家中の汚れを一掃できるおすすめの掃除ワザは?

年末大掃除のテクニック

油でギトギトのコンロや水垢まみれの鏡、数年放置したまんまの洗濯機のカビ……。年末が近づき、普段の掃除では手つかずだった場所の汚れが気になってきたという人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、テストする女性誌『LDK』が、ガンコ汚れを落とすお掃除術を大公開。テストして見つけた最適なアイテムやプロ直伝のテクニックを紹介します。

今回は、配線周りのホコリ落としテクとして、最適なお掃除アイテムとテクニックを紹介します。

ホームテレビ裏のホコリは静電気パワーでくっつける

テレビ裏は静電気でホコリがくっつきやすく、放っておくと火災の原因になる恐れがあるので要注意! 複雑な配線上に溜まったホコリは、伸びるタイプのハンディモップの静電気で逃さず吸着するのが正解です。

1:主電源を切りハンディモップで上から下へなでる

ハンディモップの柄を伸ばして、テレビ裏の配線などの隙間に溜まったホコリを吸着。

2:取り逃したホコリは軍手で乾拭きする

モップで取り残した配線の接続部分のホコリは、細かいところにも手が届く軍手を使って乾拭き。

3:床に落ちたホコリを掃除機で吸い取る

床に落ちたホコリは、ノズルにブラシをつけた掃除機で吸い取れば掃除完了!

上原好志子 氏
掃除コンサルタント
上原好志子 氏 のコメント

ワイパー後にハケで配線のホコリをかき出すとよりキレイな仕上がりに

【おすすめ】花王「クイックルハンディ伸び縮みタイプ」

花王
クイックル
ハンディ
伸び縮みタイプ
実勢価格:836円

▼テスト結果
ホコリの取れ高 :◎
お手入れしやすさ:◎
使いやすさ   :◎+


花王「クイックルハンディ伸び縮みタイプ」は、微細なホコリも取り逃がしません。また、角度調節と伸縮がスムーズにできます。

引っ張ると伸びて、押し込めば縮むから長さの調節がしやすいです。ボタンを押すと簡単に角度の調節ができます。

掃除の仕上げは柔軟剤軍手でなでて静電気防止

テレビ裏や配線まわりのホコリ汚れの防止ワザとしておすすめなのが、柔軟剤軍手での仕上げです。

1:軍手に少量の柔軟剤をたらす

乾拭きした軍手を左右裏表はめかえてキレイな面を使います。パール粒くらいの量を出します。

2:両手を合わせてなじませる

手をこすり合わせて柔軟剤を軍手になじませます。

3:配線を1本ずつ握って軽くなでる

柔軟剤をつけた軍手で、掃除したコードを握りながらなでることで、静電気を予防してホコリが溜まるのを防ぎます。

柔軟剤は普段使っているものでOKです。

上原好志子 氏
掃除コンサルタント
上原好志子 氏 のコメント

柔軟剤はつけすぎるとベタついちゃうのでほんの少量で!

【まとめ】ホコリはハンディモップで吸着!

▼Before

▼After

コンセント上やコード隙間のホコリがすっきりしました! 溜まったホコリに湿気を帯びると火災の原因にもつながります。伸びるハンディモップで絡め取っておきましょう。

以上、配線周りのホコリ落としテクに最適なお掃除アイテムとテクニックの紹介でした。

掃除用品の売れ筋ランキングもチェック!

掃除用品のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

『LDK』2021年12月号

晋遊舎
『LDK』
2021年12月号
実勢価格:650円

『LDK』2021年12月号では、「絶対落ちる!! お掃除虎の巻」の特集を掲載しています。こちらもチェックしてみてください。