ビューティー洋服を傷めず毛玉が取れる
「くるくる毛玉取り」が便利すぎ

冬も終わり、気がつけば良く着たお気に入りのカーディガンに毛玉がびっしり……なんて経験ありませんか? でも毛玉は無理に引っ張ると、どんどん生地が薄くなって洋服の寿命を縮めてしまいます。

そこで、そんな時のお助けアイテム、それが毛玉取り機です。ここで紹介するダイソーの「くるくる毛玉取り」は、100円とは思えない驚きのレベルです。毛玉取り機で定番の泉精器製作所「毛玉とるとる(1372円)」と比べてもひけを取りませんでした。

〈製品情報〉
ダイソー
くるくる毛玉取り
購入価格:108円

回転するカッターで毛玉を取り除く

毛玉を吸い込みながらカッターで切り取り、くずがボックスに溜まっていきます。

単三電池2本で動きます

単三電池2本を入れるだけで、操作も何も難しいことはありません。

ビューティー定番品と毛玉取り&お手入れを
比較してみました!

毛玉取り:毛玉:ニット:ダイソー:百均:泉精器製作所:毛玉とるとる

〈製品情報〉
泉精器製作所
毛玉とるとる
購入価格:1299円

毛玉の取れる量はどちらも優秀です!

カッター部分の円が小さくて、袖口やえりなど細かいところの毛玉が取りやすかったです。取れた毛玉の量も泉精器製作所と変わらず、毛玉だらけのニットをキレイにすることができました!

カッター部分が大きいから、広い面でもあっという間にキレイにできました! 取った毛玉がまとまり処理がしやすいのもさすがの定番クオリティー。

お手入れしやすいシンプルさはダイソーが優秀!

握りやすいように持ち手と毛玉ポケットが分かれている本家に比べて、ダイソーは刃のまわりや内側の構造がシンプル。掃除しづらい刃の裏側などにも付属のブラシがしっかり届いてお掃除ラクラク!

ダイソーは、細かな部分で、洋服へのあたり具合を調整できなかったり、電池カバーが安っぽいなどの弱点もあります。でも、わずか100円でこのクオリティであれば、十分に買う価値アリ。洋服だけじゃなく、ソファや布団にも使えますので、ぜひ試してみてください。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。