DIY通販を利用するなら
ストレッチフィルムはマスト!

ネット通販全盛の今、買えば買うほど増えていくのがダンボール。今のダンボールって、「たたむ」までは素手でできるほどカンタンですが、その先が意外と難儀。気づくと、とりあえず、たたんでおいたダンボールが玄関で山になってませんか?

ハンディ・クラウン:HCストレッチフィルムセット:ハンディタイプ結束:引っ越し:ゴミ捨て:ダンボール

そこで、おすすめするのがこの「ストレッチフィルム」です。ビニール紐のかわりにぐるぐるできるフィルムで、ホームセンターなどでは最近、結束に利用するお店もあるので、知っている人も多いと思います。

実際に使ってみると、ビニール紐よりも圧倒的に便利。私もこの検証以来、ずっと愛用し続けてますが、その結果「全ての人が使うべき商品」だとわりと本気で思ってしまうほど、おすすめです。

ただ、巻きすぎにはご注意を。強度はありますので、数回巻くくらいで十分です。

ただ、ストレッチフィルムならなんでも良いかというと、そうでもありません。伸縮性は大差ありませんが、巻きやすさやフィルムの切りやすさなど、使い勝手に差がありました。

DIY一番おすすめはハンディ・クラウン
同じようで使い勝手は違うんです

今回の検証で、私が一押ししたいのは、こちらのハンディ・クラウンの「HCストレッチフィルムセット ハンディタイプ」です。取っ手の使い勝手はもとより、フィルムが手でも切りやすい。これならストレスなく、ダンボールの山から開放されること間違いナシです。

ハンディ・クラウン:HCストレッチフィルムセット:ハンディタイプ結束:引っ越し:ゴミ捨て:ダンボール

ハンディ・クラウン
HCストレッチフィルムセット ハンディタイプ
実勢価格 592円

ハンディ・クラウン:HCストレッチフィルムセット:ハンディタイプ結束:引っ越し:ゴミ捨て:ダンボール

フィルムを巻き終えるときにロールを固定するためのストッパー。コレは絶対ほしい機能。ハンディ・クラウンには、ちゃんとついてます。

こちらの商品は、取っ手は問題ありませんでしたが、フィルムが若干固く、手で切りにくかったです。

こちらは、取っ手が回転しないので、手かダンボールを動かす必要があり、「通販のダンボールを片付ける」という用途の場合、これだと単純に使いづらい印象でした。

ということで、ストレッチフィルムは、ハンディ・クラウンがおすすめです。

最後に、実際使われる前に、一点だけ注意を。

写真だけ見ると、粘着性のあるテープなどをぐるぐるするような感覚をイメージがしますが、あくまでフィルムです。

実際は、引っ張りながらぐるぐるしないと、ピッタリと巻くことができません。最初、引っ張り具合のコツを掴むまでが少々手間ですが、慣れるとビニール紐より遥かにカンタンです!

これでダンボールの「まとめる」問題は解決! ぜひ、お試しください。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。