自転車雨風や雪から愛車を守ってくれるバイクカバー

愛車はいつでも綺麗な状態を保ちたいものです。しかしバイクを屋外に停めていると雨風や雪などにさらされてあっという間に汚れてしまいます。それを防いでくれるのがバイクカバーです。しかし、バイクカバーにもさまざまなものがあるため、何を選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。ここでは、さまざまな角度からおすすめのバイクカバーをセレクトし、選び方と一緒にランキング形式でご紹介します。

自転車バイクカバーとは

バイクカバーとはその名の通り、バイク全体を包み込んで雨風などから守ってくれるアイテムのことです。屋根のあるガレージなどに保管するのであればそれほど気にならないかもしれませんが、バイクをむき出しの状態で外に停めていると雨や埃などで汚れてしまうものです。また、紫外線を浴び続けると塗装や樹脂パーツなどの劣化を招きます。バイクカバーを使用することによってこのような問題を解消できるのです。

自転車バイクカバーの選び方

バイクカバーにもさまざまなものがあります。ここではいくつかのポイントに分けて選び方をご紹介します。

サイズで選ぶ

バイクカバー選びにおいてサイズはとても重要なポイントです。小さすぎるとバイクのボディ全体を守ることができません。逆に大きすぎると余計な場所を取りますし、余った部分が風などにあおられてバイクが転倒してしまうといったリスクもあります。そのため、自分のバイクのサイズに合ったものを選ぶことが大切です。

素材で選ぶ

素材によってバイクカバーの性能は大きく左右されます。例えば、雨からしっかりと守りたいのであれば撥水性、防水性の高い素材のものを選ぶことが重要です。持ち運んで出先などで使用するのであればコンパクトに折りたたむことができる軽量な素材のものを選ぶと使い勝手がよくなります。用途や重視する機能に合わせて素材を選びましょう。

タイプで選ぶ

バイクカバーには単にバイクにかぶせるだけのものから、自立できるセミハードタイプまでさまざまなものがあります。それぞれ使い勝手や性能は異なっていますので、用途や使用シーンなどに合わせて選ぶことが大切です。

自転車バイクカバーのおすすめメーカー

バイクカバーはさまざまなメーカーから販売されています。そこで、ここでは特におすすめのメーカーをピックアップしてご紹介します。

デイトナ

デイトナはさまざまなバイクのアクセサリーなどの販売を行っているメーカーです。バイクカバーもいくつかラインナップされていますが、サイズやデザインなども豊富で、いろんなバイクに対応できる汎用タイプも多いのが特徴です。

ヤマハ

バイクメーカーとして知られるヤマハもバイクカバーを販売しています。汎用タイプもありますが、ヤマハの各モデルに船用品などもラインナップされています。ヤマハのバイクにマッチするものを求めている方は、チェックしてみましょう。

自転車バイクカバーのおすすめ人気ランキング10選

ここからは具体的におすすめのバイクカバーをご紹介します。今回は10アイテムをピックアップしましたのでランキング形式でご紹介します。このランキングは、ランキングはAmazonなど各ECサイトの売れ筋ランキングをもとに編集部独自に順位付けをしました。

【1位】デイトナ バイクカバー汎用

デイトナ
汎用タイプのバイクカバー

実勢価格:4433円

デイトナ「汎用タイプのバイクカバー」は少し大きめのLサイズとなっているため、大型のバイクにも対応できます。カバーで全体を覆ってしまうと前後がわからなくなってしまうという場面もありますが、こちらのアイテムは前輪側に赤い目印がつけられていることからすぐに判別できるようになっています。センターベルトと裾のゴムによってバイクに固定でき、風などに強いという点もポイントです。

【2位】Homwarm バイクカバー 300D

Homwarm
バイクカバー 300D 

実勢価格:3080円

Homwarm「バイクカバー 300D」は、バイクを保護してくれる厚手タイプのバイクカバーです。素材には300Dオックスを採用することによって耐水圧2000paを実現。雨が強い日でも安心して使用できます。デザインはシンプルながらメーカーロゴがワンポイントとなっており、お洒落な印象を受けます。加えて、目立つオレンジの反射テープもついていますので、夜などでもバイクの場所がわかりやすく、安全面も考慮されています。高性能で使いやすいバイクカバーを求める方におすすめです。

【3位】OSSバイクカバー AMZBC01-3

大阪繊維資材
OSSバイクカバー AMZBC01-3

実勢価格:2342円

OSS「バイクカバー AMZBC01-3」は、シンプルで使いやすいバイクカバーです。軽量な素材を採用しており、コンパクトに折りたたむこともできるため、外出先で使用する機会が多いという方にもおすすめのアイテムとなっています。細かな縫製が施されているため耐久性も高く、長く愛用できるバイクカバーです。紫外線をカットしてくれるシルバーコーティングが採用されていて、塗装や樹脂の劣化を防いでくれるという点もポイントです。

【4位】ドッペルギャンガー モーターサイクルカバー DCC527-BK

ドッペルギャンガー
モーターサイクルカバー DCC527-BK

実勢価格:5732円

ドッペルギャンガー 「モーターサイクルカバー DCC527-BK」は、脱着が簡単で扱いやすいバイクカバーです。ミラーを展開したままの状態でも脱着できるようになっています。サイズはややタイトに作られていますので、スポーツモデルなどにぴったりとフィットします。風などによるばたつきも少なく、カバーとの擦れによるキズなども防止できます。ブラックのシンプルなデザインですが、オレンジのドッペルギャンガーのロゴがワンポイント。バイクカバーのデザインにもこだわりたい方はチェックしてみてください。

【5位】ヤマハ バイクカバーEタイプ

ヤマハ
バイクカバーEタイプ

実勢価格:5664円

ヤマハ「バイクカバーEタイプ」は、職人の手によって丁寧に作られたバイクカバーです。丁寧に縫製されているため耐久性が高く、しっかりと愛車を守ってくれます。さらに、立体縫製になっていますのでバイクのシルエットにぴったりとフィットして雨風の侵入も防ぎます。砂埃なども入りにくいためバイクがキズつく心配もありません。裾部分の絞りは深めになっており、内部を簡単にのぞき込むことができないようになっている点もポイントです。

【6位】平山産業 透湿防水バイクカバーVer.Ⅱ

平山産業
透湿防水バイクカバーVer.Ⅱ

実勢価格:9875円

平山産業「透湿防水バイクカバーVer.Ⅱ」は、防水しながら空気を通して内部の湿気や熱を逃がすことができる機能的なバイクカバーです。素材は5層構造になっており、撥水性の高い表面で外部からの水や汚染などをカバーしつつ、透湿性を高めて空気を循環させられるようになっています。耐久性も高く、裂け切れなどにも強いためバイクのパーツなどにひっかけてしまった場合にも安心です。さらに、内側には柔らかい不織布を採用することで、バイクを優しく守ってくれます。

【7位】Rosefray バイクカバー

Rosefray
バイクカバー

実勢価格:2599円

【8位】Active Winner バイクカバー

Active Winner 
バイクカバー

実勢価格:4790円

Active Winner「バイクカバー」は、アウトドア製品などにも使用されている特殊生地を採用することによって、高い耐久性を実現したバイクカバーです。表面には特殊撥水コーティングが施されていて、雨が強い日でもバイクを守ってくれます。さらに、前方にはメッシュ窓も備えられているため通気性も抜群。カバー内での蒸れを防止し、錆などの発生を防止できます。耐久性が高く、なおかつ機能性の高いバイクカバーを求める方におすすめです。

【9位】SOSU バイクカバー

SOSU
バイクカバー

実勢価格:2899円

SOSU「バイクカバー」は、耐久性が高く厚みのある300Dオックス生地を採用することによって、耐水圧2000paを実現したバイクカバーです。密度の高い生地で、適度な重さがありますので風で飛ばされてしまうといった心配もありません。生地の表面にはUVカットコーティングが施されており、紫外線が気になる季節にも安心です。前後にはロック用の穴も開いていて、セキュリティ対策も万全です。デザインはシンプルですが細かいところまで考えられた機能性の高いバイクカバーとなっています。

【10位】Homwarm バイクカバー

Homwarm
バイクカバー

実勢価格:2980円

Homwarm「バイクカバー」は、2重塗装によって高い防水性能と紫外線カットを実現したバイクカバーです。素材は300Dオックスフォードを採用しているため、耐久性もとても高く、悪天候にも対応できます。ロック用の穴も備えられていますのでセキュリティ面も万全です。カバー内のベルトによって固定する方式になっており、前後の裾にもゴムが入っているので風で飛ばされてしまうリスクも少ないでしょう。使いやすく機能性の高いバイクカバーを求める方におすすめです。

自転車バイクカバーの売れ筋ランキングもチェック!

バイクカバーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

自転車おわりに

バイクカバーは大切なバイクを雨や風、埃や紫外線などから守ってくれるアイテムです。バイクに乗っている方にとっては必須アイテムのひとつだけあって、多くのアイテムが販売されています。そこで、今回ご紹介した選び方やおすすめアイテムなどを参考にして自分のバイクにぴったりなものを探してみてください。さらにバイクライフを充実したものにできるでしょう。