枕の黄ばみの原因は
「タンパク質汚れ」です

まだら模様に黄ばんで清潔感ゼロになってしまった枕。普段はカバーの下に潜んでいるのであまり気になりませんが、枕カバーを交換する際、その黄ばみっぷりにうんざりなんてことも多いですよね。

黄ばみの元は、ほとんどが汗やよだれなどが原因のタンパク質汚れです。そのため時間をかけてつけ込んで分解することで、簡単に落とせるんです。ただし、羽毛など水洗いできない素材もあるので、事前に表示をよく確認してから洗濯してくださいね。

粉ワイド+粉洗剤で
真っ白な枕が復活!

花王:ワイドハイターEX 粉末タイプ 本体 530g:洗濯洗剤

花王
ワイドハイターEX 粉末タイプ 本体 530g
実勢価格:494円

タンパク質汚れの切り札は、ワイドハイターEX 粉末タイプ。つまり漂白剤です。

まずは、お湯に粉ワイドハイターと粉末洗剤を1:1の割合で溶かし、そこに枕を浸します。お湯は40℃から45℃の少し熱めの方が、より効果的です。

そのまま一晩置いたら、粉ワイドハイターと洗剤がついたまま洗濯機で丸洗いします。

型崩れを防ぐため、単体で洗うのが理想的です。

乾燥機で乾かせば、買ったころの真っ白な美しさが戻ってきます。

黄ばみの予防には
枕のタオル巻き

せっかくキレイにした枕だから、真っ白なままで使いたいですよね。そんなときは、枕カバーの上からタオルを巻くのがオススメです。こうすることで、カバー越しに汗や皮脂が染み込むことを防ぎ、黄ばみを予防できます。巻いたタオルは、こまめに交換して清潔に保ちましょう。

毎晩使うものだからこそ、キレイにしておきたい枕。意外と簡単に汚れが落とせるので、「お疲れ様」の気持ちをこめて洗ってあげてはいかがでしょうか?