トラベル誰もが簡単に泊まれる
話題の民泊を覆面調査

ホストと呼ばれる物件所有者が登録した場所に泊まれるサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」は、今年、民泊新法が施行されるとあって注目を集めています。人生で1度は住んでみたい、東京の夜景を一望できるあこがれの高層マンションに宿泊してみました。

Airbnb:エアビーアンドビー:アプリ

Airbnb
1泊:1万4886円(2人まで:今回の場合)
https://www.airbnb.jp

「Airbnb」は宿泊先とアクティビティ、レストランを予約できるサイトで、部屋が空いてさえいれば、誰でも宿泊することができます。

まずは検索ボックスに「東京タワー」や「タワーマンション」などの泊まりたい場所の関連ワードを入力。

好みの宿泊先が見つかったら、日程・支払い情報・身分証(顔写真)などを登録するだけでOKです。その後、ホストから日程確約の連絡が入れば、予約が完了。

5分程度の登録で、あとはホストから住所と鍵の受け渡し方法を教えてもらえば、宿泊当日を迎えるだけです。

誰もが簡単に泊まれる話題の民泊を覆面調査

住所検索が主なので、「高層」「東京タワー」などさまざまなキーワードを入れて好みの宿泊先を見つけましょう。

誰もが簡単に泊まれる話題の民泊を覆面調査

必要事項を入力すると、ホストから24時間以内に返答が届きます。

誰もが簡単に泊まれる話題の民泊を覆面調査

友達からAirbnbを紹介してもらうと初回割引(3494円引き)がもらえるので、複数人で泊まる場合は絶対に割引を使いましょう!

システム上、泊まってみるまで部屋の広さなどはお楽しみ。今回の宿泊先は50階以上の部屋の超高級1LDKの部屋でした。

誰もが簡単に泊まれる話題の民泊を覆面調査

部屋の設備も充実しています。

誰もが簡単に泊まれる話題の民泊を覆面調査

高級ホテル並みのエレベーターホール。10基以上あるので、知らない人と乗り合わせることもなく、待ち時間もわずかです。

誰もが簡単に泊まれる話題の民泊を覆面調査

ベランダからは東京タワーとレインボーブリッジが一望できる大パノラマが楽しめました。夕方から夜へと、空の色が変わる様子を楽しみつつ、お酒を飲むのは最高の一言!

今回のチェックインは16時、チェックアウトは翌日の11時と長時間ゆったり過ごすことができました。たった一晩ではありますが、普通に生活していては体験できないタワマンでの一夜は疲れた心のリフレッシュにはうってつけです。


お手軽に高級体験ができる民泊は、自分へのご褒美に使うだけでなく、特別な記念日に利用するにもピッタリ。ありきたりな演出に飽きてしまった方は一度試してみてはいかがでしょうか?