AV機器挿して通話するだけで
大事な話を確実に録音できます

iPhone専用のレコーダー「Call Recorder X」は、とても簡単に録音ができる上に「とりこぼし」の心配もなく、通話内容のテキスト化までできるスグレモノです。利用方法は、アプリを起動して、ジャックにイヤホンを挿し、電話をかけて喋るだけ!

PhotoFast:Call Recorder X

PhotoFast
Call Recorder X
実勢価格:1万3800円
サイズ:W54×H39×D11mm
質量:約11g
対応メモリ:microSDHC・microSD等

AV機器使い方カンタンで
便利な機能がいろいろ!

まず、アプリを起動すると、iPhoneの画面にこのような表示が出ます。指示通り、iPhoneにレコーダーを、レコーダーにイヤホンを差し込みます。

イヤホンは、必ずマイク付きのものが必要です。時々イヤホンの接続が認識されないことがありますが、深く差し込めば、すぐに解消されます。

相手を選んで電話を発信してから、アプリのボタンを押すと、録音を開始します。発信後に録音ボタンを押し忘れないよう注意しましょう。通話終了後に、ボタンを二度押しすると、ファイル名をつけて通話内容を保存できます。ファイル名は後から変更することもでき、様々なリスク回避のために、データにパスワードをかけることもできます。

ただ、かかってきた電話も録音可能ですが、常にレコーダーを挿して待機していなければならないので、現実的には難しいところです。

さらに、音声データは、アプリ上でテキストに起こすことができます。3分程度の通話なら、20秒ほどでテキスト化されて、メール等で送信することも可能です。

挿して喋って聞くだけの、楽チンレコーダーは、取引先や取材相手との会話を記録する際に重宝しそうです。電話中ボケっとしてしまうこともあるかもしれません。大事な会話を確実に覚えておきたいときに、ぜひ使ってみてくださいね。