ばれた全自動コーヒーメーカー、シロカ「コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO SC-C251」を紹介しました。

片付けが楽なうえ、お任せで絶品の“朝の至福”を満喫できる、おすすめの全自動コーヒーメーカーです!

引き続き、自信を持っておすすめしたい、さまざまなベストバイを紹介していきます。お楽しみに!

家電おすすめコーヒーメーカーの売れ筋ランキングもチェック!

コーヒーメーカーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。